トレーニング

レッグエクステンションのおすすめ6選!折りたたみ式、機能などを比較|トレーニング、口コミも

2018.03.31

レッグエクステンションとはどのようなトレーニングマシンかご存知でしょうか。

普段運動をしていない方や、運動がすぐに飽きてしまいがちな方でも長く使用することができるトレーニングマシンです。

今回はそんなレッグエクステンションとは何か、レッグエクステンションの効果や、おすすめ商品、使用時の注意事項などをご紹介いたします。

レッグエクステンションとは?その効果とは?

こちらではレッグエクステンションはそもそもどのようなもので、どのような効果があるのかをご紹介します。

  1. レッグエクステンションとは?
  2. レッグエクステンションの効果とは?

① レッグエクステンションとは?

レッグエクステンションとは足の筋肉を収縮させることで太ももの前面に位置する大腿四頭筋を集中的に鍛えられるマシーンです。

レッグエクステンションといわれてもどんなものか分からないかもしれませんが、どんなジムでも必ずといってもいいほど設置されているので、見れば分かる人が多いでしょう。

② レッグエクステンションの効果とは?

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)を鍛える事が出来るので足を細くする効果があります。

他にも大腿四頭筋は人間の体を構成する筋肉の中でもっとも大きい筋肉で知られているので、そこを鍛えれば自然と筋肉の量を増やして代謝をあげる事が出来るため、ダイエットに効果的です。

ですが、太ももを細くしたいという人は鍛えすぎてしまうと反対に筋肉がつきすぎて太くなってしまうので、負荷のかけすぎには注意が必要です。

レッグエクステンションの選び方とは?

こちらではレッグエクステンションの選び方をご紹介します。

選び方をしっかりと理解した上で、自分にあった商品を選べるようにしましょう。

  1. 折りたためるか
  2. 多彩なトレーニングが出来るか
  3. 背もたれの調整が可能か

① 折りたためるか

ジムにも置いてあるようなトレーニングマシンなので、当然場所をかなり取ります。

使っているときはそのままでも良いのですが、使わなくなったときは邪魔になります。そのため、たたんでしまっておけるタイプの方が便利です。

特にスペースがない人は折りたためるかどうかで決めるといいでしょう。

② 多彩なトレーニングが可能か

レッグエクステンションだけではなく、他のトレーニングが出来るとさらに便利なので、全身トレーニングが出来るタイプのものを選ぶといいでしょう。

特に体全体を鍛えたい人は色々なトレーニングマシーンを買うよりも多彩な機能がついているものを買った方が一つのマシーンですむので場所を取りません。

③ 背もたれの調整可能

背もたれの調整ができた方が自分が好きな高さに調整できるので便利です。出来るだけ細かく調整できるものを選ぶと良いですね。

レッグエクステンションのおすすめ6選のご紹介

それでは、さきほどご紹介した選び方をもとにおすすめの商品を6つご紹介します。

編集部のおすすめは①のALINCO  G3100 レッグエクステンション

おすすめの理由としては廉価で多彩なトレーニングができて、且つ折りたたみ収納が可能なところです。

下記の比較表も参考にして自分にあったものを選びましょう。

比較表1

折りたためるか 不可 不可
多彩なトレーニングが可能か にじゅうまる にじゅうまる にじゅうまる
背もたれの調整が可能か まる にじゅうまる にじゅうまる
金額  5,980円  27,000円  8,800円
コメント

 運動強度を
3段階で調節
折りたたみ機能

 バックシート7段階調整
フロントシート
自動角度調整

 フラットから90°まで
4段階調整可能
おすすめ度 にじゅうまる まる まる
商品ページ ALINCO
マルチアームジム G3100
レッグエクステンション
IROTEC
マルチポジションベンチ
WASAI
マルチベンチ
フラットインクラインベンチ

比較表

折りたためるか 不可 不可
多彩なトレーニングが可能か にじゅうまる まる にじゅうまる
背もたれ調整が可能か にじゅうまる さんかく まる
金額  21500円  7,980円  70,740円
コメント  多彩なトレーニングが可能  分割収納が可能

日本人の体格設計
背もたれ3段階

おすすめ度 まる まる まる
商品ページ WILD
ワイルドフィット
インクライングクラインベンチ
ALINCO
マルチローイングジムDX
DANNO
レッグカール
レッグエクステンションベンチ

ALINCO マルチアームジム G3100 トレーニングベンチ レッグエクステンション

¥ 5,980

詳しくはこちら

  • 折りたためるか:可
  • 多彩なトレーニングが可能:◎
  • 背もたれ調整が可能:〇

足だけでなく、背筋や上半身までしっかりと鍛える事が出来るマルチアームジムです。

レッグパットは腹筋運動時は固定、足を鍛えるトレーニングでは可動させることが可能でさらに、運動強度を3段階で調節ができます。

安価なわりには機能がたくさんついているので、体を鍛えたい人はこの器具があればとても便利です。

また、コンパクト収納が可能なので細い隙間に収納が出来ます。

その他のポイントは下記になります。

  • サイズ:
    • 幅86×奥行117.5×高さ87.5cm
  • 重量
    • 10.5kg

IROTEC マルチポジションベンチ

¥ 27,000

詳しくはこちら

  • 折りたためるか:不可
  • 多彩なトレーニングが可能:◎
  • 背もたれ調整が可能:◎

デザインにもこだわった注目のマシンです。

足はもちろん、全身どこでも鍛える事が出来るので体を鍛えたい人にかなりおすすめです。
多機能なので、とても使いやすい商品です。

背もたれは7段階調整が出来るのでかなり細かく調整が出来ます。

ただ、折りたたむ事が出来ないので購入する場合は置き場所があるかどうか確かめてください。

その他のポイントは下記になります。

  • サイズ
    • W70×D175×H55~121cm(シート高55cm)

