ダイエット

エキスパンダーのおすすめ6選!ゴム製とバネ製を比較|背筋、 腹筋、三角筋、胸筋を鍛える使い方

2018.03.05
エキスパンダー

エキスパンダーは聞きなれない言葉かもしれないですが、写真からイメージできるように、背筋や胸筋、さらには腹筋や三角筋と幅広い筋肉を鍛えることができるトレーニング器具です。

しかし、実際にどんな効果があるのか、どのように使用するのかは詳しく分からないのではないでしょうか。

今回はそんなお悩みをお持ちの方に、エキスパンダーの効果や選び方、正しい使い方をご紹介いたします。

エキスパンダーとは?その効果とは?

はじめにエキスパンダーはそもそもどのようなもので、どのような効果があるのかをご紹介します。

  1. エキスパンダーとは?
  2. エキスパンダーの効果とは?

① エキスパンダーとは?

エキスパンダーとは筋トレ器具の一つでゴムまたは鋼のスプリングの両わきにグリップがついており、両手、もしくは手と足で伸縮させるなどして使うものです。

主な筋トレ効果は背筋や胸筋を鍛えるために使用されるのですが、使い方次第では腹筋や腕も鍛える事が出来るので幅広く利用できます。

主に上半身を鍛える器具ですが、体力増進のための運動で用いる事もあります。

② エキスパンダーの効果とは?

ここではエキスパンダーを使いこなすことで得られる効果を男性、女性それぞれの観点でご紹介いたします。

 

男性だとたくましい体を作ることができる

エキスパンダーの効果はやはり、複数の筋肉を効率的に鍛えることができることです。

特に金属製のハードタイプであれば、複数部位の筋肉を鍛える事が出来るのでマッチョな体を目指している人におすすめです。

 

女性の場合はバストアップや二の腕を引き締めることができる

エキスパンダーは、男性だけが使うのではなく、ゴム製であれば女性でも簡単にトレーニングをすることが出来ます。

また、ゴム製であれば負荷も低く、使い方次第ではバストアップや二の腕を引き締める事も十分に可能です。

よく勘違いされがちなのですが、女性がこのようなトレーニング器具をたくさん使用したからといって、男性のようにムキムキの体になるわけではないためご安心ください。

エキスパンダーの選び方とは?

こちらではエキスパンダーの選び方をご紹介します。

選び方をしっかりと理解した上で、自分にあった商品を選べるようにしましょう。

  1. ゴム製かバネ製か
  2. チューブの取り外しが可能(選ぶ基準を金額以外で記載してください)
  3. グリップの持ちやすさ(選ぶ基準を金額以外で記載してください)

① ゴム製かバネ製か

エキスパンダーの選び方で特に重要なのが伸びる部分がバネ製かゴム製のどちらにするかです。

ゴム製のものならバネ製のものよりも強度が低いので女性でも使えますし、運動になれていない人や筋力が少ない高齢者まで幅広く利用する事が可能です。

しっかり運動に負荷をかけて筋肥大化を目的とする人はバネ製、体を引き締めたい人はゴム製というふうに選ぶといいです。

② チューブの取り外しが可能か

チューブを取り外す事が出来れば負荷を変えることが出来るので、自分の力に合わせて筋トレをすることが出来ます。

筋トレになれていない人は1本から始めて、徐々に増やしていくといいでしょう。

③ グリップの持ちやすさ

エキスパンダーはしっかりと引っ張って筋トレをするので、指にかなりの負担がかかります。

グリップが持ちにくいと指先に力が余計に入って疲れてしまうので、グリップの持ちやすさはとても大切です。

エキスパンダーのおすすめ6選のご紹介

上記でご紹介した選び方をもとにおすすめの商品を5つご紹介します。

編集部としては、ゴム製のものであれば強度や価格の観点から①のWinline 5連式チューブエキスパンダーを、バネ製であればトレーニングにおける負荷と機能面を考慮した③の福島発條製作所 スタンダードエキスパンダーをおすすめいたします。

下記の比較表も参考にして自分にあったものを選びましょう。

比較表1

ゴム製かバネ製 ゴム製 ゴム製 バネ製
チューブの取り外し
グリップの持ちやすさ
金額 2,200円
通常配送無料
1,680円
送料別途
2,502円
通常配送無料
コメント

 天然ゴム
軽量

 握りやすい
グリップ
  SGマーク
(対人賠償責任保険)
付き
おすすめ度
商品ページ Winline Wakusy 福島発條製作所

比較表2

ゴム製かバネ製 バネ製 バネ製 ゴム製
チューブの取り外し  ◎
グリップの持ちやすさ
金額 1,453円
送料別途
1,599円
送料別途
831円
送料別途
コメント  超ハードタイプ  持ち運びや保管
が容易

