トレーニング

スピードガンのおすすめ6選!測定指標、速度などを比較|スピードガンの仕組みや口コミもご紹介

2018.05.18

野球、バレー、テニスなど様々な球技スポーツのシーンで使用されているスピードガン。

今回はそんなスピードガンの測定指標、測定可能な範囲などに着目し比較。選び方、6つのおすすめ商品をご紹介します。

また、スピードガンの仕組みや口コミについてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スピードガンとは?その仕組みとは?

こちらではスピードガンはそもそもどのようなもので、どのような仕組みなのかをご紹介します。

  1. スピードガンとは?
  2. スピードガンの仕組みとは?

① スピードガンとは?

スピードガンとはボールの速度を測る機械のことで、ボールを投げると瞬時に速さが分かります。

野球、テニスなどの球技では特に大事な機械なので、なくてはならないものになっています。

② スピードガンの仕組みとは?

スピードガンはドッブラー効果を利用する仕組みで速度を計測しています。

例えば電車が近づくと高い音になり、遠くなると低い音となるのですが、この音源の速度が音速に加算、減算された分、音の振動数が変化することで起こります。

これをドップラー効果というのですが、スピードガンはこのドップラー効果を利用した仕組みなっています。

野球で言いますと、ピッチャーのなげたボールにスピードガンから電波を発し、ボールに当たり反射してキャッチします。

そして、あてた電波の周波数と反射して戻ってる電波の周波数は異なり、その差をもとにスピードガンの中の機械がボールの速度を割り出し、表示します。

スピードガンの選び方とは?

こちらではスピードガンの選び方をご紹介します。

選び方をしっかりと理解した上で、自分にあった商品を選べるようにしましょう。

  1. 測定指標
  2. 測定可能な速度の範囲
  3. コンパクト性

① 測定指標

まず前提として速度の精度が良いスポードガンが良いのですが、その点に関しては比較が難しいので、商品として測定できる指標の数が多いものを選ぶと良いでしょう。

指標としてあるものは、初速、終速、測定距離などがあります。

② 測定可能な速度の範囲

スピードガンによって測定できる速さが違うので出来るだけ測れる速度範囲が広いものの方が様々な用途に使う事が出来ます。

測るものが球技だけならそこまで測定可能速度が大きくなくても良いのですが、他の用途に使いたいなら速い速度まで測れるものにした方が良いです。

③ コンパクト性

スピードガンを利用するときは持ち歩かなければいけないので出来るだけ小さくてコンパクトな方が使い勝手がいいでしょう。

荷物の邪魔になりたくない人は大きさも選んで購入するようにしましょう。

スピードガンのおすすめ6選のご紹介

それでは、さきほどご紹介した選び方をもとにおすすめの商品を6つご紹介します。

下記の比較表も参考にして自分にあったものを選びましょう。

編集部としてのおすすめは②のユピテル スピードガンです。

表記はないもののサイズは小さそう、かつ測定指標が多いためです。

比較表1

測定指標

ゴルフモード
・測定飛距離
・スイング回数
・平均ヘッドスピード
・消費カロリー
スピードガンモード
・スピード測定

ピッチングモード
・初速/終速
・初速終速間距離
バッティングモード
・スイング速度
・打球速度
・打球推定飛距離

・初速、終速は表記なし
・精度は良い

測定速度 30~200㎞ 30~200㎞ 11~600km
大きさ W55×H35×D116 表記なし H15×W57×D18mm
金額  6,920円
通常配送無料
29,160円
通常配送無料
18,769円
コメント ・ポケットサイズ ・コードレスタイプ
・三脚を取付可
検知距離:約30m
・ポケットサイズ
・誤差範囲:+/-2km/h
・検知距離約36m
・600キロまで計測可
おすすめ度 まる にじゅうまる にじゅうまる
商品ページ PRGR
スピード測定
ユピテル
スピードガン
D&M
ポケットレーダー

比較表2

測定指標 ・初速
・終速
・測定距離
・平均速度 ・最高速度
測定速度 30~200㎞ 表記なし ・ボール:16~177km
・自動車:16~322km
大きさ D180×H64×W83 W80×H180×D165 W109×H213×D152
金額 50,543円 29,000円 19,800円
コメント ・検知距離目安:約30m
・三脚を取付可
・コードレス
・2モード計測(自動/手動)
・三脚を取付可
・正面測定:±1km以内
・角度がある場合:±2km以上
・ワンタッチ操作
・1年保証付き
おすすめ度 さんかく さんかく にじゅうまる
商品ページ ミズノ
スピードガン
スポーツレーダー
トレーサー
Bushnell
携帯型スピードガン

