健康

【フラワーエッセンス】自分の心と向き合う花辞典《12ヒーラーズ編》アグリモニー

2016.01.22
Pezibear / Pixabay

どんな花

 

別名「協会の尖塔」、根の部分は肝臓の解毒薬としても使われます。

花が四方八方を向いていて、茎には繊毛があり、
フックのついた種を実らせ、他の植物他混じって生育しております。

【この花が表す人のタイプ】

「内側に苦しみや悲しみを秘めながら、表向きは明るい元気に振る舞う人」

  • 人のために全力で頑張る
  • 明るく振る舞う(四方八方に咲く花)
  • 本当の自分の悩みや苦痛は誰にも知られたくない(茎の繊毛、種のフック)

フラワーエッセンスで改善すること

フラワーエッセンス使用前の性格】

「明るく振舞いながら、心の中では苦しみを秘めてる人」

苦難 女性

By: gatag

 

いつも陽気で明るく楽しく人と接しているけど、
本当は心の中で悩みや心配事を抱え苦しんでいる。

他人の世話大好きで、自分の事になると実行へ移せない。
冗談を言って明るく振る舞うときは、自分の内側に入るのをバリアで隠くすため。

フラワーエッスンス使用後、期待できる性格】

平穏

By: gatag

「心に抱えた苦しみが浄化され、穏やかな気持ちで物事と向き合える人」

精神的な痛みが浄化され、平穏な気持ちになれます。
現実としっかり向き合い、自分の悩みがさほど重要でない事に気づく。

本来の落ち着きを取り戻し、問題や困難を前にしても平常心でいられるようになります。

まとめ

いかがですか?自分のタイプと一致していましたか?

ありのままの自分を出すのが、知られるのが怖いと感じるこのタイプ。
これを乗り越えた先には、本心で話せるようになり、
以前よりも人付き合いが良くなります。

相手からも誰にでも親切でやさしい人、
そばにいるだけで穏やかな気持ちになる人と印象もとてもいいです。

是非、身近な方でありのままの自分を出せる相手を1人でも見つけられると心が楽になりますよ。

心が本当は涙でいっぱいで苦しい方はアグリモニーが少しずつ苦しみを和らげてくれますよ。

「ありの〜ままの〜姿みせるのよ〜♪」ですよ♪

関連記事