ダイエット

ダイエットの食事を考える上で大切な3つのポイント

2016.01.03
料理

ダイエットの基本といえば食事のコントロールで、
カロリー制限や糖質制限など様々な食事法があります。

でも、極端な食事制限は肌に合わない、
食べることを楽しみながらダイエットをしたいと考えている人も多いのではないでしょうか?

ダイエットの目的は単純に体重を減らすということではなく、
健康な体を保ちながらスタイル良く美しくなるということです。

しかし、何かひとつの食品だけを食べ続けるダイエット
特定の栄養素を避けるようなダイエットでは、健康で丈夫な身体づくりをすることはできません!

様々な食品をバランスよく摂取することが美への第一歩です。

ダイエット中の毎日の食事メニューについて考えてみた

実際にバランスの良い食事をしようと考えたところで、
栄養士のような知識があるわけではない一般人では、
食事のメニューを考えるのは大変です。

ましてや、太りやすい食材を摂りすぎないといった制限をつけるとなると、
どうしても偏った食事内容になってしまいがちです。
(炭水化物抜きにしましょうとか!※こんなの続かないし、、)

そこで今回は、ダイエット中でも参考になる
毎日の食事メニューの考え方についてまとめてみました!

ダイエットにおいて重要な栄養素を食事に取り入れる

ポイント1

炭水化物・タンパク質・脂質の三大栄養素を摂取するということです。

特にダイエッターの場合は、脂肪に変わりやすい炭水化物と脂質は控え、
筋肉の元となるたんぱく質をしっかりと摂りましょう。

炭水化物といえば、米や小麦粉など。

タンパク質は肉や魚、豆腐などですね。

脂質は油です。

ポイント2

食物繊維やビタミン類を摂取する。

食物繊維やビタミンは野菜や果物に多く含まれています。

食物繊維の多い食材は低カロリーのものが多く、
排泄をよくする効果もあるため、積極的に摂取していきましょう。

重要な栄養素をどうメニューに入れるか

献立の基本とは、これらの栄養素を適度なバランスで摂取できるようにするということです。

そこで、主食と主菜、副菜、デザートの4品を基本として食事のメニューを考えていきます!

主食となるのは、米やパン、麺などです。

主菜となるのが、肉や魚、豆腐や卵。副菜には野菜、きのこや海藻などを使います。

デザートで果物やナッツなどを食べましょう。

例えばこんな感じのダイエットメニューがGOOD!

  • 主食を白ごはんにしたのなら、
  • 主菜として鮭の塩焼きと焼きねぎ、
  • 副菜に冷奴とホウレンソウのお浸し、わかめとエノキダケのお味噌汁、
  • デザートにみかん1個

という献立にすると、炭水化物・タンパク質・脂質・食物繊維にビタミンを程よく摂取することができます。

さらにダイエットの結果にコミットしたい方は?

この基本の献立から、主食の量を減らし、副菜の量を増やす
というだけでも減量することができるはずです。

食事の献立を考えるのは面倒くさいものです。

しかし、健康的な食事によるダイエットの基本は、
栄養バランスを整えつつ摂取カロリーを減らすこと。

一生続けることができるという意味でも、これは非常に重要なことです。
一度この基本のダイエットを行ってみることで、
あなたの食事とダイエットに対する考え方も変わるのではないでしょうか。

 

関連記事