健康

アディポネクチンとは?効果やおすすめサプリ4選をご紹介!

2017.09.11
mojzagrebinfo / Pixabay

アディポネクチンという成分の名前を聞いたことがありますか。

まだ知名度は低いですが、最近メディアでの紹介もあるなど徐々に知られてくるようになった成分です。

今回はそんなアディポネクチンの効果や注意事項、おすすめのアディポネクチンのサプリメント、選び方などをご紹介いたします。

アディポネクチンとは?

アディポネクチンは、体内の脂肪細胞から分泌されるホルモンの一種で、脂肪を意味する英語「アディポ(Adipo)」と接着を意味する「ネクチン(Nectin)」が組み合わさった言葉です。

脂肪細胞からはホルモンだけでなく多くの生理活性物質が分泌されていますが、その中でも善玉物質として注目を浴びつつあるのが今回ご紹介するアディポネクチンです。

アディポネクチンが注目を浴びた背景として、脂肪を燃焼する働きがあるということが分かってきたことで、メディアからの注目度が高くなったことがあります。

アディポネクチンの効果やメリットとは?

  1. 血管の修復効果
  2. 高脂血症(脂質異常症)の予防改善
  3. その他の効果

① 血管の修復効果

アディポネクチンは全身の血管をメンテナンスしてくれる成分です。

具体的には、高血圧の影響による血管の損傷や脂肪が溜まることによる血管の詰まりをメンテナンスする役割があります。

そのため、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞の予防効果が期待できます。

② 高脂血症(脂質異常症)の予防改善

①の働きに関連しますが、アディポネクチンの血管メンテナンス効果は高脂血症の予防や改善の効果も期待されています。

高脂血症は血液中のLDL(悪玉)コレステロール値や中性脂肪値が高い、またはHDL(善玉)コレステロール値が低い状態をいいます。

一般的に自覚症状はないのですが、動脈硬化を進め、糖尿病や高血圧などの生活習慣病を招いたり、脳梗塞や心筋梗塞など、命に関わる病気を引き起こす可能性もあるため注意が必要です。

改善方法としては、今回ご紹介するアディポネクチンの摂取もですが、一般的にはコレステロールの摂取を控え、食物繊維を多く摂ることが重要になります。

また、コレステロール値などは健康診断で確認が可能で、以下の数値異常が異常値となりますので、数値は都度参考にしましょう。

  • LDL(悪玉)コレステロール
    • 正常値:70~140mg/dl未満
    • 異常値:140mg/dl以上
  • HDL(善玉)コレステロール
    • 正常値:40~70mg/dl
    • 異常値:40mg/dl未満
  • 中性脂肪(トリグリセライド)
    • 正常値:50~150mg/dl未満
    • 異常値:150mg/dl以上

参考資料:日本動脈硬化学会「動脈硬化性疾患予防ガイドライン」

③ その他の効果

アディポネクチンには上記でご紹介した2つの効果の他にも以下の効果も期待できます。

  • 抗がん作用
  • 糖尿病の予防効果
  • 老化防止
  • ヒアルロン酸の分泌促進効果

アディポネクチンサプリメントのおすすめ4選をご紹介!

オススメのアディポネクチンサプリメントを4種類ご紹介いたします。
それぞれの特徴も記載しますので、購入時の参考にしてみましょう。

注釈:金額は記事の公開時(2017年9月11日)の価格になります。

① DSアディポ

DS アディポ

¥8,400(初回購入)

詳しくはこちら

  • 内容量:180粒(1日6粒×30日分)

アディポネクチン研究の第一人者である岡部正医師が、10,000以上の科学論文の中から、アディポネクチンを増やすとされる成分を3つ(シークワサーエキス、大豆抽出物、亜麻仁油)を選び出し開発したのがDSアディポです。

アディポネクチンはもちろん、その他にもセサミンという抗酸化作用が期待できる成分も含まれています。

② SP-18 ベーシックDX

SP-18 ベーシックDX

5,400(クーポン使用で1,000円引き)

詳しくはこちら

  • 内容量:30粒(1日3粒×10日分)

このサプリメントの特徴はお試し価格ですが、格安で試すことが可能です。

記事の公開当時だと安く入手可能のため、一度試してみたいという方にオススメです。

③ アディポリック 180粒

アディポリック 180粒

¥5,980

詳しくはこちら

  • 内容量:180粒(1日5粒×36日分)

特許登録も完了しているアディポネクチン促進のサプリメントです。

内容量も多いため、1~2ヶ月かけてしっかりと効果を試してみたいという方にはぴったりの量ではないでしょうか。

④ アディポメイド 120粒

アディポメイド 120粒

¥6,030

詳しくはこちら

  • 内容量:120粒(1日4粒×30日分)

このサプリメントの特徴は、内臓脂肪燃焼とアディポネクチンの促進を重視した配合になっています。

使用されている原料は全てにわたり、分析試験や臨床試験などを経ていて安全性が確認されています。さらに吸収力も重視した配合した配合となっています。

アディポネクチンサプリメントを選ぶポイントとは?

