トレーニング

腹筋マシンのおすすめ14選!効果や違いを比較!トレーニング方法もご紹介

2017.12.20
腹筋

腹筋マシンといえばEMSやトレーニング器具である腹筋ローラーなどを想像する人も多いとおもいますが、実は腹筋マシンには大きくわけて4種類のものがあります。

今回はそんな4種類の腹筋マシンのそれぞれの特徴や効果。

また、種類ごとの選び方、おすすめの商品からトレーニング方法と詳しくご紹介します。

おすすめ記事:トレーニングにおすすめしたいマイプロテイン9選!効果や味を徹底比較!

腹筋マシンとは?その種類、効果のご紹介

腹筋マシンとは、その名の通り腹筋を鍛えるためのマシンになります。

ただ、腹筋マシンにも様々な種類があり、その種類ごとに使用用途や目的が異なりますので、しっかりとそれぞれの種類を把握して商品を選ぶようにしましょう。

腹筋マシンの種類

腹筋マシンの種類には大きくわけて4種類のタイプがあります。種類の詳細や特徴などは下記をご確認ください。

  1. 腹筋トレーニングの負荷を高める器具(腹筋ローラーなど)
  2. 腹筋トレーニングの負荷を軽減する器具(ワンダーコアなど)
  3. 腹筋トレーニングせずに鍛えられる器具(EMSなど)
  4. 腹筋トレーニングのサポート器具(腹筋ベンチなど)

① 腹筋トレーニングの負荷を高める器具(腹筋ローラーなど)

1のタイプは、腹筋をより鍛えるために腹筋に掛かる負荷を増やす器具です。

代表的な器具としては、下記2つの器具になります。

  • アブドミナルクランチ
  • 腹筋ローラー
  • チンニングスタンド

 

アブドミナルクランチとは?

アブドミナルクランチはジムに行ったことがある人は見たことがあるかとおもいますが、椅子に座った状態で腹筋トレーニングを行うことが出来る腹筋マシンです。

アブドミナルクランチ

椅子に深く腰掛け、負荷がかかったパッドを体を曲げながら(おへそを見るように上体を曲げていく)肘で押し出すことにより腹筋に強い負荷をかけます。

このことにより、通常の腹筋トレーニングではえられない以上のトレーニング効果をえることができます。

まさに最強腹筋マシンかと思います

 

腹筋ローラーとは?

腹筋ローラーとは、名前の通り腹筋群を鍛えるための器具です。

Wolfyok 腹筋ローラー 膝マット付き


腹筋ローラーでは、クランチのように体を丸めて腹筋を鍛える動作とは異なり、体が伸びてしまう(反ってしまう)のに対抗するように姿勢をキープすることで、丸めることによるトレーニングではなく、筋肉が伸びないようにキープするトレーニングとなります。

トレーニング難易度も非常に高く、もちろん効果も高いです。
その為、完璧にトレーニングを行うためには、かなりの筋肉が必要となります。

本格的に腹筋を鍛えていきたい人にはおすすめの腹筋マシンです。

 

チンニングスタンドとは?

チンニングスタンドとは、いわゆる懸垂を行う台のことです。
この懸垂の台を活用し、ぶら下がりながら足をあげることで腹筋を鍛える、ハンギングレッグレイズハンギングニーレイズを行えば、普段よりも強い腹筋トレーニングを実践することできます。

チンニングスタンドも使い方次第で、腹筋マシンになります。

ぶら下がり健康器 改良強化版 懸垂マシン

ぶら下がり健康器 改良強化版 懸垂マシン

② 腹筋トレーニングの負荷を軽減する器具(ワンダーコアなど)

2のタイプは、腹筋トレーニングに慣れていない人や軽い腹筋トレーニングを望む人向けで、腹筋の負荷を軽減する腹筋マシンです。

代表的な器具としては、下記3つになります。

  • ワンダーコア
  • ワンダーコアスマート
  • トリマー

 

ワンダーコアとは?

