トレーニング

ウイダープロテインのおすすめ5選!効果や味を比較!飲み方もご紹介

2018.01.07
ウイダープロテイン

ウイダー(Weider)の名称では、ウイダーインゼリーなどが一番に思い浮かぶと思いますが、トレーニングやダイエット向けのプロテインのような商品もあります。

今回はそんなウイダープロテインの種類や効果、選び方、おすすめのプロテインをご紹介いたします。

ウイダープロテインとは?

はじめに、ウイダーは森永製菓株式会社が展開しているブランド名になります。

テレビCMなどもあり、ウイダーインゼリーなどが広く知られていますが、これ以外にもプロテインバーや、ウイダーブランドの飲料、タブレット、そして今回ご紹介するプロテインなど幅広い商品がラインナップされています。

関連記事はこちら

ウイダーのプロテインの選び方とは?

ウイダーブランドで展開されているプロテインは以下の3つの種類に大きく分類できます。

商品を選択する際、これらの分類を理解し自身の目的に合ったものを選択するとよいでしょう。

ここではそれぞれの特徴を簡単にご紹介いたします。

  1. トレーニング目的
  2. 健康維持目的
  3. ダイエット目的

① トレーニング目的

トレーニング目的でプロテインを必要としている方は、筋肉の回復、除脂肪体重の増加、筋肉の肥大化目的の方が大半だと思いますので、タンパク質の含有量やタンパク質そのものの質にこだわったプロテインを選ぶ事が筋肉を効果的に肥大化させるために最も重要になります。

ウイダーのトレーニング目的の商品は、ホエイとカゼインの成分両方を含んだプロテインとなっていますので、運動を行った直後ではなく、就寝前などタンパク質を長時間体内に持続させておくタイミングで飲む商品となります。

 

このような方にオススメ

  • 筋力を素早く、効率的にに改良したい方。除脂肪体重を増加させる目的の方。
  • ボディービルダーやアスリートの方。身体的パフォーマンスを向上したい方。
  • 運動で疲れた筋肉を回復させたい方。日々のタンパク質摂取量を向上させたい方。

② ダイエット目的

ダイエット目的の方は体重の減量が第一目標になると思いますが、同時に適度なトレーニングとプロテインの摂取を通じて普段の食事で足りない栄養分の補給と体内の筋肉量を底上げすることをオススメします。

女性の場合、筋肉がつくことを敬遠する人が多い印象ですが、実際、男性のような隆々とした筋肉は女性の場合そう簡単にはつきません。

もはや最近ではモデルや芸能人の方でもキレイでしなやかな体型維持のためにトレーニングをする方が増えています。

彼女達の体型を見れば一目瞭然、お腹には薄っすらと線の入った腹筋、スラッとした腕周りは徹底した普段の食事とトレーニングの賜物と言えるでしょう。

たとえ女性の場合であっても、筋肉量が増えることのメリットは数多く、一番のメリットは燃えやすい体をつくることです。

そうなると、1日に使用できるエネルギー量が増えるため、女性が理想とするモデルのようなスラッとした体型に近づくのではないでしょうか。

そのため、ダイエットを目的にしている方は、トレーニング目的の人よりもタンパク質の含有量には気を遣わなくてよいですが、それ以上にカロリーが低めに抑えられていて、なおかつ他の栄養素も満遍なく摂取できるプロテインを選ぶようにしてみましょう。

 

このような方にオススメ

  • 美味しく低カロリーで、食事の補助となる目的の方
  • 健康的に体脂肪を減少させる目的の方
  • 効果的な食欲抑制剤としての目的の方
  • ダイエットの際、効果的なエネルギーを摂取する目的の方d

③ 健康維持目的

健康維持を目的にしている方は、ダイエットやトレーニング目的な方ほどではないにしても、先ほどご紹介のとおり、普段の食事を通じて必要な栄養素を満遍なく摂取することが必要になります。

そのため、適度なタンパク質、その他ビタミン等の栄養分を補うことができるプロテインやサプリメントを選んでみましょう。

ウイダーの健康向けの商品は、年齢に比例して摂取量が増加するタンパク質だけでなく、ビタミンやミネラルなど不足しがちな栄養素を満遍なく摂取できる商品がラインナップされています。

 

このような方にオススメ

  • 高品質なタンパク質、その他ビタミンなどをお探しの方
  • 定期的な運動目的でレクリエーションジムをご利用の方
  • 免疫システム向上のために、健康の向上が目的の方

