トレーニング

ダンベルシャフトのおすすめ6選!長さ、重さなどを比較|ダンベルグリップ、口コミも

2018.04.04

みなさん、ダンベルシャフトをご存知でしょうか?

ダンベルシャフトとはダンベルを握る部分、棒のようになっているところです。

シャフトに対してプレートをつけるだけで自由にダンベルトレーニングが行えるトレーニング器具です。

今回は、ダンベルシャフトととはなにか?選び方やおすすめ商品、選び方、おすすめ商品まで詳しくご紹介します。

ダンベルのトレーニングはダンベルで出来る筋トレ!全身を鍛えるダンベルトレーニング12選!をご確認ください。

ダンベルシャフトとは?その効果とは?

こちらではダンベルシャフトはそもそもどのようなもので、どのような効果があるのかをご紹介します。

  1. ダンベルシャフトとは?
  2. ダンベルシャフトの種類とは?

① ダンベルシャフトとは?

ダンベルシャフトとはダンベルを握る部分、棒のようになっているところです。

シャフトを買えばあとはプレートをつけるだけでトレーニングが出来るのでダンベルトレーニングをする人にとっては絶対に必要です。

長さや重さはメーカーによって違うので自分に合うものを選ぶ事をおすすめします。

② ダンベルシャフトの種類とは?

ダンベルのシャフトにはプレートを固定するのにスクリュー式とレンチ式があります。

ねじ状のシャフトに対してストッパーを回転させて締めるのがスクリュー式、平坦なシャフトに対してストッパー上部の器具を回転させて固定するのがレンチ式です。

そして、スクリュー式の方がプレートを付け替えるのに時間がかかりますが、その分、ストッパーが緩みにくく、プレートが外れてしまうという事は少ないため、安全性が高いです。

ダンベルシャフトの選び方とは?

こちらではダンベルシャフトの選び方をご紹介します。

選び方をしっかりと理解した上で、自分にあった商品を選べるようにしましょう。

  1. 長さ
  2. 重さ
  3. ローレット加工がしてあるか

① 長さ

長い方がプレートをつける枚数を多く出来るので利便性が高いのですが、長い分、プレートをつけるのに手間がかかってしまうので、長すぎるのも大変です。

出来れば長いものと短いものの両方があれば便利なのですが、無理な場合は長すぎず、短すぎないものを選んだ方が良いですね。

② 重さ

ダンベルシャフトの重さもメーカーによって違いますが、初心者は重さが軽めのものを使うことをおすすめします。

軽い方が扱いやすいので女性や初心者の人は軽めのシャフトを選ぶ事をおすすめします。

③ローレット加工がしてあるか

このローレットとはダンベルシャフトの中央に施されているギザギザに削った部分のことです。

このローレットがしっかりとあるかないかではグリップ感にダイレクトに影響があります。

安価なダンベルシャフトだとローレット加工が弱く滑りやすいものなどがあるので、ローレット加工がしっかりと施されているものを選んだ方が良いです。

ダンベルシャフトのおすすめ6選のご紹介

それでは、さきほどご紹介した選び方をもとにおすすめの商品を6つご紹介します。

編集部のおすすめは⑤のSINTEX ダンベルシャフト 380㎜です。

この商品は比較的に長さが短めの商品で、特に初心者や女性におすすめです。

それでは、下記の比較表も参考にして自分にあったものを選びましょう。

比較表1

長さ にじゅうまる にじゅうまる まる
重さ にじゅうまる にじゅうまる まる
ローレット加工がしてあるか まる まる にじゅうまる
金額 2,360円
通常配送無料
 1,280円  1,800円
コメント ストッパー部分は
防音・床へのキズ防止

カラーのゆるみ
防止機能付き

 ローレット加工
おすすめ度 まる まる まる
商品ページ FIELDOOR
ダンベルシャフト
リーディングエッジ
ダンベルシャフトロング
PURE RISE
単品 シャフト

比較表2

長さ にじゅうまる にじゅうまる まる
重さ にじゅうまる にじゅうまる にじゅうまる
ローレット加工がしてあるか にじゅうまる にじゅうまる にじゅうまる
金額  3,564円  2,662円通常配送無料  5,562円
コメント 安心の
スクリュータイプ
 ローレット加工仕上げ  ローレット加工仕上げ
おすすめ度 にじゅうまる にじゅうまる まる
商品ページ IROTEC
レギュラー スクリュー
ダンベルシャフト
SINTEX
ダンベルシャフト
IROTEC
ロングスクリュー
ダンベルシャフト