 省スペース
軽量

おすすめ度
商品ページ  a-VIE  Tonyko  SINTEX

Winline 5連式チューブエキスパンダー

Winline 5連式チューブエキスパンダー

¥2,200 通常配送無料

詳しくはこちら

  • ゴム製かバネ製か:ゴム製。女性やお年寄りにおすすめです。
  • チューブの取り外しが可能:取り外し可能。自分の運動量、負荷にあわせて調整してください。
  • グリップの持ちやすさ:手に合わせた形になっているので、持ちやすいです。

このエキスパンダーはゴム製なので、軽量でとても持ちやすいのが特徴です。

チューブが非常に高品質な天然ゴム(ラテックス)で作られたので、高い引張強度、弾性に優れているだけでなく、無臭&非刺激性になっています。

そして、手軽なトレーニングで大胸筋、広背筋、肩などの筋肉を鍛えることができます。

その他のポイントは下記になります。

  • チューブ長さ:50cm
  • 素材:天然ゴム(ラテックス)チューブで作られています。
  • 付属品:保護カバー付き
  • その他の機能:5連のチューブをそれぞれ取り外し可能ですので、体力に合せて強さを調整できます。
    一本の負荷は10kg相当です

Wakusy 5連式 チューブエキスパンダー

Wakusy 5連式 チューブエキスパンダー

¥1,680 送料別途

詳しくはこちら

  • ゴム製かバネ製か:ゴム製。体を引き締めるために使うのにピッタリです。
  • チューブの取り外しが可能:取り外し可能。10kg~50kgまで調整可能です。
  • グリップの持ちやすさ:人体工学に基づいた握りやすいグリップになっているので、長く筋トレしても手が疲れにくいです。

最高で50㎏までトレーニングが出来る5連式エキスパンダーで、初心者から上級者まで利用できます。

また、これ一つで大胸筋、広背筋、肩筋、上腕三頭筋など広範囲にわたって鍛える事が出来ます。

グリップも握りやすいので利用しやすいエキスパンダーです。

その他のポイントは下記になります。

  • チューブ長さ 50cm
  • 素材:ラテックス(天然ゴム)製のチューブ
  • その他の機能:取り外し可能な1本10kg、最高50kgの5連式エキスパンダーが使用可能。

福島発條製作所 スタンダードエキスパンダー

福島発條製作所 スタンダードエキスパンダー

¥2,502 通常配送無料

詳しくはこちら

  • ゴム製かバネ製か:バネ製。しっかりと筋肉をつけたい人にピッタリです。
  • チューブの取り外しが可能:取り外し可能。自分に合わせて利用する事が出来ます。
  • グリップの持ちやすさ:手に合わせて握りやすくなっているので、使いやすいでしょう。

こちらの商品はバネ製なので、しっかりと運動したい人にピッタリです。

ですが、チューブが取り外せるので最初は本数を減らすなどして調整が可能です。

その他のポイントは下記になります。

  • 素材:グリップは木製です。
  • 生産国 : 日本
  • その他 : SGマーク(対人賠償責任保険)付き

以下の使用動画も参考にしてみてください。

負荷が相当強いため、はじめはバネを2本とかではじめるとよいでしょう。

a-VIE ベリーハードエキスパンダー

a-VIE ベリーハードエキスパンダー

¥1,453 送料別途

詳しくはこちら

  • ゴム製かバネ製か:バネ製。しっかりと鍛えたい人にピッタリです。
  • チューブの取り外しが可能:取り外し可能。自分に合った筋トレをすることが可能です。
  • グリップの持ちやすさ:持ちにくくはないですが、手に合わせた形になっていないので、もしかしたら指が疲れてしまうかもしれません。

本格的なエキスパンダーで超ハードなタイプになっています。

ですが、軽量なので扱いやすく持ち運びがしやすいのが特徴です。

チューブを取り外す事が可能なので、筋トレが慣れていない人は本数を減らしましょう。

その他のポイントは下記になります。

  • チューブ長さ:62cm
  • 本体重量:約700g

Tonyko 31の家庭用フィットネス機器春エクササイズチェストエキスパンダープルアップバー

Tonyko 31の家庭用フィットネス機器春エクササイズチェストエキスパンダープルアップバー

¥1,599 送料別途

詳しくはこちら

  • ゴム製かバネ製か:バネ製。ハードにトレーニングしたい人におすすめです。
  • チューブの取り外しが可能:取り外し可能。自分に合わせて調整しましょう。
  • グリップの持ちやすさ:持ちにくくはないですが、手に合わせた形にはなっていないので、疲れてしまう人もいるかもしれません。

他のエキスパンダーとは違った形をしていますが、しっかりと体を鍛える事が出来ます。

かなりハードに様々な筋肉を鍛える事が出来るのでしっかりと筋肉をつけたい人におすすめです。

その他のポイントは下記になります。

  • チューブ長さ:50cm
  • 素材:高品質のプラスチック+ステンレス鋼のスプリングワイヤー
  • 付属品:保護カバー付き
  • その他の機能:5スプリング、75kgの最大負荷

