トレーニング

インクラインベンチのおすすめ6選!折りたたみ式や機能を比較|使い方、口コミもご紹介

2018.03.19

みなさん、インクラインベンチをご存知でしょうか?

インクラインベンチとは、トレーニングベンチであり、フラットベンチではできない様々なトレーニングができる商品です。

そんなインクラインベンチが気になるものの、実際にどのようなもので、どんな効果があるのか分からないといった方も多いことでしょう。

また、選び方やおすすめ商品、使い方も良く分からないと行った人はいるかと思います。

今回はそんな方々のために、インクラインベンチの効果や選び方、おすすめ商品から使い方まで詳しくご紹介します。

インクラインベンチプレスは大胸筋上部を鍛えろ!インクラインベンチプレスとは?効果、やり方のご紹介|回数・セット数、注意事項もをご確認ください。

インクラインベンチとは?その効果とは?

こちらではインクラインベンチはそもそもどのようなもので、どのような効果があるのかをご紹介します。

  1. インクラインベンチとは?
  2. インクラインベンチの効果とは?

① インクラインベンチとは?

インクラインベンチとは、フラットベンチとは異なり背もたれがあり、背もたれの角度が変えられるトレーニングベンチの事です。

② インクラインベンチの効果とは?

フラットベンチではできなかった様々なトレーニングができるうえ、身体のお腹側をシートにつけることでベントオーバーが必要なトレーニングができます。

角度が変えられることで、様々な角度から筋肉を鍛えることができます。

インクラインベンチでのトレーニングで一番有名なものとして、インクラインベンチプレスがあります。

インクラインベンチの選び方とは?

こちらではインクラインベンチの選び方をご紹介します。

選び方をしっかりと理解した上で、自分にあった商品を選べるようにしましょう。

  1. 折りたたみ式か
  2. 耐荷重
  3. 角度調節の機能性

① 折りたたみ可能か

トレーニングベンチは家に置くと場所を大きくとってしまいます。

そのためホームトレーニングをする際は、折り畳み式かどうかは部屋の広さによってチェックしておいたほうがよいでしょう。

② 耐荷重

安全性や、トレーニングのバリエーションを増やすためにも耐荷重は必ずチェックをしましょう。
トレーニング中に器具が壊れてしまうと、思わぬケガにつながる可能性があります。

(自重+トレーニングで使用する重量)の数字はあらかじめ計算しておきましょう。

余裕をもった耐荷重のものを選ぶことが大切です。

③角度調節の機能性

インクラインベンチの魅力は何といっても背もたれの角度が調整できることです。
ですので、角度調節機能の充実さは商品を選ぶうえで重要になります。

(背もたれの調節可能数×座面の調整可能数)が全体での角度調節可能数になります。

軽いトレーニングでしたらそこまで角度幅は必要がないかもしれません。

本格的に鍛えたい人は、トレーニングのバリエーションを増やすために、様々な角度を調節できるものがおすすめです。

インクラインベンチのおすすめ6選のご紹介

それでは、さきほどご紹介した選び方をもとにおすすめの商品を5つご紹介します。

下記の比較表も参考にして自分にあったものを選びましょう。

ちなみに、一番のおすすめは①のUltrasport(ウルトラスポーツ) トレーニングベンチ 折り畳み可能です。
理由としては、折りたたみ式でデクライン対応、調節機能も充実しているからです。

比較表1

折りたたみ可能か 可能 可能 不可
耐荷重 500kg 300kg 300kg
角度調節の機能性 21段階調節可能 18段階調節可能 40段階調節可能
金額 10,999円 11,800円 10,700円
コメント  腹筋バー付き
デクライン対応
 3点フレーム構造
デクライン対応
 移動用キャスター付き
ワンタッチ調節
おすすめ度 にじゅうまる まる にじゅうまる
商品ページ Ultrasport
トレーニングベンチ
折り畳み可能
リーディングエッジ
フラットベンチ
インクライン
YouTen
インクラインベンチ
トレーニングベンチ

比較表2

折りたたみ可能か 不可 不可 可能
耐荷重 300kg 200kg 400kg
角度調節の機能性 33段階調節可能 21段階調節可能 18段階調整可能
金額 10,800円 13,800円 11,500円
コメント  腹筋バー付き
90度対応
 ドラゴン
フラッグバー装着可能
デクライン対応
 腹筋バー付き
おすすめ度 まる まる まる
商品ページ マッスルプロジェクト
インクラインベンチ
MP-TB03
MRG
インクラインベンチ
デクラインベンチ
NOYOK
トレーニングベンチ
フラットインクラインベンチ