FIELDOOR ダンベルシャフト&カラーセット

2,360円 通常配送無料

詳しくはこちら

  • 長さ:◎
  • 重さ:◎
  • ローレット加工がしてあるか:〇

長さは45センチで長すぎず短すぎず丁度良いサイズなので、初心者には使いやすいです。
さらに重さ自体もそこまで重たいものではないので女性でも使う事が出来ます。

また、ストッパー部分は防音・床へのキズ防止に最適なPVC(ポリ塩化ビニル)コーティングがしており、集合住宅でも安心してトレーニングに集中できます。

ローレット加工も行われているので持ちやすいでしょう。

その他のポイントは下記になります。

  • サイズ
    • 直径2.8cm×長さ45.5cm
  • 重量(約)
    • 2.0kg

リーディングエッジ ダンベルシャフトロング

1,280円

詳しくはこちら

  • 長さ:◎
  • 重さ:◎
  • ローレット加工がしてあるか:〇

長さが42センチなので、長すぎず短すぎず、プレートをたくさんつけることが出来ますし、長すぎないのでストレスなく行えます。

軽さもそこまで重たいものではないので、女性でも子どもでも利用する事が可能です。

ローレット加工も施されているので持ちやすいシャフトです。

その他のポイントは下記になります。

  •  重量
    • 2.4kg
  • サイズ
    • 42cm(プレート取り付け部:約14cm)

PURE RISE 単品 シャフト

1,800円

詳しくはこちら

  • 長さ:〇
  • 重さ:〇
  • ローレット加工がしてあるか:◎握りやすいようにローレット加工がされているのでストレスなくとレーングが可能です。

シャフトの長さが65センチと長めなので、プレートをたくさんつけたい中級者におすすめです。
プレートが長い分、少し重さがあるので、シャフトの重さを考えながらプレートをつけましょう。
片手最高76kg、シャフト3.5kg~最大76kgまで重量が変えられるシャフトでプレートの組み合わせによりさらに細かい変更も可能です。

握りやすいようにローレット加工がされているのでストレスなくとレーングが可能です。

その他のポイントは下記になります。

  • シャフト長さ:650mm
  • シャフト径:28mm

IROTEC レギュラー スクリュー ダンベルシャフト

3,564円

詳しくはこちら

  • 長さ:◎
  • 重さ:◎
  • ローレット加工がしてあるか:◎

ダンベルシャフトで安心のスクリュータイプになっています。

全長40㎝と長すぎず短すぎないサイズなので、とりあえず一つ欲しいという人におすすめです。
また、重さもそこまで重たくないので、女性でも十分扱えます。

ローレット加工もしっかりとされているため、グリップも問題ありません。

その他のポイントは下記になります。

  • 長さ約40cm
  • 重量約2.5kg

SINTEX ダンベルシャフト 380㎜

2,662円 通常配送無料

詳しくはこちら

  • 長さ:◎
  • 重さ:◎
  • ローレット加工がしてあるか:〇

長さは380㎜と少し短いので、プレートをたくさんつけない人におすすめです。

全長が短い分、重量もそこまで重たくないため、女性や子どもでも扱えます。

ローレット加工もしっかりと行っているので、グリップがしやすいのが魅力です。

その他のポイントは下記になります。

  • ローレット加工(網目)グリップ付き(約2.5kg)
  • ネジ止めタイプシャフト(シャフト径28mm)

