トレーニング

セームタオルのおすすめ6選!吸水性、利便性、抗菌かを比較|使い方、口コミも

2018.05.18
セームタオル

主に水泳の時に使用されるのがセームタオルです。

最近ではセームタオルが持つ吸水性から、水泳だけでなく、他のスポーツや他の場面でも使用されるようになってきています。

しかしながら、実際に購入しようと思うと、どういったタイプのものがあるのか、どういった基準で選べば良いのかなど疑問点、不明点が多く出てくると思います。

そこで今回はセームタオルの吸水性、利便性、抗菌といった軸での選び方、オススメ商品、セームタオルの使用方法、注意事項、商品の口コミなどをご紹介いたします。

セームタオルとは?そのメリットとは?

こちらではセームタオルはそもそもどのようなもので、どのような効果があるのかをご紹介します。

  1. セームタオルとは?
  2. セームタオルの効果とは?

① セームタオルとは?

セームタオルは水泳などで使われる吸水性の高いタオルのことです。

普通のタオルと違うのは水分を吸った後に軽く絞ることですぐに吸水性が復活するので、体についた大量の水分を一気にふき取ることができることです。

通常のタオルではすぐにベタベタになってしまいますが、セームタオルは吸水性が復活するので何度でも利用する事が出来ます。

② セームタオルのメリットとは?

メリットはたくさんあるのですが、絞って何度でも使えるのが一番の特徴です。

乾かさなくても使えるので一枚で何枚分もの働きをしてくれるので、どれだけ濡れていても何度でも使えます。

また、バスタオルのように使えるのですが、小さくなってさらに軽いので持ち運びにもとても便利です。

そして、1枚でバスタオル何枚分もの役割をするのでタオルを何枚も使う必要がなく、洗濯物が少なくなります。

セームタオルの選び方とは?

こちらではセームタオルの選び方をご紹介します。

選び方をしっかりと理解した上で、自分にあった商品を選べるようにしましょう。

  1. 吸水性
  2. 利便性の良さ
  3. 抗菌

① 吸水性

セームタオルは濡れても絞って何度でも使えるので吸水性の高さは非常に重要です。

出来るだけ吸水性が高いものを買うと利便性が高いので吸水性を確認してから購入しましょう。

② 利便性の良さ

セームタオルは家で使うというよりかはジムや水泳で使う事が多いので持ち運びしやすいものが便利です。

大きすぎず小さすぎないものが使いやすいので大きさにも注目して購入してください。

③ 抗菌

常に濡れているので、抗菌タイプでないとカビがはえてしまう可能性があります。

また、臭いもくさくなってしまうので、抗菌になっているものを選ぶようにしましょう。

セームタオルのおすすめ6選のご紹介

先ほどご紹介した選び方をもとにおすすめの商品を6つご紹介します。

編集部としては、サイズ感の観点で②のS4R(エスフォーアール) 絞って何度も使えるセームタオルを、利便性と質を考慮するのであれば④のKatelia(カテリア)セームタオル 2サイズをおすすめいたします。

下記の比較表も参考にして自分にあったものを選びましょう。

比較表1

メーカー ミズノ S4R ミズノ

商品画像

Mizuno(ミズノ)背中も拭きやすい 横長セームタオル 85ZT-350 S4R(エスフォーアール) 絞って何度も使えるセームタオル Mizuno(ミズノ) セームタオル A67ZP852

価格

¥1,620
送料別途
¥880
送料別途
¥785
送料別途

吸水性

利便性
抗菌 にじゅうまる
ポイント ・抗菌防臭加工
・ポリエステル100%
・ カラーバリエーションが豊富
・縦長コンパクトサイズ
・抗菌加工
おすすめ度 にじゅうまる

比較表2

メーカー カテリア ⑤ エックス スピード

商品画像

Katelia(カテリア)セームタオル 2サイズ XS(エックス)セームタオル 840G6RA5634 Speedo(スピード) スイム用セームタオル SD96T51

価格

¥1,980
送料別途
¥1,296
送料別途
¥1,200
送料別途

吸水性

利便性 にじゅうまる
抗菌 さんかく さんかく
ポイント ・オリジナルケース付 ・ 速乾性抜群 ・持ち運びがしやすい
おすすめ度 にじゅうまる

Mizuno(ミズノ)背中も拭きやすい 横長セームタオル 85ZT-350

Mizuno(ミズノ)背中も拭きやすい 横長セームタオル 85ZT-350

¥1,620 送料別途

詳しくはこちら

  • 吸水性:○
    しっかりと吸水してくれるので、水泳などで使うのには適しています。
  • 利便性の良さ:○
    大きくもなく小さくもない横長タイプで使いやすいので持ち運びがしやすいでしょう。
  • 抗菌:○
    抗菌防臭加工となっているので、においが気になったり、カビがはえる心配はありません。

