トレーニング

トレーニンググローブのおすすめ6選!洗濯可、リストストラップ付きを比較|レディースもご紹介

2018.03.13

皆さん、本日はトレーニンググローブについて紹介したいと思います。

最近ジムでトレーニンググローブを装着している方が増えているかともいます。

しかし、未使用の方からしたら、装着するとどのような効果があるのか、といったことは詳しく分からないのではないでしょうか。

そこで今回はトレーニンググローブの効果や選び方、おすすめ商品から正しい使用方法までをご紹介いたします。

トレーニンググローブとは?その効果とは?

こちらではトレーニンググローブはそもそもどのようなもので、どのような効果があるのかをご紹介します。

  1. トレーニンググローブとは?
  2. トレーニンググローブの効果とは?

① トレーニンググローブとは?

トレーニンググローブとは筋トレなどのウエイトトレーニングをするときに使うグローブのことで、別名筋トレグローブとも言われています。

自宅で軽く筋トレやストレッチなどをする人はあまり使わないので知らない人が多いのですが、ウエイトトレーニングをする際には絶対に必要なものです。

② トレーニンググローブの効果とは?

1. 手のひら保護

まず、どのような効果があるのかというと、手のひらを保護することです。

ダンベルやバーベルを素手で持つとシャフトの重い部分の刻みが痛くなってしまったり、重たいウエイトを使うとマメが出来てしまうことがあるので、それを保護します。

激しいトレーニングをすると手の皮がむけて血が出る場合があるので、ウエイトトレーニングをする際は必須です。

2. 滑り止め効果

そして、他にも滑り止めの効果もあります。

握る部分が滑らないと高重量を扱うときに扱いやすいので、グローブは絶対に必要です。

また、ダンベルやプレートなどは落下の危険性がありとても危険なトレーニングになります。

素手でトレーニングをすると汗をかくことが多いので汗で重たいダンベルを落としてしまう可能性があります。

ですが、トレーニンググローブを使えば滑り止めになるので、安全にトレーニングをすることが出来ます。

トレーニンググローブの選び方とは?

こちらではトレーニンググローブの選び方をご紹介します。

選び方をしっかりと理解した上で、自分にあった商品を選べるようにしましょう。

  1. 洗濯可能か
  2. サイズ
  3. リストストラップの有無

① 洗濯可能か

運動をしていると意外とたくさんの汗を手のひらにかきます。

そのため、定期的に洗濯しないととても不衛生なので、簡単に洗えるものはとても重要です。

② サイズ

男性でも女性でも手のサイズは人それぞれ違うのでサイズ選びがたくさんあるととても使いやすいですよね。

グローブといっても小さいとトレーニングがしにくいですし、大きいとすぐに取れて危険です。

そのため、自分の手にピッタリなサイズのものが必要なので様々なサイズがあるのはとても大切です。

③ リストストラップの有無

リストストラップがあった方が手首を保護してくれ、トレーニングがしやすいので出来ればついていた方が便利です。

トレーニンググローブのおすすめ6選のご紹介

それでは、さきほどご紹介した選び方をもとにおすすめの商品を6つご紹介します。

編集部のおすすめは⑤のナイキトレーニンググローブレネゲードです。

おすすめの理由としては、より手を守る素材を使用している点が挙げられます。

それでは、下記の比較表も参考にして自分にあったものを選びましょう。

比較表1

洗濯可能か にじゅうまる さんかく さんかく
サイズ にじゅうまる まる にじゅうまる
リストストラップ にじゅうまる さんかく さんかく
金額 1,480円 4,180円ー4,644円 4,907円ー7,874円
コメント  リストストラップ付き  掌を保護する為の
パッド入り

 自然なカーブ形状採用
通気性に優れた
スパンデックス素材

おすすめ度 にじゅうまる まる まる
商品ページ  Trideer
トレーニンググローブ
ナイキ
トレーニンググローブ
レネゲード
ゴールドジム
プロトレーニング
グローブ

比較表2

洗濯可能か さんかく にじゅうまる さんかく
サイズ にじゅうまる にじゅうまる にじゅうまる
リストストラップ にじゅうまる にじゅうまる にじゅうまる
金額 1,480円ー1,599円
送料別途
1380円 1,280円
コメント  SBR材を採用
掌にハニカム構造のゴム

 クッション性に優れた
GEL素材
リストラップ付き

 マイクロファイバー弾性
メッシュ素材を使用
おすすめ度 まる にじゅうまる まる
商品ページ Unigear
ウェイトリフティング
グローブ
Trydea
トレーニンググローブ
ACEFITS
トレーニンググローブ