PRGR スピード測定

6,920円 通常配送無料

詳しくはこちら

  • 測定指標:ゴルフモード、スピードガンモードで分けて計測可能
  • 測定可能速度:200km/hまでなので、どんな球技でも測る事が可能です。
  • コンパクト性:ポケットに入れられるサイズなので、持ち運びにとても便利です。

ポケットサイズなので練習場などで手軽にヘッドスピード、ボーススピードが測れます。

ピッチング用のスピードガンとしてだけでなくゴルフモードにも変更できるので様々な用途で利用する事が出来ます。

価格も比較的安く気軽に購入できる商品です。

その他のポイントは下記になります。

  • 55mm×116mm×35mm
  • 125g(電池含む)

ユピテル スピードガン

29,160円 通常配送無料

詳しくはこちら

  • 測定指標:ピッチングモード、バッティングモードに分けて計測可能
  • 測定可能速度:ピッチングモード約30~200㎞/バッティングモード約50~200㎞なので、球技なら十分に測定可能です。
  • コンパクト性:三脚を取り付けるところがあるので、ポケットサイズとまではいきませんが、そこまで大きいものではないので持ち運ぶのに大変ではありません。

ピッチングモードでは1回の投球で「投球の初速」「投球の終速」「初速終速間距離」の3つの数値を同時表示することが出来ます。

バッティングモードでは野球やソフトボールにおける「バットスイング速度」「打球の初速」、打球の「打球の推定飛距離」を表示してくれます。

様々な指標で計測できるのが良いポイントのようです。

さらに、操作が簡単なのでどんな人でも手軽に使えるのもおすすめする一つです。

その他のポイントは下記になります。

  • 検知距離:約30m
  • 電池寿命:連続使用時で約20時間

D&M ポケットレーダー

18,769円

詳しくはこちら

  • 測定指標:初速、終速の言及はなし。測定可能距離は約36m
  • 測定可能速度:11~600km/hまであるので、どんなものでも計測することが出来ます。
  • コンパクト性:ポケットサイズでポケットから取り出してボタンを押せば速度が測れるのでかなり、利便性がいいです。

大リーグやプロ球団でも使用されている商品のようです。

手のひらサイズのスピードガンであらゆるスポーツのボールスピードや走行スピードなどを測定できます。

測定可能速度11~600km/hで他の商品と比べ計測可能な範囲が広いのが特徴です。

とにかく、速度に特化したものが欲しい人にとてもおすすめのアイテムです。

その他のポイントは下記になります。

  • 約H15×W57×D18mm
  • 本体のみ/約105g、電池含む/約129g
  • 野球ボールの場合36メートルまで測定可能

ミズノ スピードガン

50,543円

詳しくはこちら

  • 測定指標:初速、終速、測定距離
  • 測定可能速度:200km/hまで測れるのでほとんどの球技を測定することが出来ます。
  • コンパクト性:長さ180X高さ64X幅83cm

ポケットサイズではないので、持ち運びがとても便利とはいえませんが、持ち運べない大きさではありません。

初速、終速、測定距離の測定が可能なスピードガンです。大きさはそれなりにありますが、市販の三脚を利用する事が可能なので三脚に固定して速度を測る事ができます。

その他のポイントは下記になります。

  • 長さ180X高さ64X幅83cm
  • 385g
  • 検知距離目安:約30m

スポーツレーダー・トレーサー

29,000円

詳しくはこちら

  • 測定指標:平均速度
  • 測定可能速度:表記なし
  • コンパクト性:ポケットサイズではないのですが、持ち運びが大変なほど大きくはないのでどこかへ移動するのには困りません。

ハンディタイプで軽量なので手で持って計測することが出来ます。

また、三脚をつけることも出来るので三脚で固定しながら測ることも可能です。

特徴としては2種類のモード(手動、自動)で計測を行うことが出来る点です。

その他のポイントは下記になります。

  • 重さはわずか約380g
  • サイズは長さ165mm 幅80mm 高さ180mm
  • 手動計測モード: 指でトリガーを引くことで計測
  • 自動計測モード: カメラ三脚に取り付けることで、フリーハンドで自動計測

Bushnell 携帯型スピードガン 

19,800円

詳しくはこちら

  • 測定指標:最高速度
  • 測定可能速度:ボールが時速16~177km。自動車が時速16~322km
  • コンパクト性:ポケットサイズではないですが、大きいタイプではないので手軽に測定できます。

最新の速度換算プロセッサーを搭載し、小学生が投げるボールからプロの剛速球、テニスのサーブスピード、工事車両や列車からレースカーまで測定が出来ます。

また、アメリカで創業以来、光学機器に厳しい目を持つ北米のユーザーを魅了し続けるトップシェアメーカーなので、精度や質もいいはずです。

その他のポイントは下記になります。

  • W109×H213×D152mm
  • 539g
  • 1年間のメーカー保証

スピードガンの使い方とは?