ウイダーのプロテインのおすすめ5選

ウイダーのプロテインは種類も豊富で目的によって選べる種類が異なります。

その中でも編集部が特におすすめするのは目的にもよりますが、①のウイダー マッスルフィット プロテインです。

オーソドックスな配合のカゼインプロテインのため、使用タイミングには気を付けないといけませんが、普段からトレーニングを行っている人におすすめです。

ダイエット目的の方は③のウエイトダウンプロテインのような低カロリーのプロテインが適切でしょう。

また、⑤のリカバリーパワープロテインは運動後に必要な糖分がタンパク質と同時に適正なバランスで補給することができますのでこちらもおすすめです。

下記の表も参考にしてみてください。

1 2 3 4 5
商品名 マッスルフィット プロテイン ウエイトアップビッグ ウエイトダウンプロテイン おいしい大豆プロテイン リカバリーパワープロテイン
価格 ¥3,691 ¥3,230 ¥4,467 ¥2,934 ¥3,377
主な使用目的 トレーニング
(筋力増加)
トレーニング
(増量)
ダイエット
(減量)
ダイエット
健康維持
トレーニング
ダイエット
疲労回復
容量 900g 1200g 900g 800g 1020g
味の種類 ココア
バニラ味
バニラ味 ミックスフルーツ味 コーヒー味 ココア
ピーチ味
1食当たりのカロリー(量) 75,77kcal
(味毎、20g)
112kcal
(30g)
55kcal
(15g)
72kcal
(15g)
117,118kcal
(味毎、30g)
1食あたりのタンパク質 14.2,15.2g
(味毎)
5.0g 7.5g 10.0g 6.9g
(味共通)
コメント ・カゼイン
タンパク含有
・タンパク質は
若干少な目
・糖質が多め
・タンパク質が少量
減量時に不足する栄養を配合 ・カルシウムや
ビタミン配合
・味は○
運動後の疲労回復に特化
おすすめ度 二重丸 まる 二重丸 まる 二重丸

① ウイダー マッスルフィット プロテイン

ウイダー マッスルフィット プロテイン

¥ 3,691(900g)

詳しくはこちら

  • タンパク質含有量(1食あたりの量):14.2g(30g、ココア味)、15.2g(30g、バニラ味)
  • 味:ココア味、バニラ味
  • 飲み方:牛乳や水に溶かして飲むようにしましょう
  • 飲むタイミング:運動後30分以内、もしくは就寝30分~1時間前に飲むようにしましょう。

 

マッスルフィットプロテインとは

原料が通常販売されているようなのホエイプロテインに加えてカゼインタンパクも含まれていることから、トレーニング後でも良いですが、就寝前30分~1時間前に飲むことで、就寝中もタンパク質をゆっくり体内に吸収することができます。

 

この製品は誰に最適か

トレーニングをしようと考えている方、特に就寝前に飲んで不足しがちなタンパク質の補給に最適です。

② ウイダー ウエイトアップビッグ

ウイダー ウエイトアップビッグ

¥ 3,230(1200g)

詳しくはこちら

  • タンパク質含有量(1食あたりの量):5.0g(30g)
  • 味:バニラ味
  • 飲み方:牛乳や水に溶かして飲むようにしましょう
  • 飲むタイミング:運動後30分~1時間以内の筋タンパク合成のゴールデンタイム中に飲むようにしましょう。

 

ウエイトアップビッグとは

体重増加を目的とした方におすすめなプロテインです。

そのため、他のプロテインよりもデキストリン(炭水化物)の量が多めに含有されていますので、普段の食事に+αとして使用することで体重増加をサポートします。

 

この製品は誰に最適か

体重増加を目的とする方にオススメです。

また、体重を増やしたい場合、本来であれば食事の量を増やすことが合理的なのですが、中々増やすことができないといったハードゲイナーな方にもおすすめです。

関連記事はこちら

③ ウイダー ウエイトダウンプロテイン

ウイダー ウエイトダウンプロテイン

¥ 4,467(900g)

詳しくはこちら

  • タンパク質含有量(1食あたりの量):7.5g(15g)
  • 味:フルーツミックス味
  • 飲み方:水に溶かして飲むようにしましょう
  • 飲むタイミング:運動後30分~1時間以内の筋タンパク合成のゴールデンタイム中に飲むようにしましょう。

 

ウエイトダウンプロテインとは

他のプロテインと比較すると、1食あたりのカロリーが55kcalと格段に少なく、燃えやすい体作りを助けるカルチニンを配合していることが特徴です。

 

