トレーニング

筋トレサプリメントのオススメ7選!効果、違いを徹底比較!

2017.09.18
Bavl / Pixabay

筋トレやトレーニングの効果を最大限に得るためには、タンパク質はもちろん必要なのですが、それ以外の栄養も上手に摂取することが大事になります。

しかし、食事だけではこれら必要な栄養素全てを摂取することは実際のところかなり難しいです。

そんな時に栄養を補う役割を担っているのがサプリメントです。

今回は筋トレやトレーニング時におすすめの筋トレサプリメントやその効果、摂取に当たっての注意事項をご紹介いたします。

筋トレサプリメントを摂取することの目的や効果とは?

筋トレ前後にサプリメントを摂取することで得られる効果は主に以下の3つに分類できます。

  1. 筋肉の肥大化
  2. ダイエット効果
  3. 疲労回復効果

① 筋肉の肥大化

トレーニング目的で筋トレを行っている人にはこの効果が最も重要でしょう。

たくましい体を作るための筋肉を生成するためには、筋トレ直後の筋肉が生成されるタイミングでホエイプロテインなどのサプリメントを摂取することが重要になります。

もちろん、筋トレ、トレーニング後はプロテインだけに頼るのではなく、食事を通じて他の栄養素も満遍なく摂取することが快適な睡眠や翌日のパフォーマンスに直結します。

関連記事はこちら

② ダイエット効果

男女問わず、ダイエット目的で筋トレを取り入れている方は多いのではないでしょうか。

筋トレを行い、体内の筋肉の割合を多くすることで、日常生活における基礎代謝を上げ、消費カロリーを多くすることで引き締まった体を手に入れることは、いくつもあるダイエットの中でも理想的なダイエット方法といえるでしょう。

そのために、筋トレ、トレーニング後は栄養のある食事を摂ることが最も大事ですが、タンパク質をはじめ、その他の栄養が豊富に含まれたサプリメントで補うことで必要十分な栄養を補うことも大事になります。

③ 疲労回復効果

日課のごとくトレーニングを習慣化している方、またそうでない方も、一回の筋トレやトレーニングで最大限のパフォーマンスを発揮し、翌日も疲労を残さないための栄養補給は必要不可欠といえるでしょう。

アミノ酸、特にBCAAに代表するような必須アミノ酸には上記のような疲労回復効果があるため、サプリメントで補うことで翌日に疲れを残さず、ベストパフォーマンスを常に発揮することが可能になります。

関連記事はこちら

オススメの筋トレサプリメント7選の効果や特徴をご紹介!

次にオススメの筋トレに有効なサプリメントを7種類ご紹介いたします。
それぞれの特徴も記載しますので、購入時の参考にしてみましょう。

注釈:金額は記事の公開時(2017年9月17日)の価格になります。

① ホエイプロテイン(マイプロテイン IMPACT ホエイプロテイン(1000g)

Impact ホエイプロテイン

¥3,730

詳しくはこちら

ホエイプロテインとは、乳清プロテインとも呼ばれており、牛乳に含まれるホエイタンパクという成分を抽出したものです。

また、乳清(ホエイ)とはチーズを作るときや、ヨーグルトを静かに置いておくと透き通った液体が隔離した形で上部に溜まってくる液体のことを指します。

このホエイタンパクはとても体に吸収されやすく1~2時間程度で血中にアミノ酸として取り込まれまるため、筋肉の修復効果が期待できます。

特にこのマイプロテインは高精製された非常に純度の高い100%濃縮乳清タンパク質から作られ、1食分当たりのタンパク質含有が20g(80%)もある高品質プロテインです。

すべての必須アミノ酸(EAA)を総合的に持ち合わせ、一食分当たりのロイシン(アミノ酸の一種)が2g以上含まれています。

そのため、毎日のタンパク質摂取を目標にしている全ての方に適しているプロテインです。

筋トレなどのトレーニング直後、ランニング後、またはタンパク質補給を促したい時に摂取するようにしましょう。

関連記事はこちら

② ソイプロテイン(ザバス ソイプロテイン100 ココア味(1050g

ザバス ソイプロテイン100 ココア味(50食分) 1,050g

¥4,128

詳しくはこちら

ソイプロテインとは、大豆プロテインとも呼ばれており、植物性のたんぱく質を豊富に含んでいる大豆を原料としたものです。

そのため、筋肉を作るというよりはダイエットのために継続してタンパク質を体内に供給し続けるのに向いているプロテインと言えるでしょう。

トレーニングやダイエットにはもちろん、ビーガンやベジタリアンの方におすすめで、ラクトーズなどの特別な乳製品をお求めの方にも効果的です。

日々のタンパク質摂取に、終日を通して、またはトレーニング後の服用をおすすめします。

関連記事はこちら

ソイプロテインのおすすめ11選!効果、違いを徹底比較!