ワンダーコアとは「倒れるだけで腹筋ワンダーコア」というキャッピコピーで販売されている家庭用ダイエット器具兼腹筋マシンです。

ワンダーコア

通常の腹筋トレーニング(クランチ)と同じ動作をするのですが、体を倒す方向と反対の向きに反発するように力が加わるようになっており、上体を起こすのをサポートしてくれます。

そのため腹筋トレーニングもやりやすく、トレーニング初心者の方にもおすすめの腹筋マシンです。

ワンダーコアスマートとは?

ワンダーコアスマートはワンダーコアと同様の機能をであり、腹筋時の上体を起こすことをサポートしてくれます。

ワンダーコアスマート

ただ、大きな違いとしては2点あるとおもいます。

  • 大きさがワンダーコアに比べてコンパクト
  • 体を倒すことが出来るのが180度まで

大きさがコンパクトであるがゆえに、ワンダーコアよりも人気が出ており売れているのがワンダーコアスマートになります。

自宅で使うダイエット器具であれば、体を倒す角度も180度以上は不要という方も多いかとおもいますので、そのへんはあまり気になさらなくてもいいかもしれません。

 

トリマーとは?

ワンダーコアと同様に腹筋をやりやすくする器具になります。

ただ、サイズが大きいため、家に保管するには少し不便という点も考えると、ワンダーコアやワンダーコアスマートのほうがおすすめです。

腹筋トリマー

③ 腹筋トレーニングせずに鍛えられる器具(EMSなど)

EMSとは「Electrical Muscle Stimulation」の略にな、電気で筋肉を直接刺激することによって、体を動かさなくても筋肉を鍛えることができるダイエット器具です。

このEMSには、大きくわけて3種類の器具があります。

  • パッドタイプ
  • ボニックタイプ
  • 着用タイプ(腹巻き型)

パッドタイプとは?

パッドタイプのEMSは、鍛えたい、痩せたい箇所にパッドを貼り付け刺激を与える器具です。

MTG シックスパッド アブズフィットMTG シックスパッド アブズフィット

EMSといえばこのタイプのものを思い浮かべる方が多いかとおもいます。

 

ボニックタイプとは?

ボニックとは、RIZAPで有名な健康コーポレーションが開発した、超音波振動と低周波刺激のWパワーで脂肪、筋肉に直接アプローチし、ボディラインの引き締めを行うEMSマシンです。

よくエステなどで利用されているので、見たことある人も多いかとおもいます。

鍛えたい箇所に貼るだけのパッドタイプとは異なり、刺激を与えたい箇所にジェルを塗り軽くさするようなかたちで使用する器具になります。

ボニックPRO すっきりシェイプマシーン

着用タイプ(腹巻き型)とは?

かたちは腹巻きに非常に似ているのですが、適度な腹部の締めつけにより、お腹を引き締める効果が期待できます。

また、そこにEMS機能を付け加えているため、よりお腹をスリムにする効果が見込めます。

Vアップシェイパー

Vアップシェイバー

③ 腹筋トレーニングのサポート器具(腹筋ベンチなど)

腹筋トレーニングを行う際に最もよく見かけるあであろうベンチになります。

比較的サイズが大きめなものが多いので、自宅で使用する場合はサイズ感を予め確認した上で購入することをおすすめとします。

シットアップベンチ

腹筋マシンの選び方とは?

こちらでは、腹筋マシンの選び方をご紹介します。

自分にあったものを選べるように下記のような判断軸で商品を比較していきましょう。

  1. 目的
  2. 金額
  3. 大きさ
  4. 機能

① 目的

さきほどご紹介した4種類の腹筋マシン別に、目的をご紹介すると下記のようになります。

 

  1. 腹筋トレーニングの負荷を高める器具
  2. 腹筋トレーニングの負荷を軽減する器具
  3. 腹筋トレーニングせずに鍛えられる器具
  4. 腹筋トレーニングのサポート器具