この製品は誰に最適か

運動を通じて減量やダイエットをしようと考えている全ての方々におすすめです。

④ ウイダー おいしい大豆プロテイン

ウイダー おいしい大豆プロテイン

¥ 2,934(800g)

詳しくはこちら

  • タンパク質含有量(1食あたりの量):10.0g(15g)
  • 味:コーヒー味
  • 飲み方:牛乳や水などに溶かして飲むようにしましょう
  • 飲むタイミング:運動後や間食として飲むことをおすすめします。

 

おいしい大豆プロテインとは

日々の健康維持をサポートするための栄養素、特にタンパク質が豊富に含まれています。

タンパク質は年齢が上がるにつれて1日あたり必要な摂取量が増加するのですが、実際のところ食事で必要な摂取量全てを摂取するすることは厳しいため、プロテインなどで補給する必要があります。

 

この製品は誰に最適か

普段から適度に運動をしている方、日々の健康維持を目的としている方におすすめです。

⑤ ウイダー リカバリーパワープロテイン

ウイダー リカバリーパワープロテイン

¥ 3,377(1020g)

詳しくはこちら

  • タンパク質含有量(1食あたりの量):6.9g(30g)
  • 味:ココア、ピーチ味
  • 飲み方:水などに溶かして飲むようにしましょう
  • 飲むタイミング:運動後など体が疲労感でいっぱいの間に飲むようにしましょう。

 

リカバリーパワープロテインとは

運動後に消費したタンパク質と糖質が1:3の割合で補給することが良いとされています。

リカバリーパワープロテインは上記の比率に準じてタンパク質と糖質を配合したプロテインになります。

 

この製品は誰に最適か

運動を行う頻度が多く、筋肉への疲れがたまりやすい方に特におすすめです。

注意事項

  1. 使用のタイミングに注意
  2. アレルギーに注意
  3. お腹をくださないように注意
  4. 脱水状態に注意

注意

① 使用のタイミングに注意

今回ご紹介したプロテインの効果を最大限に発揮するには、トレーニング後や就寝前などの利用になりますが、プロテイン毎に適切な使用のタイミングがありますので気を付けましょう。た

例えば、①マッスルフィット プロテインのようなカゼインプロテインが含有されたプロテインの場合、トレーニング後すぐに摂取しても効果を得られるのは数時間後と、トレーニング直後から発生する筋タンパク質(筋肉生成のもとになるタンパク質)の合成作用がムダになります。

そのため、トレーニング後は同じ乳タンパク質でも体内への吸収速度の速いホエイプロテインを使用しましょう。

関連記事はこちら

② アレルギーに注意

数あるプロテインの中でも、ホエイ(乳から乳脂肪分やカゼインを除いた水溶液)やカゼインは主に牛乳を原料に使用しており、中には卵を用いた商品もあるため、これらにアレルギーをお持ちの方は注意しましょう。

③ お腹をくださないように注意

プロテインも合う合わないがあるので、合わない人には副作用が起こる可能性があります。

副作用でよく言われているのはおなかを壊してしまう事です。

上記でご紹介したホエイやカゼインは牛乳が成分になっているため、普段牛乳を飲んでおなかを壊してしまう人はプロテインでもお腹を壊す可能性があるので注意が必要です。

④ 脱水状態に注意

プロテインを飲みながらトレーニングする人は脱水症状に注意が必要です。

何故ならプロテインで補充されたタンパク質は体内で窒素に変わり排出され、この排出するときに水分が必要になるためです。

トレーニングが終わったらプロテインを飲むときの水分以外にもきちんと水分補給をすることで脱水症状を防ぐことが出来るので気をつけましょう。

トレーニングにおすすめのサプリメントのご紹介

HMB

初回500円

詳しくはこちら

HMBとは、筋肉を作り上げるのに必要な必須アミノ酸の一種です。

一般的に、プロテインを20杯飲んでも足りないと言われているHMBをバルクアップHMBプロであれば、たった5粒で摂取可能になります。

通常1袋11,700円が初回のみ500円でお試し可能です。

また、安心の90日間全額返金保証付き。皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

CMで話題!RIZAP

本気な方は結果にコミットしてくれるRIZAPで無料カウンセリングを!(30日間無条件全額返金保証)

RIZAP

まとめ

ウイダーのプロテインは、主に3種類の商品に分類できてそれぞれ特徴が異なります。

そのため、購入時には今回ご紹介したポイントを把握した上で自身の目的にあった一品を選んでみるようにしましょう。

関連記事