③ カゼインプロテイン(バルクスポーツ ビッグカゼイン チョコレート味(1000g)

バルクスポーツ ビッグカゼイン チョコレート味(1000g)

¥3,980

詳しくはこちら

カゼインプロテインは動物性タンパク質の1種で、牛乳などに含まれるプロテインです。

主な特徴は、ホエイプロテインと比較して体内への吸収スピードが遅いことです。

そのため、特に就寝前に飲むことでこれらの時間に起こる筋肉の分解を抑えながら筋肉の成長を助ける働きが期待できます。

トレーニング後には体内に即吸収されるホエイプロテインを、就寝前にはタンパク質を供給し続けるカゼインプロテイン、と使い分けることがおすすめです。

④ BCAA(マイプロテイン BCAA 分岐鎖アミノ酸(250g)

BCAA 分岐鎖アミノ酸

¥3,410

詳しくはこちら

BCAA(Branched Chain Amino Acids: 分岐鎖アミノ酸)は、10種類ある必須アミノ酸の中の3つ、ロイシン、イソロイシン、バリンが2:1:1の比率で構成されています。

これらは体内で生成することが出来ないため、食事を介しての供給が必要となります。

たくさんある必須アミノ酸の中でも特にBCAAは運動後の疲労回復効果がありますので、筋トレやスポーツをされる方であれば運動前、運動中、運動後などに適宜飲むことで運動のパフォーマンスを上げる効果もありますし、翌日の疲労軽減にもつながります。

トレーニングをする方であれば、このBCAAとホエイプロテインを組み合わせることで運動効果を最大化してみましょう。

⑤ クレアチン(DNS クレアチン(300g)

DNS クレアチン 300g

¥3,024

詳しくはこちら

クレアチンは簡単にいうと車のエンジン(筋肉)が爆発的に加速するために必要なガソリンの一部です。

主に疲労した筋肉の回復を助けたりもするので、体を一回り大きくするのにも効果的です。

そのため、筋トレ中級者から上級者の方で、スクワットベンチプレス、デッドリフトなどで体を鍛えているアスリートの方や高密度なトレーニングを行う方におすすめといえるでしょう。

高い強度の運動で高いパフォーマンスを出すことのできる効果も備えています。

関連記事はこちら

⑥ カルチニン&CLA(ウイダー カルニチン&CLA (120粒)

ウイダー カルニチン&CLA (120粒)

¥2,930

詳しくはこちら

カルチニンは、私たちの脂質代謝に関わるアミノ酸の一種で、運動時に体脂肪をエネルギーに変換する役割があるため、ジョギングなどの持久系スポーツをする方におすすめです。

また、共益リノール酸(CLA)はベニバラ油に由来する自然に存在する脂肪さんで、乳製品は牛肉製品には通常自然に含まれています。

これらを一緒に摂ることで、運動時における脂肪燃焼効率や運動パフォーマンスの向上効果が期待できますので、普段の食事前やトレーニング前に飲むことで健康的な食事やトレーニングの補助として飲むことをおすすめします。

⑦ HMB(HMBサプリDCH ディープチェンジHMB

HMBサプリDCH ディープチェンジHMB

¥500(初回利用、送料のみ)

詳しくはこちら

HMB(3-ヒドロキシイソ吉草酸)は分岐鎖アミノ酸ロイシンの代謝物質です。

主な効果としては、タンパク質の同化促進効果や筋肉減少の抑制効果があるため、ウェイトトレーニングや筋肥大化を目的とする方におすすめになります。

しかしながら、HMBは単体で飲んでも効果はなく、ホエイプロテインなどのタンパク質を補給するサプリメントと併用することで効果を最大化する役割があります。

筋トレサプリメント使用時の注意事項

  1. プロテインやサプリメントを主食として用いない
  2. タンパク質の過剰摂取に注意

注意

① プロテインやサプリメントを主食として用いない

プロテインはやサプリメントには栄養価が高くても最初から肉や魚を食べる代わりに主食として飲むのはやめましょう。

プロテインはあくまで減量するためや筋肉を生成するときに必要なタンパク質などの栄養を食事にプラスして効率的に取り込むために使用するものです。

食事代わりの栄養素として利用するのはやめましょう。

プロテインの使用による筋肥大効果は言うまでもありませんが、多くの方が勘違いするのは、プロテインを飲むことでダイエットをする、という点にあります。

プロテインは上記の通り、筋肉を生成する目的で使用するものであり、プロテイン自体にダイエット効果はありません。

正しい知識と使用方法を身につけないで使用すると逆効果になるので注意が必要です。

② タンパク質の過剰摂取に注意

タンパク質は筋肉の生成や筋肥大化に必要不可欠で、男性であれば60g、女性であれば50gを一日に摂取することを目安にしましょう。

ただし、トレーニングなどを行わずプロテインなどで過剰にタンパク質を摂取すると尿とともに体外に排泄されるため、腎臓に負担がかかります。

そのため、過剰摂取が慢性化すると腎機能低下の要因となりますので、適量を継続して摂取し続けることを意識しましょう。

まとめ

筋トレやトレーニング時に相乗効果が期待できるサプリメント、プロテインをご紹介いたしました。

初めはシンプルにホエイプロテインを摂取するところから始めて、慣れてきたらBCAAやクレアチンなど運動時のパフォーマンスを最大化させるためのサプリメントを組み合わせて使用し、トレーニングの効果をさらによくしましょう。

もちろんですが、普段から栄養のある食事や良質な睡眠をとることも重要なことですので、今まで注意できていなかった方は、生活習慣を少しずつ変えていくことを始めてみましょう。

関連記事はこちら

関連記事