Trideer トレーニンググローブ 筋トレ ウェイトリフティンググローブ リストラップ付き

¥ 1,480 送料別途

詳しくはこちら

  • 洗濯可能か:◎
  • サイズ:◎
  • リストストラップ:◎

この商品は45cm長さを増したリストラップがついているので、腕関節を十分にサポートし、保護します。

特にベンチプレスなどのトレーニングの際、全面的にけがを防ぎます。

極細の繊維を使用しているので、吸水が速く、速乾、衛生的でニオイを防止します。

洗濯をすることも可能なので清潔に利用する事が出来るのが特徴です。

サイズも5サイズ用意されているので、自分に合ったものを選ぶことができます。

その他のポイントは下記になります。

  • サイズ
    • S:17-19cm
    • M: 19-20cm
    • L: 20-22cm
    • XL: 22-23.5cm
    • XXL:23.5-25cm

ナイキ メンズ レネゲード トレーニング グローブ

¥ 4,180 – ¥ 4,644

詳しくはこちら

  • 洗濯可能か:△
  • サイズ:〇
  • リストストラップ:△

ナイキのトレーニンググローブなので、丈夫なため、安心して利用する事が出来ます。

とても軽量なのですが、安定感が抜群なので、しっかりと手を保護してくれます。

さらに手のひらを保護してくれるパッドが入っているので使いやすいです。

洗濯が出来るとは記載していないのですが、手洗いなどは可能なので、たまに手洗いをしてください。

サイズはMとLしかないので、しっかりとサイズを確認してから購入してください。

リストラップは付いていないので欲しい場合は別で購入する必要があります。

その他のポイントは下記になります。

  • 素材:ポエステル・ポリウレタン・ナイロン

ゴールドジム プロトレーニンググローブ

¥ 4,907 – ¥ 7,874
詳しくはこちら

  • 洗濯可能か:△
  • サイズ:◎
  • リストストラップ:△

人間工学に基づいた自然なカーブ形状採用しているので、手にフィットしてとても使いやすいです。

関節に合わせてカーブを形成することで今までにないフィット感とグリップする際の握力の消耗を軽減します。

細部にまでこだわっているトレーニンググローブなので、こだわりが強い人にピッタリです。

洗濯が可能と記載されていないのですが、手洗いなら可能なので優しく洗ってください。

サイズはM、L、XL、XXLとあるので、サイズには困りません。

リストラップはないので欲しい人は別で購入する必要があります。

その他のポイントは下記になります。

  • サイズ
    • Mサイズ(手回り : 約22cm)
    • Lサイズ(手回り : 約23cm)
    • XLサイズ(手回り : 約24cm)
    • サイズXXL(手回り : 約25cm)

Unigear 筋トレウェイトリフティング グローブ トレーニング

¥ 1,499 – ¥ 1,599

詳しくはこちら

  • 洗濯可能か:△
  • サイズ:◎
  • リストストラップ:◎

掌の表面に耐耗性が高いシリコンを付いており、滑り止めに器具の握力を高める機能をします。
さらに、厚めSBR材を採用しトレーニング機材との衝撃などを減らしますし、マメ防止にも効果的です。

見た目は分厚そうに見えますが、通気性が優れているので、汗で蒸し暑い感じをさせなく快適感を与えます。

親指部分はタオルと同じ生地なので、汗拭きには便利です。

汗をかいても快適に使う事が出来るので激しいトレーニングにも使えます。

洗濯可能という記載がないのですが、手洗いなら可能な場合があるので、生地を見て判断してください。

サイズはS、M、Lと3つの種類があるので、手が大きい人も小さい人も自分にピッタリなものを選ぶことが出来ます。

リストラップもついているのでトレーニング時にとても重宝します。

その他のポイントは下記になります。

  • サイズ
    • S:掌の周り(約17~19cm)/掌の幅(約7.5~8cm)
    • M:掌の周り(約19~21cm)/掌の幅(約8~8.5cm)
    • L:掌の周り(約21~23cm)/掌の幅(約8.5~9cm)

Trydea トレーニンググローブ 筋トレ ウェイトリフティング

¥ 1,380

詳しくはこちら

  • 洗濯可能か:◎
  • サイズ:◎
  • リストストラップ:◎

このグローブの特徴は手のひらにクッション性にすぐれたGEL素材を使用しているところです。

マメの出来やすいところにGELを使用しているので、バーベルやダンベルなどを使ったときに摩擦から手のひらを守ってくれます。
さらに、人間工学に基づくデザインで作られているので最高のグリップ力とフィット感を実現し、手にフィットして使いやすく工夫がしてあります。
そして、指を引っ掛けて引っ張るだけで簡単に外せるフックがついているので、取り外しがとても簡単です。

