健康

寒くなると増加する冬骨折に要注意!骨を強化するポイントとは

2016.01.19
tookapic / Pixabay

前回は、大腿骨骨折は、がピークとなります。
また、高齢者ばかりでなく、若い層 の女性の骨折率が増加するというお話をしました。

今回は、、、、
現代人の骨の強度、骨を丈夫にする栄養素、食事についてご説明します。

50 代以上の女性の 6 割は骨が弱っていた!!

骨強度がわかるスティフネス値の測定

【50 代以上女性 447 人の測定結果】 骨強度がわかるスティフネス値の測定 20

2014 年 3 月に行われた骨の健康チェックイベント。

そこでの骨強度測定結果では、
50 代以上の女性の 6 割に骨強度の低下がみられました。

骨は女性ホルモンと関連しているため、
閉経後、急激に骨が弱る傾向があります。

50 代以上の女性は、
今すぐに骨のケアをスタートさせないと、骨折のリスクも高まっ てしまいます。

骨のために必要な栄養素「カルシウム」日本人に唯一不足している栄養素

骨のケアには骨の材料となる「カルシウム」が重要です。

しかし、カルシウムは唯一 日本人に不足している栄養素。
成人女性では必要なカルシウム量に対して 1 日 200mg以上も不足しているのです。

必要なカルシウム量

2014 年 3 月実施50 代以上女性 447 人 株式会社ケアプロ調べ

※厚生労働省 平成24年 国民健康・栄養調査 骨の健康チェックイベントで
実施したアンケートでも 8 割以上の方が必要なカルシウム 量は知らないという回答でした。

また、カルシウムの吸収を高めるビタミン D についても、
骨の老化が高い群では、約 4 割が必要性について理解されていませんでした。
(骨が健康な群では 8 割がビタミン D の必要性について理解)

病院ではカルシウムとビタミン D 強化ヨーグルトを導入

ヨーグルト

品川区にある「東京高輪病院」では、
カルシウムとビタミン D を強化したヨーグルト「ダノンデンシア」を病院の献立に導入しています。

管理栄養士の足立香代子(あだ ち・かよこ)先生は、

入院中はベッドで過ごす時間が増え、
日光にもあたらない生活 になり、骨が弱る条件が揃っています。

だからこそ、カルシウムやビタミン D がきちん と摂取できるものを
取り入れて骨の健康に留意しています。

350mg のカルシウムを 摂るために、
牛乳を 350ml 飲むのは大変ですが、食の細い高齢者や女性でも、
ヨー グルト 1 個であれば負担にならず食事としても楽しめ、
さらにヨーグルトは乳酸菌の働きでカルシウムが吸収されやすいという長所もあります。
週に 3 回、朝食として提供しています

とお話しています。

まとめ

骨の強化にはカルシウムが重要。

また、カルシウムの吸収を早めるビタミンDを一緒に摂取することが
できれば、より効率的に骨の強化をすることが出来ます。

様々な食物がありますが、ヨーグルトなどを活用して、
骨の強化の効率化を図ってみてはいかがでしょうか?

前回の記事はこちら:寒くなると増加する冬骨折に要注意!データから骨折を分析してみた。

関連記事