Ultrasport(ウルトラスポーツ) トレーニングベンチ 折り畳み可能

Ultrasport(ウルトラスポーツ) トレーニングベンチ 折り畳み可能

10,999円 通常配送無料

詳しくはこちら

  • 折りたたみ可能か:可能
  • 耐荷重:500kg
  • 角度調節の機能性:21段階調節可能

折りたたみが可能なうえ、500kgまでの耐荷重、角度調節も問題ないので、様々なトレーニングンに使うことができます。

デクラインも対応しているのでさらに負荷のかかるトレーニングをしたい方や、初めて購入を考えている方にはおすすめです。

その他のポイントは下記になります。

  • サイズ:約145 x 43 x 115cm
  • 折りたたみ時サイズ:約85 x 43 x 20 cm
  • シートパッド:3段階に調整可能
  • バックシート:7段階に調整可能

リーディングエッジ フラットベンチ インクライン

リーディングエッジ フラットベンチ インクライン

11,800円

詳しくはこちら

  • 折りたたみ可能か:可能
  • 耐荷重:300kg
  • 角度調節の機能性:18段階節可能

デクライン(マイナス角度)の調節が可能なので上級向けなトレーニングができるうえ、3点フレーム構造なのでフラット時の背もたれシートがたわみにくくなっています。

3点フレーム構造により、重量のあるダンベルトレーニングなどの際にも背中を安定させることが可能です。

その他のポイントは下記になります。

  • 三点フレーム構造
  • インクライン角度:30-45-60-70度
  • デクライン対応  四層構造シート
  • サイズ:幅54×長さ125×高さ42-123cm シート厚5cm+補強フレーム3cm
  • 前脚折りたたみ式
  • 重量:約18kg
  • 耐荷重:300kg ※国内第三者機関にて750kg荷重検査済み
  • 簡易工具同梱、1年間の製品保証付き

YouTen(ユーテン) インクラインベンチ  トレーニングベンチ

YouTen(ユーテン) インクラインベンチ トレーニングベンチ

10,700円

詳しくはこちら

  • 折りたたみ可能か:不可
  • 耐荷重:300kg
  • 角度調節の機能性:40段階調整可能

角度調節が充実しているうえ、ワンタッチで調節できるのですごく使い勝手がいいです。

また、移動用のキャスターとハンドルがついているので楽に動かすことが可能です。

折りたたみ式ではないので部屋の広さに注意しましょう。

その他のポイントは下記になります。

  • 本体サイズ:幅約480mm×長さ約1,280mm×高さ約460~1,090mm
  • 重量:約21.5kg
  • 梱包サイズ:幅約430mm×長さ約1,120mm×高さ約200mm
  • 素材:スチール、ウレタン、PVC
  • 付属品:組立パーツ・工具・説明書

④ マッスルプロジェクト インクラインベンチ  MP-TB03

マッスルプロジェクト インクラインベンチ  MP-TB03

10,800円

詳しくはこちら

  • 折りたたみ式か:不可
  • 耐荷重:300kg
  • 角度調節の機能性:33段階調整可能

バックシートを90度まで調節でき、レバーをさしこむことで調節ができます。

フロントシートの足元には足をひっかける腹筋バーが搭載されているので、足を固定し、腹筋運動をすることができます。
腹筋バーは上下に180度か可動し、傾斜やトレーニングに合わせて足にフィットするので幅広くトレーニングができます。

その他のポイントは下記になります。

  • 固定腹筋バー付属
  • クッション性が高い厚さ6cmのシート採用
  • PVC人工皮革
  • 落ち着きのあるマッドカラー
  • 幅30cmの幅広シート
  • サイズ:組み立て時 約(幅)128×(奥行)52 ×(高さ)47~115cm / シート幅:30cm
  • 重量:約16.5kg

MRG  インクラインベンチ デクラインベンチ

MRG  インクラインベンチ デクラインベンチ

13,800円

詳しくはこちら

  • 折りたたみ可能か:不可
  • 耐荷重:200kg
  • 角度調節の機能性:21段階調節可能

ドラゴンフラッグバーが装着可能なため、胸筋・広背筋・腕筋・腹筋・体幹などの自重トレーニングが可能です。

デクライン調節もできるため、家で本格的に鍛えたい方におすすめの器具です。

その他のポイントは下記になります。

  • 上級者向け腹筋トレーニング「ドラゴンフラッグ」に使えるバーが装着可能
  • 全体サイズ:51×121×47~116cm、シート幅24cm
  • 重量:約22kg
  • 組み立て式
  • 付属:組み立て説明書、組み立て工具
  • 保証:1年保証