洗濯が可能なので汗をかいたら毎回洗って清潔にしてください。

サイズは4種類あるので、自分に合ったものを選べます。

また、長さ30センチのリストラップがついているので、トレーニングのときに便利です。

その他のポイントは下記になります。

  • 長さ約30cmのリストラップ

ACEFITS トレーニンググローブ ウェイトリフティング

¥ 1,280

詳しくはこちら

  • 洗濯可能か:△
  • サイズ:◎
  • リストストラップ:◎

手のひらに5ミリの弾力材を入れている事で運動時の衝撃を吸収でき、ハンドルの反作用力を効果的に緩和して手のひらのを守ってくれます。

手の甲には吸収力、柔軟性、速乾性に優れているマイクロファイバー弾性生地を採用しているので使いやすさは抜群です。
そして、親指はタオル生地になっているので、汗を拭き取る事ができるため、トレーニング時はとても便利です。

洗濯が可能と記載されていないのですが、優しく洗う程度なら可能なので、試してみてください。

サイズはL、M、Sとあるので、自分のサイズに合ったものを購入してください。

この商品にはリストラップがついているので手首をしっかりと保護してくれます。

その他のポイントは下記になります。

  • サイズ
    • S17~19センチ
    • M19センチ~20センチ
    • L21~22センチ

レディースのおすすめトレーニンググローブのご紹介

こちらではレディースのトレーニンググローブをご紹介します。

Grong トレーニンググローブ 筋トレグローブ

¥ 1,280  通常送料無料

詳しくはこちら

  • 洗濯可能か:◎
  • サイズ:◎
  • リストストラップ:◎

手首にマジックテープがついているのでしっかりと調整が出来ます。

ロープ全面には弾性のあるクッションパッドを採用しており、痛みやマメ防止をしてくれます。
さらに滑り止めもついているので、どんなトレーニングをしても安全に使用することが出来ます。

洗濯が出来るのでこまめに洗濯することができます。

S、M、Lのサイズがあるので、自分に合ったもの選んでください。

リストラップも付いているので手首の保護も出来ます。

その他のポイントは下記になります。

  • サイズ
    • Sサイズ:21cm
    • Mサイズ:23cm
    • Lサイズ25cm
  • カラー
    • ブラック
    • ピンク
    • ブルー

LICLI トレーニンググローブ 筋トレ

¥ 1,152  通常送料無料

詳しくはこちら

  • 洗濯可能か:◎
  • サイズ:◎
  • リストストラップ:◎

手の甲部分のメッシュ素材は通気性に優れ、蒸れにくいです。

手のひら部分の素材はグリップ性の高い滑り止めの効果があるので、重いダンベルを持ってもしっかりと支えてくれます。

柔軟性、伸縮性が抜群なので、手にフィットしてとても使いやすいです。

洗濯は可能なのですが、手洗いをおすすめしているので、優しく洗ってください。

サイズはたくさんあるので、自分に合うサイズが見つかります。

ロングサイズのリストラップがあるので、手首をしっかりと保護してくれます。

その他のポイントは下記になります。

  • サイズ
    • M19-20cm
    • L21-22cm
    • XL22-23cm
  • カラー
    • ブルー
    • ブラウン
    • ブラック

トレーニンググローブが使えるトレーニングとは?

こちらではトレーニンググローブを使用するいわゆるウェイトトレーニングをご紹介します。

上半身と下半身、全身のトレーニングに分けてご紹介します。

ちなみにウェイトトレーニングに関しては、全身を鍛えるウェイトトレーニングおすすめ5選!効果ややり方、注意事項もご紹介!をご確認ください。

上半身のウェイトトレーニング

 

① ベンチプレス

ベンチプレス

  1. ベンチにまたがり、足を両側から床に降ろします。
  2. そのまま寝転がり、バーベルを握ります。手の幅は肩幅より少し広めにし、位置は胸(乳首)よりやや上めにします。
  3. 背中を仰け反らせアーチを作ります。この際に反らせすぎないのがポイントです。
  4. 大きく息を吸い、強く吐きながら一気にバーベルを持ち上げます。
  5. 反対に息を吸いながらゆっくりと胸の前に戻し、これを繰り返します。

ベンチプレスでは、このパターンが基本の形ですが、ベンチの角度や、もつ位置を変えることで胸筋のアプローチできる位置を変えることが出来ます。

詳しくはこちら

 