自分が何を目的として腹筋マシンを購入したいのか把握して商品を比較していきましょう。

② 金額

こちらは、何を買うにしてもネックになる部分です。

自分の予算に合うものを選んでいきましょう。

③ 大きさ

自宅で腹筋マシンを使用するとなると大きさも重要な比較基準になります。

住んでいる家の大きさにあった腹筋マシンを選べるようにしましょう。

④ 機能

EMSの商品に関しては、あまり大きさで比較をしても意味が無いので、EMSに限っては機能比較をしたいと思っております。

最近では、携帯と連動できるIotのような商品もあります。詳しくは後ほどご紹介します。

腹筋マシンのおすすめ14選のご紹介

それでは、ご紹介した4種類の腹筋マシンを先程の選び方にそってご紹介していきます。

  1. 腹筋トレーニングの負荷を高める器具
  2. 腹筋トレーニングの負荷を軽減する器具
  3. 腹筋トレーニングせずに鍛えられる器具
  4. 腹筋トレーニングのサポート器具

① 腹筋トレーニングの負荷を高める器具

目的 負荷を高める 負荷を高める 負荷を高める
金額 ¥131,447  ¥1,580 ¥14,800
大きさ 幅:84cm
奥:115cm
高さ:86cm
ホイール直径:16.5cm
ハンドルの長さ:13cm
マット:35*16.5*1cm
幅:70cm
奥:90cm
高:225cm
コメント 自宅で本格的な
ジムトレーニング可能
オトクなマット付き 様々なトレーニングが可能
おすすめ度 三角 まる 二重丸
商品ページ アブドミナルクランチ  腹筋ローラー 懸垂バー

 

油圧式アブドミナルクランチ

¥ 131,447

詳しくはこちら

  • 目的:腹筋の負荷を高める
  • 大きさ:W84×L115×H86cm

油圧式のアブドミナルクランチになります。

油圧式のトレーニングマシンは、重りなどを使うのではなく、注射器と同じような【強く押し出そうとすると大きな負荷がかかり、弱く押し出そうとすれば小さな負荷がかかる原理】を活用したマシンです。

おもりを置くことがないので自宅に起きやすいかとおもいますが、金額は比較的高めなため、ご予算に会うかしっかりご確認ください。

ちなみに、バックエクステンションも行うことができます。

2 Wolfyok 腹筋ローラー 膝マット付き

¥ 1,580

詳しくはこちら

  • 目的:腹筋の負荷を高める
  • 大きさ:ホイール直径:16.5cm、ハンドルの長さ:13cm、マットサイズ:35*16.5*1cm

他の商品と比べ、大きさもコンパクトで金額も非常にお手頃です。

ハンドルに付いている滑り止めや、2つのホイールがついていることにより、トレーニング時の安定性や抜群のグリップ力を生み出すことが出来るのがこの腹筋ローラーの特徴になります。

WASAI(ワサイ) ぶら下がり健康器

WASAI(ワサイ) ぶら下がり健康器

¥ 14,800

詳しくはこちら

  • 目的:腹筋の負荷を高める
  • 大きさ:W84×L115×H86cm

これ一台で腹筋トレーニングばかりでなく様々なトレーニングを行うことができ、非常におすすめな商品になります。

耐荷重が150kgあり、リストウェイトなどの重りをつけても大丈夫なほどの安全性です。

体重がある方、高負荷でのトレーニングを希望する方にはピッタリの懸垂バーになります。

実際の使用イメージは商品ページをご確認いただけるとイメージできるかとおもいます。

② 腹筋トレーニングの負荷を軽減する器具

目的 負荷を軽減 負荷を軽減 負荷を軽減
金額 ¥ 17,064 ¥ 8,262 ¥ 3,780
大きさ 高さ:34cm
幅:104cm
奥:52cm
※折りたたみ時
高さ:38cm
幅:55cm
奥:52cm
高さ:72cm
幅:68cm
奥:63cm
コメント ・折りたたみ可能
・様々なトレーニング可能
・コンパクト
・様々なトレーニング可能
収納に少し不便
おすすめ度 まる 二重丸 三角
商品ページ ワンダーコア ワンダーコアスマート 腹筋トリマー