WASAI マルチベンチ フラットインクラインベンチ ダンベルベンチ

¥ 8,800

詳しくはこちら

  • 折りたためるか:不可
  • 多彩なトレーニングが可能:◎
  • 背もたれ調整が可能:◎

多彩なトレーニングが可能 バタフライ、ラットプル、インクラインプレス、レッグエクステンション、プリチャーカール、レッグカールがダンベルとダンベルプレートを利用しての本格的なトレーニングができます。
足だけではなく全身をたくさん鍛えたい人におすすめです。

背もたれは4段階の調整が可能なので自分が好きな高さに調整が出来ます。

折りたためるタイプではないので、購入前にサイズをしっかり確認しておきましょう。

その他のポイントは下記になります。

  • サイズ
    • (幅)50cm × (奥)150cm × (高)100cm
  • 重量
    • 約12kg

WILD ワイルドフィット インクライングクラインベンチ

¥ 21,500

詳しくはこちら

  • 折りたためるか:不可
  • 多彩なトレーニングが可能:◎
  • 背もたれ調整が可能:◎

多彩なトレーニングが可能なマシンで背もたれやシートの調整もしっかり出来ます。
プレートなどは別売りですが、購入すればさらにたくさんのトレーニングが出来るので、全身鍛えたい人は購入する事をおすすめします。

ただ、折りたためるタイプではないので、購入前にサイズをしっかり確認しておきましょう。

その他のポイントは下記になります。

  • サイズ
    • W55cm×D185cm×H117cm

ALINCO マルチローイングジムDX

¥ 7,980

詳しくはこちら

  • 折りたためるか:可
  • 多彩なトレーニングが可能:〇
  • 背もたれ調整が可能:△

足だけでなく、腹筋と人気のあるボート漕ぎがセットになったマシンです。
たくましい背中と引き締まった背中にぴったりな運動が出来るので上半身を鍛えたい人におすすめです。
これ1台でお腹と背中と足を鍛えることが出来ます。

ただ、背もたれの調整が出来ないので、細かい調整は難しいです。

本体が分割して折りたためるのでかなり小さく収納することが可能です。

その他のポイントは下記になります。

  • サイズ
    • 幅65.5×奥行104×高さ63cm

⑥ DANNOレッグカール&レッグエクステンションベンチ

¥ 70,740

詳しくはこちら

  • 折りたためるか:不可
  • 多彩なトレーニングが可能:◎
  • 背もたれ調整が可能:〇

日本国内で生産しておりますので、日本人の体格に合わせて設計されているので使いやすい器具です。
また、日本国内生産なので、丈夫に作られており耐久性も抜群です。

多彩なトレーニングも十分に出来るのでこれ1台でたくさんの体を鍛えられます。
背もたれの調整も出来るので自分が運動しやすいと思った角度にしましょう。

ただ、折りたためないのでサイズを見てから購入しましょう。

その他のポイントは下記になります。

  • サイズ
    • 全長155x全幅70xベンチ台75cm

レッグエクステンションの使い方とは?

レッグエクステンションの使い方は非常に簡単です。

基本的にはマシンで行いますが、チューブでもトレーニングは可能です。

以下にトレーニングのポイントを簡単記載していますので、参考にしてください。

レッグエクステンション

  1. 膝裏がちょうど座面の端にくるように座ります。動作をスムーズに行うため、足は床から浮く高さにしましょう。。
  2. 足首付近にパッドを当て、大腿部がブレないよう両脇にあるグリップハンドルをしっかりと握ります。
  3. セットが完了したら大きく息を吸って止め、強く吐きながらまたは止めたままで一気に膝を伸ばしパッドを持ち上げます。
  4. ピークまで来たら2〜3秒キープします。
  5. 息を吸いながらゆっくりと時間をかけて下ろしていきます。完全には下げきらず、少し負荷が残る位置でパッドを止めましょう。

基本的な動作とポイントは以上です。

こちらの内容に関して詳細に調べたい方は以下の記事をご参照ください。

【監修済み】大腿四頭筋を鍛えろ!レッグエクステンションとは?効果、やり方のご紹介

レッグエクステンションの注意事項とは?

こちらではレッグエクステンションの注意事項をご紹介します。

  1. 負荷をかけすぎない
  2. やりすぎに注意

注意

① 負荷をかけすぎない

レッグエクステンションで鍛える部分は太ももなのですが、負荷がかかりすぎるとどうしても思い切り蹴り上げるような動作になってしまいますが、これは絶対に良くありません。

ゆっくり太ももの筋肉を収縮させることを心がける事が大切です。

もし、負荷が重たいなら負荷を調整してキツすぎない程度にしましょう。

② やりすぎに注意

特に初心者は最初から気合が入って一日に何回もやりすぎてしまう事があります。

筋肉は1日2日でつくものではないので、少しずつ行う必要があります。

筋トレの回数の理想は週に2、3回で毎日行う必要はありません。

また、無理して1回で何度も行う必要はないので、自分に合わせて少しずつ筋トレをしていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

レッグエクステンションは簡単にでき、自宅でもできるトレーニングです。ダイエットの目的にトレーニングを行う方も多いですが、しっかりと正しいやり方で行えば筋肥大にも効果があるトレーニングです。

是非、普段のトレーニングに取り入れてみてください。

トレーニングを行う際には、正しいやり方や注意事項をしっかりと理解した上で行いましょう。

関連記事