水泳にとっても便利なスポンジタオルです。

乾くと固くなりますが、水でほぐすようにすると柔らくなります。

抗菌防臭加工なので、何度使っても安心です。

その他のポイントは下記になります。

  • サイズ:21×69cm
  • 素材
    • 本体:PVAスポンジ
    • 中芯:ポリエステル100%
  • ケース付属

S4R(エスフォーアール) 絞って何度も使えるセームタオル

S4R(エスフォーアール) 絞って何度も使えるセームタオル

¥880 送料別途

詳しくはこちら

  • 吸水性:○
    何度も洗って使えるので吸水性は抜群です。
  • 利便性の良さ:○
    縦長のコンパクトサイズなので、大きすぎず、小さすぎず使うのも携帯するのも便利な大きさになっています。
  • 抗菌:△
    サイズの大きさゆえに、ぬれたまま放置するとカビがはえてしまう可能性があるので、扱いには注意してください。

縦長サイズにすることで背中をふくことが簡単に出来ます。

吸水力は85 x 31cmというサイズでありながら、バスタオルの代わりとして使用できるほどの効果があります。

ですが、コンパクトに出来るので邪魔にならず持ち運びをすることが出来ます。

その他のポイントは下記になります。

  • サイズ:85cm×31cm

Mizuno(ミズノ) セームタオル A67ZP852

Mizuno(ミズノ) セームタオル A67ZP852

¥667 送料別途

詳しくはこちら

  • 吸水性:○
    有名なスポーツメーカーのセームタオルなので吸水性はバッチリです。
  • 利便性の良さ:○
    大きすぎず、小さすぎないサイズで持ち運びにも便利で使うときも体をしっかりとふくことが出来ます。
  • 抗菌:○
    抗菌加工がしてあるので、カビなどを防ぐことが出来るので、衛生面では安心です。

有名なスポーツメーカーなので安心して使う事が出来ます。

サイズも大きすぎないので携帯に丁度よく、抗菌加工なので、カビなどを防ぐことが出来ます。

その他のポイントは下記になります。

  • 素材:ポリエステル
  • 原産国:日本

Katelia(カテリア)セームタオル 2サイズ

Katelia(カテリア)セームタオル 2サイズ

¥1,980 送料別途

詳しくはこちら

  • 吸水性:○
    吸水性がかなりいいので質で選ぶならおすすめの商品です。
  • 利便性の良さ:◎
    サイズが大きいサイズと小さいサイズで選択可能なので自分が好きな方を選ぶと良いです。
  • 抗菌:○
    抗菌作用があるので、細菌増殖の多くを除くために素早く乾燥させる効果があります。

肌に優しく、低摩擦なので、肌触りも良い素材になっています。

抗菌タイプなので、菌などが増殖しにくいため、衛生面では安心して使用することが出来ます。

さらに、速乾性で吸水性が良く、快適な使い心地なので使いやすいタオルになっています。

その他のポイントは下記になります。

  • サイズ
    • (小):34×44cm
    • (大):42×65cm
  • カラー:5色
  • 材質
    • ビニロン
    • ポリエステル

XS(エックス)セームタオル 840G6RA5634

XS(エックス)セームタオル 840G6RA5634

¥1,296 送料別途

詳しくはこちら

  • 吸水性:○
    吸水性がしっかりあるタオルなので濡れてもしっかり吸水してくれます。
  • 利便性の良さ:○
    小さくもなく大きくもないタオルなので使いやすいですし、携帯もバッチリです。
  • 抗菌:△
    抗菌タイプではない可能性があるので、ぬれたままにしておくとカビが発生する可能性があります。

吸水性に優れております。

サラっと水滴をふき取ってくれます。また、速乾性抜群のタオルです。

絞って何度でも使えるので、スポーツにおすすめです。

ですが、スポーツだけでなく、旅行などにも便利なので、使い方の用途はたくさんあります。

その他のポイントは下記になります。

  • サイズ:縦43×横66cm
  • 素材:PVA

Speedo(スピード) スイム用セームタオル SD96T51

Speedo(スピード) スイム用セームタオル SD96T51

¥1,200 送料別途

詳しくはこちら

  • 吸水性:○
    吸水性は抜群なので、使いやすいタオルです。
  • 利便性の良さ:○
    コンパクトで体が大きい人は使いにくいかもしれませんが、携帯はしやすいので持ち運びには便利です。
  • 抗菌:×
    抗菌ではないので、カビに気をつけてください。

凹凸加工がスムーズな肌あたりを実現しているので、快適に心地よく使う事が出来ます。

さらに、速乾性や吸水性もいいので絞れば何度でも使う事が出来ます。

また、コンパクトで軽量なので、持ち運びたい場合にピッタリなので、かさばりたくない旅行などに持っていくと便利です。

その他のポイントは下記になります。

  • サイズ:幅43×高さ32cm

セームタオルの使い方とは?