 

ワンダーコア2【vメーカー保証1年付】 

¥ 17,064

詳しくはこちら

  • 目的:負荷を軽減
  • 大きさ:折り畳み時のサイズ:高さ34cm、幅104cm、奥52cm

倒れるだけで腹筋トレーニングが出来るワンダーコアの良さを維持しつつ、バンド機能が加わったことによりじゅっ種類にもなるトレーニングを実施することができます。

腹筋、背筋、上腕二頭筋、三角筋などを効率良く鍛えることが可能です。

トレーニングイメージと収納イメージは下記をご確認ください。

ワンダーコア トレーニング

ワンダーコア収納

更に詳しく確認したい方は商品ページをご確認ください。

 

2 ワンダーコアスマート

¥ 8,262

詳しくはこちら

  • 目的
  • 大きさ:高さ:38cm、幅:55cm、奥:52cm

ワンダーコアスマートのほうがワンダーコアよりもサイズが小さく、人気な商品になっています。

小さいがゆえに自宅の腹筋マシンとしていいと思われているからだとおもいます。

ワンダーコアスマートも1台で様々なトレーニングができ、8種類の運動が可能です。

ワンダーコアスマートトレーニング

詳しくは商品ページをご確認ください。

 

3 腹筋トリマー

¥ 3,780

詳しくはこちら

腹筋トリマーも腹筋の負荷を軽減するものになりますが、折りたたむことができないので収納には不便な可能性があります。

トレーニングイメージは下記になります。

腹筋トリマー

③ 腹筋トレーニングせずに鍛えられる器具

こちらでご紹介する商品に関しては、大きさはで比較する意味があまりないため、機能・特徴比較を行います。

タイプ パッド パッド ボニック ボニック 着用
目的 楽して鍛える 楽して鍛える 楽して鍛える 楽して鍛える 楽して鍛える
金額  ¥ 5,099  ¥ 27,864 ¥ 3,980 ¥ 980 ¥10,980
機能
特徴
・電池式
・ジェルシート使用
・腕も鍛えられる
・充電式
・ジェルシート使用
・アプリ連動(Abs Fit2)
・可変式EMS
・操作が楽
・防水
・専用ジェル
・操作が楽
・1日5分のみ
・腹筋引き締め
・EMS機能搭載
コメント 類似商品に比べ安い アプリ連動が魅力 本体価格の金額 初回限定金額 引き締め効果が魅力
おすすめ度 二重丸 まる 三角 二重丸 まる
商品ページ AKARUI SIXPAD  ボニックPRO ボニック  Vアップシェイパー

 

1 AKARUI 腹筋ベルト

¥ 5,099(送料無料)

詳しくはこちら

  • 目的:トレーニングせずに鍛える
  • 機能:電池式、ジェルシート使用、腕も鍛えられる

アマゾンでもヒットセラーとなっており、類似商品と比べ非常にお求めやすい金額になっています。

腹筋だけでなく、腕にも活用できるパッドも付いており、腕も鍛えたいと思っている方もおすすめです。
もちろん高額の商品が買えない方にもおすすめ。

 

2 SIXPAD(シックスパッド)

シックスパッド

¥ 23,800(送料無料)

詳しくはこちら

  • 目的:トレーニングせずに鍛える
  • 機能:充電式、ジェルシート使用、アプリ連動

この商品の一番の特徴は、アプリ連動をしているEMS商品であることでしょう。(Abs Fit2など)

トレーニングにおいて継続することがいちばん重要なことですが、その継続性を高めるために、スマホアプリと連動しています。

アプリを通して、筋トレの状況を可視化し、EMSを使ったトレーニングを楽しい時間に変えてくれます。

 