IROTEC ロングスクリューダンベルシャフト

 5,562円

詳しくはこちら

  • 長さ:〇
  • 重さ:◎
  • ローレット加工がしてあるか:◎

長いタイプなので、たくさんプレートをつけて調整したい人におすすめです。

長い割には重量は少ないですが、それでも少し重たいので、女性や子どもは軽いものにした方がいいかもしれません。

ローレット加工もしっかりと施されているので、握りやすくトレーニングがしやすいです。

ただ、意外と場所を取るので部屋のスペースが小さい人はもう少し短いものに変えた方が良いですね。

その他のポイントは下記になります。

  • φ28mm  長さ55cm  重量3kg

ダンベルシャフトとあわせて買いたいグリップ

グリップをつけると細いバーに比べてそれだけ大きな力を出していく必要があるため、そのグリップを意地するためにより高い筋持久力が要求されることになります。

そして、握力が強化されるということは、それだけ多くの回数を返せたり、大きな重量を扱えるため、効率よくトレーニングをすることが可能です。

同じダンベルでもより大きな効果が期待出来るのでシャフトにグリップをつけてトレーニングをする事をおすすめします。

リフレッシュアームバンド FineGood バーベルダンベルグリップ

999円

詳しくはこちら

グリップをつけることで関節の痛み、ストレスを軽減する事が出来ます。

シリコンゴム製なので、使いやすく快適にトレーニングをすることが出来ます。

その他のポイントは下記になります。

  • 長さ:10cm / 3.93インチ
  • 4.6cm / 1.8インチ
  • 内径:2.5cm / 1インチ

RUNACC ファットグリップズ バーグリップ

1,478円

詳しくはこちら

無毒で耐久性の高い高品質のシリコンでできていて、心地よく使用できます。効果的に手を保護し、手首、手、指の関節の痛みを軽減します。

効率よくトレーニングが行いたい人にとてもおすすめです。

その他のポイントは下記になります。

  • 人間工学に基づいた機能 – 厚くて柔らかいため、快適なグリップ性とトレーニングに役立ちます。

ダンベルシャフトの口コミとは?

こちらでは、ダンベルシャフトを使用した方の口コミをご紹介します。

  1. FIELDOOR ダンベルシャフト&カラーセットの口コミ
  2. リーディングエッジ ダンベルシャフトロングの口コミ
  3. PURE RISE 単品 シャフトの口コミ
  4. IROTEC レギュラー スクリュー ダンベルシャフトの口コミ
  5. SINTEX ダンベルシャフト 380㎜の口コミ
  6. IROTEC ロングスクリューダンベルシャフトの口コミ

① FIELDOOR ダンベルシャフト&カラーセットの口コミ

ファイティングロードの商品を買って6年。ネジの部分が壊れて締められなくなったのでこの商品を購入しました。同じ大きさの径なので問題なく使えています。それとプレートをつける部分が、こちらの商品の方が長いのでより高重量のセットができてとても良い買い物が出来たと思います。

毎日これを使って少なめの負荷をかけて楽しんで筋トレしています。重宝する代物です。

参照:こちら

② リーディングエッジ ダンベルシャフトロング口コミ

使いやすく、しっかりとプレートを固定することができる上、留め具は回せば外れるのでプレートの付け替えも容易です。
デザインもよく安いのでオススメします!

止めがね(カラー)も星形でしっかり固定でき、今のところ全くずれません。

参照:こちら

③ PURE RISE 単品 シャフト口コミ

錆や粉が吹いてたと言うレビューを見て不安だったんですが、届いた商品を見たら錆や粉は吹いておらず、ピカピカの新品の状態でした。
買って良かったです。
2本目も買いましたが、上記同様、問題なかったです。

手頃な価格で手に入れることができたので大助かりです。
高重量な背中のトレーニングで活躍してくれること間違いなしです

参照:こちら 

④ IROTEC レギュラー スクリュー ダンベルシャフトの口コミ

シャフトを2本追加することでウェイトつけかえずにバリエーションを増やせる。ただ、シャフト1本でも結構なお値段なので星★ひとつ減。最初からオプションにできるとなおよい。

参照:こちら

⑤ SINTEX ダンベルシャフト 380㎜の口コミ

ファイティングロードのダンベルの40kgセットを買ったが
非力で5kg4枚の出番がなく部屋の隅に転がりっぱなしだったので
こちらを1本購入。サイズは合ってました。
おかげで付け替える手間が省けて役にたちました。

アイロテックは、緩みがひどく顔の前に持ってくるのが怖かったのですが、これはしっかり固定出来て、安心して筋トレ出来ます。
ただ、イヴァンコみたいに、見た目も綺麗とはいかず、ネジ部分にやや気泡が湧いてたり、グリップの網目にバラツキあったりします。
けれども、自宅筋トレには全く問題なく、購入して正解でした。

参照:こちら

⑥ IROTEC ロングスクリューダンベルシャフトの口コミ

一つあるとすごく便利なロングシャフトです。
グリップ部分は普通のダンベルと同じくらい。片手にダンベルを持ってのブルガリアンスクワットや、ワンハンドローなどにピッタリです。僕はワンハンドシュラッグなんかもやったりします。ロングシャフト、一つあるだけで何かと便利です。あえて欠点を言うならば、この商品ではなくロングシャフト+60kg分のダンベルプレートのセットを買うほうがお得だということです。僕は既に5kgのプレートが余っていたので本商品を購入いたしました。

55㎝という長さに邪魔にならないか心配しながらの注文でしたが、届いてみると案外気にならず大変満足しています。
カラーも締めやすく緩む事もなかったので安心して使えます。

参照:こちら

まとめ

ダンベルシャフトの効果、選び方、おすすめ商品から口コミ情報までをご紹介いたしました。

最後の口コミ情報も参考にしながら、自分の目的にあった商品を選び、使用する際は正しい使い方で怪我のないように使うことを心がけましょう。

関連記事