  1. アディポネクチンの配合量
  2. その他の配合成分

① アディポネクチン自体の配合量

アディポネクチンのサプリメントを選ぶときの基準の一つがサプリメントに含まれているアディポネクチンの配合量です。

品質に自信がある商品には成分の記載だけではなく、具体的な配合量・含有量の記載がありますので、その数値を参考に選択することは重要なポイントです。

② その他の配合成分

アディポネクチンサプリメントを選ぶ時の他の選択肢はアディポネクチン以外にどのような成分が含まれているかに注目することです。

美容やダイエット、健康などどこに重きを置いた配合がされているかで得られる効果が大きく変わってきますので、目的に沿ったサプリメントが選べるとよいでしょう。

また、成分同士を打ち消すようなものが入っていないかを確認することも大事なポイントです。

アディポネクチンサプリメントの注意事項

  1. 脂肪が多いほどよいというわけではない
  2. 栄養補助食品として使用する

注意

① 脂肪が多いほどよいというわけではない

アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されていることもあり、単純に脂肪が多いほうがたくさん分泌されてその分効果的になるのでは?と思うかもしれないですが、実際はその逆です。

脂肪の中でも特に内臓脂肪が多くなればなるほど、アディポネクチンの分泌量が減少することが判明しています。

残念ながらそのメカニズムが全て解明されているわけではないですが、一説として悪玉物質との関連性が考えられています。

太っている状態だと脂肪細胞が詰め込まれた状況になるため、脂肪細胞が炎症を起こし、マクロファージと呼ばれる炎症細胞が脂肪細胞に近づき、悪玉物質が分泌されます。その代わりに善玉物質のアディポネクチンが分泌量が減少すると考えられています。

このメカニズムの理解は少々難しいですが、アディポネクチンを多く分泌させるために脂肪を多くするのは間違いになるという考えを持っておきましょう。

② 栄養補助食品として使用する

今回ご紹介するサプリメントはあくまでも普段の食事などで摂取できない分を補助する役割を持ったものになります。

そのため、使用は食事の前後などに摂取するようにしましょう。

サプリメントだけを摂取することは栄養に偏りが生まれることになるのでおすすめしません。

アディポネクチンをさらに増やすためには?

  1. 日々の食生活の改善
  2. 適度な運動

① 日々の食生活の改善

大豆

アディポネクチンの分泌を高めるためには、日々の食事が大事になります。

以下でご紹介する成分にはアディポネクチンが含まれているとされていますので、積極的に食べることをおすすめします。

  1. 大豆たんぱく
    • 木綿豆腐や高野豆腐などの大豆製品
  2. EPA
    • アジやサンマなどの青背魚
  3. マグネシウム
    • にがりを使用した豆腐、納豆、などの大豆製品、あおさやわかめなどの海藻類、アーモンドやカシューナッツなどの木の実類

関連記事はこちら

② 適度な運動

ジョギング

内臓脂肪の増加がアディポネクチンの分泌を減らすことになりますので、内臓脂肪を増やさないようにすためにも適度な運動は必須といえるでしょう。

普段運動をする習慣がない方であればウォーキングから始めて、ジョギングをするなど徐々に運動の負荷を上げることが無理なく長続きする秘訣です。

理想としては、毎日決まった時間に体重計や体組成計に乗って日々の推移を確認する習慣をつけるとよいでしょう。

同じ条件、同じ時間帯で日々の数値が確認することで継続するためのモチベーションを生み出すことが重要になります。

関連記事はこちら

まとめ

アディポネクチンが入ったサプリメントは多くの種類が販売されているため、アディポネクチンの配合量その他に入っている有効成分を参考に自分にぴったりの一品を選んでみましょう。

加えて、アディポネクチンが予防、改善をもたらす病気は、サプリメントの摂取だけではなく、主に普段の食生活や適度な運動を行うことで事前に予防することが大事になりますので、これを機会に一度自身の生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

関連記事