ボニックPRO すっきりシェイプマシーン

本体価格:¥ 3,980

詳しくはこちら

  • 目的:トレーニングせずに鍛える
  • 機能:可変式EMS、操作が楽、防水

エステで使用されるものを自宅向けに開発したボニックです。

基本的に女性向けの商品になっています。
パッドタイプのものは腹筋を中心に使用するものですが、このボニックは体の気になる所にジェルを塗り使用するため、お腹や足などといった下半身痩せなどを目的としてよく使われます。

また、この商品の特徴は、EMS特有の電圧によるピリピリ感を減らすために可変式EMSと言った機能を取り入れているところです。

自動で周波数が変化することで刺激を軽減します。

ボディーケアマシン ボニック

EMS

初回限定 ¥ 980

詳しくはこちら

  • 目的:トレーニングせずに鍛える
  • 機能:専用ジェル、操作が楽、1日5分のみ

同じくボニックですが、ボニックプロよりも金額が安く、1日5分のみのケアで十分なためお求めやすく継続しやすい商品なのが特徴です。

ボニックをはじめて利用される方は、こちらの商品がおすすめ。

5 Vアップシェイパー

Vアップシェイバー

¥ 10,980

詳しくはこちら

着用するだけでお腹周りの引き締め効果が期待できるVアップシェイパーにEMS機能を搭載しています。

インナーマッスルとアウターマッスル(体の内側の筋肉と外側の筋肉)を同時に鍛えることができるすぐれものです。

また、コルセットのように姿勢を良くする効果もあり、掃除や選択時にも付けたまま使用できるのもポイントです。

④ 腹筋トレーニングのサポート器具

目的 筋トレサポート 筋トレサポート 筋トレサポート
金額 ¥ 5,460 ¥ 4,280 ¥ 1,680
大きさ 長さ:117cm
幅:28cm
高さ:60cm
※高さ調整次第
長さ:126cm
幅:56cm
高さ:69cm
※高さ調整次第
 長さ:30cmほど?
コメント 折りたたみ可 ・折りたた可
・より負荷を与えられる
ベッドでトレーニング
おすすめ度 まる 二重丸 二重丸
商品ページ ベンチ ベンチ カーブ型  腹筋トレーナー

 

1 マルチシットアップベンチ

¥ 5,460

詳しくはこちら

  • 目的:筋トレサポート
  • 大きさ:長さ:117cm、幅:28cm、高さ:60cm ※高さ調整次第

通常のシットアップベンチです。

折りたたみ式で、折りたたみさえすれば普段は場所を取らないので自宅でも使用することが出来ます。

また、斜めにも傾けることが出来るので、腹筋時のトレーニング負荷を角度によって調節することが出来ます。

※収納イメージは下記をご確認ください。ベンチ収納

 

2 シットアップベンチ カーブ型

¥ 4,280

詳しくはこちら

  • 目的:筋トレサポート
  • 大きさ:長さ:126cm、幅:56cm、高さ:69cm ※高さ調整次第

通常のシットアップベンチと異なるのは、カーブ型だという点。

カーブ型になることで、腹筋トレーニング時の可動域(体が動く広さ)が広がります。
つまり、腹筋時に身体を下げた際に、より深く身体を下ろすことが出来、トレーニング負荷を高めることが出来るようになります。

通常のシットアップベンチでは物足りないという方にはおすすめです。

 

簡単装着筋トレ補助具「腹筋トレーナー」

¥1,680

詳しくはこちら

  • 目的:筋トレサポート
  • 大きさ:長さ:30cmほど?

他の商品と比べ系統が異なりますが、普段使用されるベッドを活用し、トレーニングが出来るようになります。

腹筋をする時に足の固定ができていないと、トレーニングの効率が下がりますので、本買う的な腹筋マシンを購入するまででもなく、気軽に効率を上げた腹筋トレーニングを行いたいと思う方にはものすごくおすすめです。

腹筋マシンを活用したトレーニング方法とは?