SINTEX ソフトエキスパンダー

SINTEX ソフトエキスパンダー

¥831 通常配送無料

詳しくはこちら

  • ゴム製かバネ製か:ゴム製。体を引き締めたい人におすすめです。
  • チューブの取り外しが可能:取り外し負荷。強度が弱いタイプと強いタイプの2種類があるので、自分に合う方を選ぶ事が出来ます。
  • グリップの持ちやすさ:手に合わせた形ではないですが、持つところが柔らかいので手が疲れにくいでしょう。

こちらはチューブタイプで他のエキスパンダーと違い五本あるわけではありません。

ですので筋肉を鍛えるというよりかは体を引き締めたい人にピッタリです。

弱い強度で運動が出来るので、普段から運動をしない人やお年寄りにピッタリなタイプになっています。

その他のポイントは下記になります。

  • チューブ長さ:106cm

エキスパンダーの正しい使い方とは?

こちらではエキスパンダーの使い方を鍛えられる部位ごとにそれぞれご紹介します。

  1. 背筋の鍛え方
  2. 腹筋の鍛え方
  3. 三角筋の鍛え方
  4. 胸筋の鍛え方

① 背筋の鍛え方

  1. エキスパンダーの両端を持って立ち、両手を上に上げてバンザイの体勢になります
  2. そのまま肘をおろしていき、背中にひきつけて広背筋を収縮させます
    このとき肩甲骨を引き寄せてくっつける意識を持つと背中全体が稼動します
  3. ゆっくりと戻し、負荷が抜けないところで再びおろします
  4. これらの動作を繰り返します

以下の動画も動きの参考にしてみてください。

②腹筋の鍛え方

  1. 足を軽く開き、チューブを両足でふみ、腰の後ろで両手でもちます
  2. おじぎをするように腰を曲げていき、チューブを伸ばしてゆっくり元に戻します
  3. ②の動作を繰り返します

③三角筋の鍛え方

  1. 立った状態でエキスパンダーの片方を足で固定します
  2. 固定した足と同じ側の腕でグリップを握り、肩の位置でセットします
  3. 腕を床と垂直にまっすぐ伸ばします
  4. 伸ばしきったら、一旦とめてゆっくりとおろします
  5. ③と④を繰り返します

④胸筋の鍛え方

  1. エキスパンダーを背中に回して両グリップを持ちます
  2. 両手を閉じていき、大胸筋を収縮させます
  3. ゆっくと閉じた手を開いて大胸筋をストレッチさせます

以下の動画も参考に大胸筋の動きを意識してみましょう。

エキスパンダーの注意事項とは?

こちらではエキスパンダーの注意事項をご紹介します。

  1. バネ製使用時は皮膚を挟まないよう注意
  2. ウォーミングアップを行ってから使用する
  3. はじめは弱めの負荷で使用する

① バネ製使用時は皮膚を挟まないよう注意

エキスパンダーの一番の注意点はバネ製を使うときに指や皮膚などを挟まないようにしてください。

チューブ製ははさむ心配がないので、はさむのが不安という人はチューブ式の方を選んだ方がいいかもしれません。

② ウォーミングアップを行ってから使用する

エキスパンダーは引っ張るだけで運動が出来るのですが、体に意外と負荷がかかっているので始める前にウォーミングアップなどを行ってから筋トレをするようにしましょう。

急に筋肉に負荷をかけてしまうと筋繊維が傷みやすくケガの元になります。

ストレッチを行う場合は動的ストレッチを行い、体を動かしながら筋肉をほぐしていくストレッチを行いましょう。

関連記事はこちら

③ はじめは弱めの負荷で使用する

筋トレの初心者の人は特に最初から頑張りすぎて自分に合っていない負荷をかけてしまう場合が多いです。

特に今まで筋トレなどの運動をしたことがない人は最初から負荷を強くかけないように、弱い負荷から始めて徐々に強くしていくことをおすすめします。

エキスパンダーの口コミとは?

