ダイエット

ダイエット、デトックスに最適!ファスティングの方法とは

2016.01.16
jill111 / Pixabay

ダイエットデトックスに効果的で、現在注目されているファスティング

今回は「ファスティングの種類・方法」、「ファスティング中の注意点」、
「使用するドリンクの選び方」についてお伝えしたいと思います。

ファスティングの種類・方法

①半日ファスティング

1食をファスティングドリンクにし、半日以上固形物を口にしない、
いわゆる「置き換えダイエット」のような方法です。

短時間のため、デトックス効果は見込めませんが、代謝アップ&内臓の休息ができます。

人間の体は、4時〜12時は「排泄」の時間、12時〜20時は「栄養補給と消化」の時間、
20時〜4時は「代謝」の時間というように時間帯で異なる役割を果たしています。

この体のリズムを考えると、半日ファスティングを行う場合、朝に行うのがより効果的と言えるでしょう

②1日ファスティング

丸1日、水とファスティングドリンクのみで過ごす方法です。

こちらもデトックス効果はあまり見込めませんが、
代謝アップ&内臓の休息ができ、半日ファスティングより効果を実感しやすいです。

1日ファスティングを行う場合は、前日の夜20時以降は固形物の摂取を控え、
翌日の朝食は消化に負担のかからない食事にすることが望ましいです。

③3日以上のファスティング

3日以上のファスティングの場合、半日や1日の場合と異なり、
「準備期間-ファスティング期間-復食期間」この3つの期間で1セットとなります。

ファスティング期間と同じ日数もしくはそれ以上の準備・復食期間が必要です。

薬を常用していたり、喫煙されている方は準備・復食期間を少し長めにとることをオススメします。

準備期間の食事はなるべく和食を心がけ、食事量も腹7分目に留めましょう。

ファスティング前日は夜20時以降の固形物の摂取を控えます。

復食期間の初日の朝は重湯、それ以降はお粥+具なしの味噌汁、
もしくはスムージーなどにして、急に固形物をとらないように注意して下さい。

復食期間の2日目以降もお粥+消化に優しい食事を心がけましょう。

ファスティング中の注意点

  • ファスティングドリンクは適量を1日5〜10回程度に分けて摂取しましょう。
  • ファスティング中は普段よりもこまめな水分補給を心がけましょう(目安は1.5〜2L)。
    コーヒー・紅茶・緑茶などのカフェインを含む飲み物、冷えた飲み物をたくさんとるのは控えましょう。
  • ファスティング中は料理の味見、ガム・飴などの間食、タバコ、
    アルコール、激しい運動、熱いお風呂への長時間の入浴、サウナの利用を控えましょう。
  • サプリメントや薬の服用はなるべく避け、使用する場合は復食期間2日以降にしましょう。
    ステロイド薬などの服用を中断すると危険な薬を服用中の方は、必ず医師や薬剤師にご相談下さい。
  • ファスティング中は頭痛が出やすく、ファスティングドリンクを少し多めに飲むと改善することが多いです。
    それでも治らなかったり、不調を感じた場合は、無理せず途中でもファスティングを中止しましょう。
    中止する場合は復食期間に準じた食事内容にして下さい。

使用するドリンクの選び方

水だけのファスティングだと細胞を活発にしてくれる必要な栄養素が含まれず、
日頃の食事での摂取カロリーとの落差が大きいため、体調を壊しかねません。

必ず「ファスティング専用」と記載のあるドリンクを使用しましょう。
希釈していない原液タイプのものは、添加物の使用も少ないのでオススメです。

また、ミキサーで作るスムージーは繊維が入ってしまい、
消化機能が働いてしまうため、ファスティングには向きません。

フレッシュジュースでファスティングを行いたい場合は、
繊維を取り除いた「コールドプレスジュース」を使用しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

正しい方法を守れば、安全で効果的なファスティング

特に将来妊娠を考えている若い世代の女性には、
デトックスにオススメの美容・健康法です。皆さん、ぜひお試し下さい。

前回の記事はこちら:ダイエット、デトックスに最適!今話題のファスティングとは?

関連記事