こちらでは、これまでご紹介した腹筋マシンで出来るトレーニング方法を一部ご紹介します。

  1. アブドミナルクランチのトレーニング
  2. 腹筋ローラーのトレーニング
  3. チンニングスタンドのトレーニング

① アブドミナルクランチのトレーニング

アブドミナルクランチ

  1. まずシートの高さを調節します。高さは実際にシートに座ってみて、肘を置く位置が置きやすいかどうかを判断基準に調節してください。
  2. 次に重さを調節します。シートの横にある重りにバーを指して調節することが出来ます。
  3. 調節ができたら、ステップ(足の置き場)に足を置き、肘をパッドに当てグリップを握ります。これでスタートポジションとなります。
  4. スタートポジションになったら身体を丸めていきます。この時は腹筋を有効的に活用できるようにおへそに上体を向かわせるような意識で行います。
  5. 身体を丸めたらゆっくりとスタートポジションに戻します。
  6. この動作の繰り返しです。

② 腹筋ローラーのトレーニング

腹筋ローラー

  1. 硬いフローリングなどでは床にキズをつけてしまう恐れがあるため、薄手で滑りにくいマットなどを敷くと良いでしょう。
    まずは腹筋ローラーを床に起き、その手前に直立します。そこから前屈をして、腹筋ローラーのバーを握ります。基本的にはこれがスタートフォームとなります。
  2. バーを握り、ローラーに体重を預けたら、強く息を吐きながら、または止めたままでゆっくりとローラーを前進させていきます。
    足はスタートから動かさず、ローラーが前進することで体(腰)を伸ばしていきます。ここで意識するのは、膝や肘はスタートポジションから常に伸ばしておくことです。前進するに連れ、徐々に腹筋に負荷がかかってきますが、その際できるだけ姿勢をまっすぐに保つように腹筋に強く力を込めましょう。ゴールは腕を頭の上にまっすぐ伸ばしバンザイをした状態であり、全身が床と平行の一直線の状態です。腰が曲がったり、肘、膝の伸びが足りないと負荷は弱まります。
  3. 完全に全身がまっすぐに伸びたら、2〜3秒ほどキープし、腹筋をクランチする意識でローラーを後進させ、スタートポジションに向かって戻っていきます。
    可能な限り腹筋の収縮で戻るように意識して行ってください。この際、息を吸いながら行うようにし、同じく肘、膝が曲がらないように注意して行ってください。なお、負荷を一切逃さないように追い込んで行うのであれば、ローラーを戻す位置はスタートポジションまでではなく、大体腰の角度が直角くらいまでとすると良いでしょう。

基本的な使用方法と意識すべきポイントは以上です。

一度でも使用したことのある方は理解して頂けると思いますが、本当に笑いが出るほど辛いトレーニングですので、初めから無理に最終形は目指さず、膝をついて行うなど負荷を調節して行ってください。

詳しくはこちら

③ チンニングスタンドのトレーニング

1 ハンギングニーレイズ

ハンギングニーレイズ

  1. チンニングバーにぶら下がります。
    手幅は肩幅程にします。広げるのは可ですが狭めるのは不可とし、脱力しすぎ、力の入れ過ぎに注意してください。その状態で、全身をしっかりとまっすぐに伸ばします。ただし、脱力しすぎると腰椎や脊椎が伸びきってしまい動作がしにくくなりますので、同じく脱力しすぎ、力の入れ過ぎに注意してください。これでスタートフォームは完成です。
  2. フォームが完成したら、大きく息を吸い、強く吐きながら、または吐いて止めたままで膝を胸まで引き上げます。
    反動は一切使わず、腹筋群の筋力によって持ち上げる意識で行ってください。膝が開いてしまうと腹筋群への負荷が逃げてしまうため、膝は閉じた状態とし、膝の閉じを保てる限界まで持ち上げましょう。また、膝から下は脱力していて構いません。膝下は、基本は床と垂直とし、負荷を高める際には少しずつ膝を伸ばしていくとより効果は高まります。(完全に膝を伸ばして行うトレーニングはハンギングレッグレイズと呼ばれています)
  3. ピークまで持ち上げたら2〜3秒ほどキープし、ゆっくりと息を吸いながら脚を降ろして行きます。この際注意するのは、完全にスタートポジションまで戻してしまうと負荷がなくなるので、腹筋に負荷の残るギリギリまで降ろすことが重要です。降ろしきったらすぐに再び膝を持ち上げるようにし、収縮と伸展の切り返しを素早く行うとさらに効果的です。