② ラットプルダウン

ラットプルダウン

  1. ラットプルダウンマシンに座ります。
  2. 椅子の高さを太ももの上にパッドが当たるくらいの位置にします。
  3. 次にバーを順手で握ります。手幅は肩幅よりやや広めにしましょう。
  4. バーを握ったら軽く肘を引き、重りを軽く浮かせたままで再びマシンに腰掛けます。
  5. フォームが完成したら、軽く息を吐き出します。
  6. 吐き出したら、息を吸いながら一気にバーを胸の前まで引きつけます。
  7. バーを引ききったら、ゆっくりと息を吐きながらバーを戻していきます。

基本的な動作とポイントは以上です。

反動をつけやすい種目であるため、しっかりと正しくアプローチするにはご自身が思っているよりも軽めの負荷の方がよい場合もあります。

フォームを固めてから行うよあなしてください。

詳しくはこちら

下半身のウェイトトレーニング

では続いて下半身です。

 

① デッドリフト

デッドリフト

  1. 左右の足幅と肩幅を同じにし直立します。
  2. 膝を少し曲げ、腰を落とします。
  3. その状態から尻を後ろに突き出します。
  4. 顔は下げず、前方やや上を見上げ、踵に体重をかけます。
  5. 腕は膝よりも外側で膝に軽く密着させて降ろします。

手で持ち上げるのではなく、全身を使うことを意識してください。

また、バーベルの握り方は片方は順手、片方は逆手で持つとバーベルの前後左右へのブレが無くなるためおすすめです。

詳しくはこちら

 

② ランジ

ランジ

  1. トレーニングシューズを履き、滑らないようにします。
  2. 肩幅ほど足を開き、背筋を伸ばし、腰に手を当てます。
  3. どちらか一方の足を前方に踏み出します。歩幅はおおよそで大股の一歩、肩幅×2くらいです。
  4. 再びスタート位置に戻り、呼吸を整えてゆっくりと息を吐き出します。吐ききったら、息を吸いながら足を踏み出します。
  5. 腰を落としていき、後ろ足のかかとから膝までが床と平行になるまで、さらに余裕があれば膝が床に付くスレスレまで降ろします。
  6. 腰を落とし切ったら、強く息を吐きながら腰を持ち上げ、前足で強く踏み切りスタートポジションに戻ります。

基本的な動作とポイントは以上です。

踏み出した脚を支える時、深く沈み込む時には大腿四頭筋が、沈み込んだ体を持ち上げる時、スタートポジションに戻る時にはハムストリングが稼働します。

詳しくはこちら

トレーニンググローブの注意事項とは?

こちらではトレーニンググローブの注意事項をご紹介します。

  1. サイズをしっかりと確認
  2. しっかりとフィットさせる
  3. 頻繁にトレーニングするなら2組用意

注意

①サイズをしっかりと確認

選ぶ際に最も注意しなくてはいけないのは自分に合ったサイズを選ぶという事です。

サイズが多きすぎるとグリップ力が弱まり、反対に小さすぎると食いこみが生じてきて使いにくくなります。

出来れば購入するまえは試着するのがおすすめなのですが、出来なければサイズを確認してから購入してください。

自分の手のサイズをしっかりと測ってから購入すれば間違いはありません。

② しっかりとフィットさせる

手にはめる際に手の奥までしっかりとグローブをはめて手の一体感を感じるくらいまでフィットさせてしようしましょう。

グローブが浮いていたり、奥まではめていなくて隙間がある状態ではグリップが悪くなり、逆効果になってしまいます。

③ 頻繁にトレーニングをするなら2組用意

トレーニングを頻繁に使うという人は出来れば2組そろえた方がいいです。

トレーニングはたくさん汗をかくのですが、グローブ自体が汗を吸収するようになっています。

そのため、そのままにしておくとニオイが発生したり、細菌が発生するということになります。

頻繁に使うならこまめに洗った方がいいので予備を持っていきましょう。

トレーニンググローブの口コミとは?

こちらでは、トレーニンググローブを使用した方の口コミをご紹介します。

  1.  Trideerトレーニンググローブの口コミ
  2. ナイキトレーニンググローブレネゲードの口コミ
  3. ゴールドジムプロトレーニンググローブの口コミ
  4. Unigearウェイトリフティンググローブの口コミ
  5. Trydeaトレーニンググローブの口コミ
  6. ACEFITSトレーニンググローブの口コミ

Trideerトレーニンググローブの口コミ

ジム、自宅での筋トレをしています。(ダンベル、懸垂、ベンチなど)
手のひらと手首の保護、そして グリップ力の増加のためにこのグローブを購入しました。
とても良いグローブです。 非常に満足です
リストラップがいいです 手首の固定もちょうどいい感じです。