最後に、エキスパンダーを使用した方の口コミをご紹介します。

  1. Winline 5連式チューブエキスパンダーの口コミ
  2. Wakusy 5連式 チューブエキスパンダーの口コミ
  3. 福島発條製作所 スタンダードエキスパンダーの口コミ
  4. a-VIE ベリーハードエキスパンダーの口コミ
  5. SINTEX ソフトエキスパンダーの口コミ

① Winline 5連式チューブエキスパンダーの口コミ

このエキスパンダーはゴム製でできていてるので金属製のものより安全だと思います
また、5本のチューブは簡単に本数を変更することができます、本数を調節することで強度を変えることができます
チューブの真ん中にゴム製の保護カバーがついています
これを使って、胸筋・背筋鍛えようと思います

 

ドアジムやぶらさがり棒と併用し、広背筋をメインに鍛える器具として最適です。(おそらく安全性の観点から)説明書には書いていませんでしたが、足で中心部を突っ張ってラットプルマシンのようにして使っています。

リファレンスに書いてある通り、使うこともできますが、ジムのマシン(腕に垂直方向に負荷がかかる)と比べ、肩関節への負荷が高いので使っていません。 ゴム5本でやると本当に肩間接が痛くなります。

どこか固定できる場所があれば、ジムのケーブルのマシンのように引っ張って大胸筋を鍛えることもできるでしょうが、怖くてやってません。 固定部がはずれた場合、固定具&本品が猛スピードで後頭部を直撃することになるので。。。

参照:こちら

② Wakusy 5連式 チューブエキスパンダー口コミ

年々筋力の衰えを感じる年代になってきて、このままだといけないと感じ、面倒なジム
通いも出来ないので、家にいながら体力維持のために個別に色々な器具を購入。
その中の一つにこのエキスパンダーを選んだのですが、値段も手頃で、安全性も高いので
この器具は地味な運動の繰り返しですが、効果も出やすいのでお気に入りです。

大胸筋や肩筋、上腕三頭筋に広背筋それぞれに効果が期待でき、特に大胸筋は目立って
効果が実感できるのが嬉しいです。ただし、やったりやらなかったりだと、意味がなくな
るので、毎日僅かでも続けることが大事です。

このエキスパンダーは、天然ゴム製(ラテックス)で丈夫そうです。一本に掛かる負荷は
10kgで全部で5本繋がっていて、自分の体力に応じて一本から出来ますが、大体2~3本か
らスタートしたほうが無難です。

グリップも握りやすくゴムの取り外しも簡単で、グリップの内側に洗濯バサミの摘まむ
ようなところがあるので、そこを摘まんで次にグリップの外側のゴムの繋がっているプラ
スチック部分(四角い)を引っ張ると簡単に外れ、はめ込むときはその反対に 差し込むだけ
で、カチッと音がして確実にはまります。

チューブの長さは50cm くらいで、体に触れる部分には保護カバーまで付いていて安全
です。昔のエキスパンダーは鉄製のスプリングで、肉や毛を挟んだり、 スプリングも外し
たり出来なかった物もありましたが、最近の製品は本当に良く出来ていて感心します。

一日の内の暇な時間を使って、体力作りに少しでも励みたいと思います。

参照:こちら

③ 福島発條製作所 スタンダードエキスパンダー口コミ

想像していた以上に良い商品でしたので満足してます。今までチューブ式のを使っていたのですが、すぐに切れてしまいほかに探していたところ、こちらの商品が日本製であるということもあり購入をきめました。
5連ではやはりきつく、3連で使用しています。

 

35年前使っていたものと酷似していて懐かしく、又使いやすく良い。
昨今の軽量化製品は脆く信頼性が薄いと感じる、この様なトレーニング機器には剛性が必要ではないだろうか、35年前使っていたものも父のお古で
10年ほど使ってたらしいが譲り受けてからもバネが弱くなり負荷が足りなくなるまで十数年使えたし期待できる。

参照:こちら

④ a-VIE ベリーハードエキスパンダーの口コミ

スプリングが取りはずせて良いです!体力に合わせて家族で使えます。

 

胸筋を鍛えられるということで購入してみたのですが、全く効いてる気がしません。これなら普通に胸筋を意識した腕立てとかした方が効くと思います。説明書が入っていないので、どうしたら胸筋にきかせられる等、わかりません。
価格は安いと思いますが、あまりお勧めしません。腕とかを鍛えたいのならダンベルをお勧めします。

参照:こちら

⑤ SINTEX ソフトエキスパンダーの口コミ

値段も値段でしたし、まあちょっと「遊び」道具くらいになればいいかなと思って購入しました。最初は油断しすぎて、思ったよりゴムの反発力があり、びっくろしました。いまでは慣れてきたので、ちょっとした気分転換にちょうど良い強度強度です。本格的な筋力をつけようと思ってるかたには、おススメはしません。

 

体力低下の状態からでの利用だったので、まず続けられる商品と考えた購入だったので、ソフトで良かった。数年前に購入した金属製のエキスパンダーも持っていますが、運動不足の体にはばねの反発が強く、これぐらいならとしばらく使用しようと思います。但し、価格がもう少し安ければシリーズ的に順次購入も考えますが、現在はこれ以上は難しいと考えています。

参照:こちら

まとめ

エキスパンダー選び方や使用方法を理解できましたでしょうか。

自分の目的にあった商品を選び、使用する際はバネを取り外して負荷を調整の上、正しい使い方で怪我のないように使うことを心がけましょう。

関連記事