基本的な動作とポイントは以上です。

ハンギングニーレイズでは、基本の膝を曲げた状態で行えるようになれば、さらに負荷を高めて行うことができるという大きな利点があります。

初心者ではやや厳しいトレーニングかもしれませんが、腹筋群の筋力の1つの目安として行ってみましょう。

詳しくはこちら

 

2 ハンギングレッグレイズ

  1. バーにぶら下がる
  2. 体を真っ直ぐに伸ばす
  3. 反動や勢いを使わずに下半身(太腿から足先まで曲げない)を床と平行の高さまで上げる

勢いや反動を使うと効果は半減しますし、落下や肩の怪我などに繋がる可能性があるため、上げ下げは極力ゆっくりと行ってください。上げる際は大きく息を吐き、下げる時に大きく息を吸います。

詳しくはこちら

 

3 通常の懸垂

懸垂

  1. チンニングは不意の落下などによる怪我の多い種目ですので、まずは足回りに動作の妨げになる物がないか確認してください。
  2. 準備できたらチンニング用のバーにぶら下がります。大体肩幅よりも拳1〜2個分ほど外側にし、広背筋を鍛えるならば手の甲が見える側(順手)で握りましょう。
  3. ぶら下がったら、軽く膝を曲げ、どちらかの足に足を絡ませて組むようにします。あくまでも自然にリラックスして足がブレないように固定する感覚で組んでください。
  4. 次に背中を少しだけ反らし、胸を張ってまっすぐ前を見つめます。この時注意するのは、ぶら下がる時にリラックスし過ぎて肩の関節が緩んで伸びすぎてしまわないようにしてください。
  5. スタートのフォームが決まったら、大きく息を吸いながら、または吸って止めたままで体を引き上げていきます。この時、前後左右にブラさず反動は使わず、まっすぐ真上に体を引きあげていくことを注意してください。また、どうしても左右のパワーのバランスの違いから、片側だけが先に上がってしまうことが多いのですが、出来るだけ左右均等に動作を行ってください。
  6. 顎がバーの高さまできたら、2〜3秒キープし、息を吐きながらゆっくりと時間をかけて降ろしていきます。降ろす時も同様に、左右均等を意識し、広背筋が完全に収縮した状態から少しずつ伸展していくことを感じながら行いましょう。

基本的な動作やポイントは以上です。

チンニングで最も重要なのは、反動をつけないで行うことと、真上に上がっていく意識で行うことです。

反動を使うと体は容易に上昇してしまい、どの筋肉にも負荷はほとんどかかりません。

また、腕がやや前方にある状態から引き上げようとすると広背筋と同時に上腕二頭筋、上腕筋が強く作用します。

さらに、チンニングで高い効果を発揮するのは体をゆっくりと降ろしていくネガティブ動作です。
最大限効果を発揮できるように正しい動作とフォームを身につけましょう。

詳しくはこちら

トレーニングにおすすめのプロテインのご紹介

編集部としてみなさんにおすすめしたい2種類のプロテインをご紹介します。

おすすめは②THEWHEYになります。

理由は、タンパク質の含有量の多さと、脂質を抑えることができている点。
また、②THEWHEYは①Impact ホエイプロテインよりもダマになりにくく飲みやすい点です。

詳しくはこちら:トレーニングにおすすめしたいマイプロテイン7選!効果や味を徹底比較!