参考URL:こちら

② ナイキトレーニンググローブレネゲード口コミ

口コミはありません。

③ ゴールドジムプロトレーニンググローブ口コミ

今まで使っていたグローブでは一番お気に入り。
手のひらに分厚いパットがなくチンニングしやすい・
グローブ脱着もしやすい。
耐久性と価格がもう少し安ければ最高

バーを握った時の感覚が素手で掴んでいるのに近い感覚。指の第一関節近くまで覆ってくれるのも良い。
面ファスナーが手首と手の甲の二か所にあるので正しいサイズを選べばダブつきはほとんどないでしょう。

参考URL:こちら

④ Unigearウェイトリフティンググローブの口コミ

ジムのトレーニング用に購入。175cm、68kgでMサイズがピッタリでした。手首のサポートがしっかりしてるのと、掌側のクッションのお陰でプレス系の種目は楽になりました。
一方で掌の滑り止めはあくまでも気休め程度なのでプル系の種目はグローブ無しとあまり変わり無い感じです。手の甲の部分はコンプレッションウェアなどで使われているような素材で伸縮性があって着け心地が良いです。

このグローブの一番良いのは機能的な部分ではなく派手なカラーリングです。このグローブをはめると派手なカラーリングのお陰でテンションが上がり、モチベーション高くトレーニングに取り組めるのが良いです。

ダンベルトレーニング時に着用して、マメが出来にくくました。通気性もよくベタベタしにくいですし、フィット感や肌触り、ストレッチ性も良い感じです。以前購入したグローブは破れたり、洗濯して縮んだりしたのですが、今のところこちらは縮んだりボロボロになったりはしていませんね。見た目もなかなかカッコいいので気に入っております。入り口が狭いので、着脱時に少しだけ苦労するのですが、価格もとてもリーズナブルですし、トータル的には満足いく買い物でした!

参考URL:こちら

⑤ Trydeaトレーニンググローブの口コミ

使い始めて3ヶ月経って、ちょっと糸のほつれなどが出てきましたが利用には問題ないレベルで満足しています。この感じだと2年ぐらいは使えるかなと思っています。(週3回ペースでトレーニングしています)

とりあえず、1回使ってみたのでレビューします。
トレーニンググローブとして
1 着け心地 かなり良いです
蒸れにくいようにメッシュがあり、着けていての不快感がないです。
2 機能 かなり良いです
グリップがかなり効くように手のひら部分の素材がシリコン?ゴム?になっており、その面積も大きいです。さらにこの値段でリストバンドまで付いているのでトレーニング時に動きが安定します。大満足の一品でした。

ベンチプレスをしていて手首が痛くなり購入しました。
見た目は値段の割にしっかりとしていて通気性もよく紡織も丁寧でした。
手首もしっかり保護され痛みもなくなりました。
手のひらの握る部分がクッションみたいなのがつきしっかりとしており手のひらもマメは出来なくなりました。
半年ほど使用していると手のひら部分のクッションのスベりどめ部分が剥がれてき手首のマジックテープの付きも少し弱くなってきます。
でもまだまだ使えるのでぼくは使っていきます。

参考URL:こちら

⑥ ACEFITSトレーニンググローブの口コミ

週2回の懸垂でタコができ、削ってもすぐに分厚いタコに逆戻り・・・懸垂が苦痛でした。
こちらのグローブを使用すると痛みもなく、グリップもシッカリとしているので懸垂に集中できます。
ダンベルも滑らず、手の平や手首の負担が軽減されレップ数も伸びました。
もっと早くに購入していれば、もう少し筋肉も成長できてたかもしれません。

以前は本革と伸縮生地のグローブを使っていました。
トレーニング後にグローブを脱ぐ際に中指と人差し指の部分を引っ張って
グローブを脱いでいましたが、手汗のせいで脱げにくい状態だったこともあり、どうしてもその部分の劣化が激しく、消耗品レベルでグローブを買い替えていました。
この商品は脱ぐ時に指を引っかけるフックが付いており、とても便利。
個人的な感想ですが、フックがバーベルを握る時に邪魔になったり、違和感を感じたりすることも無く、いつも通りのトレーニングが出来ました。
まだフックの耐久性は分かりませんが、グローブ自体の着け心地なども悪くなく、良い商品だと思います。

参考URL:こちら

まとめ

トレーニンググローブの選び方や使用方法、おすすめ商品をご紹介いたしました。

今回ご紹介した選び方を理解した上で、あなたに合ったおすすめ商品を見つけ、自身の理想とするトレーニングを手に入れましょう。

関連記事