NOYOK(ノヨック) トレーニングベンチ フラットインクラインベンチ

NOYOK(ノヨック) トレーニングベンチ フラットインクラインベンチ

11,500円

詳しくはこちら

  • 折りたたみ可能か:可能
  • 耐荷重:400kg
  • 角度調節の機能性:18段階調節可能

耐荷重が400kgありながら、コンパクトに折りたたむことも可能なので、使わないときには場所をとらずに収納することが可能です。

また、トレーニング中にベンチが揺れてバランスが取りずらいときは、脚部のキャップを回すことで、ベンチのバランスを調節する機能も付いています。

その他のポイントは下記になります。

  • サイズ:137×43×42cm
  • 折りたたみ時サイズ:87×43×24cm
  • 重量:12.3kg
  • 材質:スチール/PVC

インクラインベンチの使い方とは?

ここからは、インクラインベンチの基本的な使いかを説明します。

通常のベンチプレスの動作をマスターされている方に取っては比較的簡単です。

しかし、トレーニングを始めたばかりの方には少し難しいため、まずは通常のベンチプレスで大胸筋をしっかりと伸展、収縮させられるようになってから行うことをおすすめします。

では、やり方を以下に記しますので参考にしてください。

インクラインベンチプレス

  1. ベンチの角度は30〜45度にし、インクライン用のベンチプレスに仰向けになり、胸の前にバーベルをセットします。
  2. バーベルは、乳首と鎖骨の中間あたりにセットしてください。
  3. 足はしっかり床について踏ん張れるようにしてください。
  4. 背中に軽くアーチを作り、肩甲骨を閉じることで肘を後ろに引いていき、バーベルを握ります。
  5. ポジションが決まったら、バーベルを胸に降ろしセットします。
  6. セットが完了したら、大きく息を吸って止めます。
  7. 息を強く吐きながら、または止めたまま一気にバーベルを真上に挙上します。
  8. ピークでは2〜3秒ほどキープします
  9. ややゆっくり目のスピードで降ろします。ピークでは、肘は少しだけ曲げるようにしてください。

基本的なフォームや動作は以上です。

また、さらに詳細にトレーニング方法を知りたい方は以下のページを参照するとよいでしょう。

大胸筋上部を鍛えろ!インクラインベンチプレスとは?効果、やり方のご紹介|回数・セット数、注意事項も

インクラインベンチの注意事項とは?

こちらではインクラインベンチの注意事項をご紹介します。

  1. オーバートレーニング
  2. 正しいフォームで行う
  3. 初めは無理はしない
  4. 大胸筋全体のバルクアップには向かない

注意

① オーバートレーニング

ベンチの角度を高めにしトレーニングをすると、三角筋をはじめとする肩の負荷が強くなります。

特にインクラインベンチプレス三角筋に大きく負荷をかけるため、翌日にも肩のトレーニングをしてしまうとオーバートレーニングになってしまう可能性もあります。

トレーニングをする際は、肩の筋肉へどれくらい負荷がかかるのか把握しておくと良いでしょう。

② 正しいフォームで行う

正しいフォームで行わないと効果が得られないどころか怪我に繋がる危険もあります。

インクラインベンチは角度をつけられるので、フラットベンチに比べ肩や大胸筋への負荷を高めトレーニングを行うことができます。

負荷が多くなるということは効果が大きくなる半面、ケガの危険もありますので十分注意しましょう。

③ 初めは無理はしない

トレーニング全般で、初心者の方は無理は控えましょう。

特にベンチプレス系は、最初のうちに無理をして上がりきらずに潰れて怪我をする可能性があるので注意が必要です。

慣れてくるまでは、大きく負担をかけることは避けましょう。

④ 大胸筋全体のバルクアップには向かない

インクラインベンチプレスは大胸筋上部の繊維に大きく刺激するので、全体的に鍛えてバルクアップするのには向きません。

また、フラットベンチプレスに比べ扱える重量が小さくなってしまう点もあるので注意が必要です。

インクラインベンチの口コミとは?