① Impact ホエイプロテイン(Impact whey protein)

IMPACT ホエイプロテイン

¥ 3,730(1000g)

詳しくはこちら

  • タンパク質含有量:80%(20g)
  • 1食(25g)あたりの単価:約93円

Impact ホエイプロテインとは

高精製された非常に純度の高い100%濃縮乳清タンパク質から作られ、1食分当たりのタンパク質含有が20g(80%)もある高品質プロテインです。

すべての必須アミノ酸(EAA)を総合的に持ち合わせ、一食分当たりのロイシン(アミノ酸の一種)が2g以上含まれています。

また味のバリエーションが豊富で、ベーシックなチョコレートやバニラ味にはじまり、新しく魅力的なティラミス、ルバーブ&カスタード、レモンチーズケーキ味、抹茶味なども選ぶことができます。

この製品のメリットとは

この製品は、トレーニングの目標をサポートするため、全てのアスリートやレクリエーションジムの常連客の方に最適かつ効果的に働きます。

高タンパク質摂取は、筋肉増量の成長および維持に貢献します。

誰に効果的か

毎日のタンパク質摂取を目標にしている全ての方にお求めいただけます。

トレーニングの前後またはタンパク質補給を促したい際、いつでも使用可能な万能プロテインです。

そのため、初めのプロテインとしてオススメです。

ご利用方法

Impact ホエイプロテインは、高吸収型であり、日々のトレーニングによって消費されることが理想になります。

水やミルクと共に、またはお好きなスムージーやヨーグルトに混ぜてのご利用も可能です。

② THEWHEY

THEWHEY

¥ 4,220(900g)

詳しくはこちら

  • タンパク質含有量:86%(25g)
  • 1食(29g)あたりの単価:約140円

THEWHEYとは

最高品質のホエイプロテインを使った超プレミアムブレンドのプロテインです。

主な栄養分は、1食あたりでタンパク質が25g、さらに、炭水化物が2g、脂質が1gに抑えられているため、数あるプロテインの製品の中でも非常に高い品質を誇ります。

そしてMyZyme®という特殊な酵素ブレンドを加えることによって、よりタンパク質をアミノ酸に分解しやすい製品となっております。

しかも他会社のどのプロテインサプリよりもプロテアーゼを提供してくれます。

Thewheyを選ぶ理由とは

THEWHEYのユニークなアミノ酸プロフィールは、どんな運動やスポーツをやっていても、あなたがマックスレベルで機能できるように開発されています。

さらにLacprodan® HYDRO.Powerが含まれているため、加水分解されたホエイ(最も純粋なホエイタンパク質)の利点も体験できます。

これによってタンパク質の吸収率も、他会社の製品に比べると非常に高いです。

しかも、THEWHEYは4つのフレーバーが選択可能です。

誰に効果的か

THEWHEYは向上心のある全てのアスリートに最適です。

慎重に選ばれた高級材料でできているこの商品さえあれば、どんな目標でも達成が近づくと言っても過言ではありません。

使うタイミングは?

ワークアウト前後、通勤中の朝食代わり、あるいは部活後のおやつとしても楽しめます。

THEWHEYはどんな時でも体に高品質なプロテインを蓄えてくれるサプリメントです。

特にトレーニング後20分以内に飲むと効果的です。

トレーニングにおすすめのサプリメントのご紹介

HMB

初回500円

詳しくはこちら

HMBとは、筋肉を作り上げるのに必要な必須アミノ酸の一種です。

一般的に、プロテインを20杯飲んでも足りないと言われているHMBをバルクアップHMBプロであれば、たった5粒で摂取可能になります。

通常1袋11,700円が初回のみ500円でお試し可能です。

また、安心の90日間全額返金保証付き。皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

CMで話題!RIZAP

本気な方は結果にコミットしてくれるRIZAPで無料カウンセリングを!

(30日間無条件全額返金保証)

RIZAP

まとめ

いかがでしたでしょうか。

腹筋を鍛えるのにおすすめな腹筋マシン。その種類とおすすめの商品。またトレーニング方法などもご理解いただけましたでしょうか。

決して安い商品ではないので、選び方からしっかり理解して是非皆さんも腹筋マシンを使ってみてください。

関連記事