健康

正月が終わった1月7日には、みんなで七草粥を食べて無病息災

2016.01.04
七草粥

みなさん、七草粥を食べる理由をご存知でしょうか?

豪華なお正月料理に胃や腸が疲れてきたと感じるころに来るイベントが”七草粥”です。

七草粥は、そんな理由で食べるものでは本当はないのですが、そのことを知ってましたか?

七草粥は元々、中国の「七日正月」という風習に由来します。
七日正月では、七日を1つの節目として、邪気を払うために七種の菜を汁物にして食べていました。

これが由来で、年初めの1月7日に1年の無病息災を願って
七草粥が食べられるようになったと言われています。

春の七草にはどんなものがある??

春の七草をあげさせていただきました。

セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノギ・スズナ・スズシロ

これが春の七草です!

春の文字が出てきてしまうんですね!

内臓の働きをいたわるものばかりですので、是非”1月7日の朝”に食べてみてください。

実は1月15日にも粥を食べる!?

実は皆さん、1月15日にも行事がございます。

こちらは、七種粥です!知ってましたか?

七草粥”は胃腸を整え栄養補給が主な効能でしたが、”七種粥”はデトックスです!

※デトックス (detox) とは、体内に溜まった毒物を排出させること。

昔の人はすごいですね。
美味しいものを食べたらしっかり調子を整え、最後にはデトックスする。

ちなみに、七種粥の中身はこちらです。

左から右へ上段から下段へ向かってご紹介します。

米・あわ・きび・ひえ・麦・胡麻・小豆

ミネラルと食物繊維たっぷりです。

七草粥七種粥で調子戻して、がんばりましょう♪

 

関連記事