こちらでは、インクラインベンチを使用した方の口コミをご紹介します。

  1. Ultrasport(ウルトラスポーツ) トレーニングベンチ 折り畳み可能の口コミ
  2. リーディングエッジ フラットベンチ インクラインの口コミ
  3. YouTen(ユーテン) インクラインベンチ トレーニングベンチの口コミ
  4. マッスルプロジェクト インクラインベンチ  MP-TB03の口コミ
  5. MRG  インクラインベンチ デクラインベンチの口コミ
  6. NOYOK(ノヨック) トレーニングベンチ フラットインクラインベンチ の口コミ

① Ultrasport(ウルトラスポーツ) トレーニングベンチ 折り畳み可能の口コミ

折りたたみ簡単なんで買って良かったです!筋トレ歴は浅いんで自分が扱う重量では充分です。あえて言うならシートの角度調整がもう少し細かくできたら最高かなと

CP最高で、部屋の狭いホームトレーニーに
とっては文句なし!思ったより軽かったです。
最初、背もたれの支えのピンが入りませんでしたが
プラハンでバチコン!打ち込んだら入りました。
それ以後は、割とスムーズに手だけで入るように
なりました。

参照:こちら

② リーディングエッジ フラットベンチ インクライン口コミ

安定感がありかなりしっかりしてます。
この値段でこのクオリティはすごいですね!

レビューのない状態で購入を決めました。
理由としては一万円前後の予算。インクライン、フラット、デクラインができる。座面が低い。
この点を満たしていたのが大きかったです!
配達も予定日より前に届きました。
クオリティは予想以上で前出の方がおっしゃる通り文句のつけどころがありません❀︎.(*’◡︎`*)❀︎.
説明になかったと思いますが折りたたみができて立て掛け収納が出来ますし、脚の片側にはコロも付いてます!90度がないおかげでフラット時の座面シートと背面シートの隙間が少ないのもいい❗️
春先から探してたベンチ。妥協せずに待ってた甲斐がありました😀

参照:こちら

③ YouTen(ユーテン) インクラインベンチ トレーニングベンチ口コミ

値段の割に頑丈なつくりです。
組み立てに少々時間が掛かりましたが、完成後のデキに満足!
トレーニングレベルがパワーアップしそうです!

購入して未だ1週間程度。初期不良が一箇所だけありましたシート裏のネジ穴がバカになってしまっていました。なお写真を添付したメールで連絡したところすぐに対応いただけたので満足です。
製品自体は値段の割には優良だと思います。かなり優秀な印象です。
いい買い物だったと思います。ありがとうございました。

参照:こちら

④ マッスルプロジェクト インクラインベンチ  MP-TB03の口コミ

この値段でこのクオリティだととてもいいと思います。
目立ったガタつきもありませんし、角度の調整も慣れるとスムーズに行えます。
ダンベルを使ったトレーニングの種類が一気に増えて満足しています。
細かい角度調整ができるので狙った筋肉を刺激しやすくなりました。
見た目もロゴマーク以外は気に入ってます
とてもいい商品だと思います

一番良いところは多用な角度がつけられるところです。トレーニングが好きな方、趣味にされている方、お薦めです。ジムなどに行きたくない方、時間がない方、自宅に置いておけば、様々なトレーニングができます。ジムに行かなくても、実現したい体をつくることができます。

参照:こちら

⑤ MRG  インクラインベンチ デクラインベンチの口コミ

値段を考えると十分な品質です。
数ヶ月ほど使用していますが特に問題なく使用できております。
耐久性も十分と感じました。

シートの向きが解らないとかナットのところにパッキンが邪魔でハメられないなどレビューがあり不安ながらも購入しました。自分は付属の説明書?みたいなものを良く見ながら組み立てました!よく見れば向きもわかりましたしナットも向きもわかりました( ^ω^ )
不具合もぐらつきもなく使ってます。

参照:こちら

⑥ NOYOK(ノヨック) トレーニングベンチ フラットインクラインベンチ の口コミ

普段はジムに通っていますが、時間がどうしても取れない時に使っています。
家で軽くトレーニングするには十分でしょう!
折畳みタイプ 嵩張らず収納可能
ワンルームで一人暮らしの自分にとっては丁度いいです。

背もたれ部分の角度調整は細かくできてすごく良い商品です、座面の幅が広いので、足が踏ん張りにくいです。トレーニングが好きな方、趣味にされている方、お薦めです。

参照:こちら

まとめ

インクラインベンチの効果や選び方、おすすめ商品から使い方までしっかりご理解いただけましたでしょうか。

自分の目的にあった商品を選び、使用する際は正しい使い方で怪我のないように使うことを心がけましょう。

関連記事