こちらでは一般的なスピードガンの使い方をご紹介します。

  1. スピード検知可能な距離、角度を把握する
  2. 検知可能な距離、角度内にポジショニングする
  3. 計測時に押す必要があるボタンを押し、計測を行う

ポイントは検知可能な距離の中に入ることです。

商品選定を行う際も検知可能な距離をしっかりと把握するようにしましょう。

スピードガンの口コミとは?

こちらでは、スピードガンを使用した方の口コミをご紹介します。

  1. PRGR スピード測定の口コミ
  2. ユピテル スピードガンの口コミ
  3. D&M ポケットレーダーの口コミ
  4. ミズノ スピードガンの口コミ
  5. スポーツレーダー・トレーサーの口コミ
  6. Bushnell 携帯型スピードガンの口コミ

① PRGR スピード測定の口コミ

ディスプレイの一番上にスピード、二番目に最高速、三番目に回数が表示され、何回目に何キロ出たかを上下の矢印ボタンで遡って見ることができます。
キャッチャーが座って取れる範囲の球は測定できます(上下左右2m位)が、それ以外は測定不可です。測定した場合は、「ピッ」と音がなります。
電池も付属しており、直ぐに使えます。値段の割に正確で素晴らしい商品でした。ありがとうございました。

 

現実を教えてくれるヘッドスピードとちょっと甘め?の飛距離、ミート率を確認しながらの練習が楽しいです。イイ物を手に入れたと思います。

引用元:こちら

② ユピテル スピードガン口コミ

ピッチング練習ではキャッチャーの真後ろから測定すると、測定ミスもありません。
初速、終速でるのは大変良いです。娘のモチベーションアップに繋がる良い買い物が出来ました。

 

普通のスピードガンは初速のみの計測ですが、これは初速と終速を測れる優れもの。電池も商品に付属しておりすぐに使えました。
ただバットスイングの計測は不安定でしっかり測れないことが多いので☆1個減です。

引用元:こちら

③ D&M ポケットレーダー口コミ

サーブの速度が知りたくて購入しました。
非常にコンパクトで持ち運びやすく、かつ写真を撮ってるのかなくらいの手軽さです。
不満は慣れるまで計測タイミングが分かりにくいところと、高さを合わせないと計測しにくいとこくらいでしょうか。
数回使ったら大体予想がついてきましたので、こういうのをレンタルできれば嬉しかった。

 

値段的に少し高い物ですが。ソフトボール等で利用しており、今までの自分の持つスピード感覚を認識できるようになりました。
また、フォーム等で誤った速度認識をこのポケットレーダーで修正することができ使いやすくいいものです。偶然横で同じ製品を使っている人の数値を確認し。誤差の少ないことも確認でき、とてもいい製品です。

引用元:こちら 

④ ミズノ スピードガンの口コミ

確認時には口コミはありませんでした

⑤スポーツレーダー・トレーサーの口コミ

河川敷を高速走行している自転車の実態を調査するために購入しました。つまり、自転車の走行速度を計測することが、主たる使用目的です。
これを購入するまでは、ビデオ撮影して、距離の分かっている一定区間の走行時間から速度を算出するというだいぶ手間のかかることをしていました。
しかし、購入後は、大幅な省力化が可能になりました。もっとも、弱点もあります。
複数の自転車が走っている時、どの自転車の速度を計測しているのか分かりづらいですし、速度が刻々と変化している場合、リアルタイムでの補足に難があるようです。
ただし、これらの弱点は、他の方法で補えるので、致命的なものではありません。

引用元:こちら

⑥ Bushnell 携帯型スピードガンの口コミ

確認時には口コミはありませんでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はそんなスピードガンの測定指標、測定可能な範囲などに着目し比較。選び方、6つのおすすめ商品をご紹介しました。

みんさんも参考にして、自分にあった商品を購入できるようにしましょう。

関連記事