こちらではセームタオルの使い方をご紹介します。

  1. 濡れた体にタオルを開いた状態であてて水分を吸収させるようにするのがコツです。
  2. ある程度水を吸水したらまた、絞ると元の吸水力が戻るので、濡れたら絞って使うを繰り返します。

バスタオルとは異なり、身体に少し当てるだけで吸水するのがポイントです。

セームタオルの注意事項とは?

こちらではセームタオルの注意事項をご紹介します。

  1. カビの発生に注意する
  2. 漂白剤や乾燥機の使用は避ける

注意

① カビの発生に注意する

セームタオルはカビ加工がしていないものもたくさんあるので、しっかりとお手入れをしないとカビが発生したり、においがくさくなる可能性があります。

ニオイが気になる場合は熱湯に10分ほど入れると消臭されるのですが、シワが残る場合もあるので、注意が必要です。

② 漂白剤や乾燥機の使用は避ける

セームタオルは基本的には手洗いですが、製品によっては洗濯機で洗うことが出来ます。

ですが、その際に漂白剤や乾燥機の使用は避けるようにしてください。

セームタオルの口コミとは?

最後にセームタオルを使用した方の口コミをご紹介します。

  1. Mizuno(ミズノ)背中も拭きやすい 横長セームタオルの口コミ
  2. S4R(エスフォーアール) 絞って何度も使えるセームタオルの口コミ
  3. Mizuno(ミズノ) セームタオルの口コミ
  4. Katelia(カテリア)セームタオルの口コミ
  5. XS(エックス)セームタオルの口コミ
  6. Speedo(スピード) スイム用セームタオルの口コミ

① Mizuno(ミズノ)背中も拭きやすい 横長セームタオルの口コミ

  • 結構ちゃんと水を吸い取って、ちゃんと絞れます。
  • セームタオルはみんなそんなもんかもしれませんが、垢すりタオルのように肌に引っかかるので、ポンポンと当てていく感じです。
  • もっと安いものでは耐久性に難があるレビューが散見されたので、私はこれに決めました。
  • スポーツをやる方の間でも評判が良いのか、プールへ行くとこのミズノのセームタオルをよく見かけます。
    これの短いタイプもありますが、私はこちらでないと背中を拭くのが難しかったと思います。
  • セームタオル一般に言えることかも知れませんが、普通のタオルと比較すると完全なドライ感はありません。
    しかし8~9割は拭き取れるので、残った水気はすぐ乾いて気にならないレベルです。
    旅行時にお風呂で使う方がいらっしゃるのも分かる気がします。
  • この商品を買ってから、温泉などに行くときはコレしか持っていきません。
    濡れても、絞ればまた吸水力が復活するので、最高です。
    以前は、正方形のタイプのものを使っていましたが、体を拭いたり(特に髪)するのは横長タイプの方が便利です。

引用元:こちら

② S4R(エスフォーアール) 絞って何度も使えるセームタオル口コミ

  • この倍の大きさのを他で(同じメーカー)購入しましたが、厚みがあり、大きいので、絞りづらかったので、この商品を買いなおしました(去年も購入)
    こちらの方がやはり、使い良いです。
  • レビューのお礼の、わざわざ、ビニールの大き目のポーチみたいのを、送ってれたが、正直、使わないので必要なかった。(ごめん。捨てました)
  • ハワイ行きの旅行に持っていくために購入しました。海に入ったときにしっかりふけるし、コンパクトなのも良いと思って。
    当初の目的どおり、給水・脱水しやすいので、身体も拭きやすく、濡れたものを持ち帰る時にも役立ちました。
    また、それ以上に便利だったのが、ホテルで簡易の洗濯をした際のタオル脱水です。
    洗面所で洗っただけなので、乾きが心配でしたが、このタオルに包んで絞るとしっかりタオルに水分が移るので、脱水効果が高まりました。
    今後の宿泊やアクティビティ含むお出かけには持っていきたいと思います。

引用元:こちら

③ Mizuno(ミズノ) セームタオル口コミ

  • 乾燥したものはバリバリなので、水に濡らして柔らかくして使います。しっとりとしたラバーのようなのに吸水力がとてもいいです。
  • ちょっと残念だったのは、ハーフマラソンの時に新品の黒いランニングパンツに挟んで走ったら、黒い色が落ちなくなりました。

引用元:こちら

④ Katelia(カテリア)セームタオルの口コミ

  • 初めてのセームで、こんなもので水をふき取れるのかと、半信半疑でした。よく吸い取ります。肌滑りのわるいのは、水を吸い取っている結果なので、気にしません。
  • 吸水性はバツグンです。ただ少々滑りが悪い為、使い勝手が今一良くないので星4つとさせて頂きました。

引用元:こちら

⑤ XS(エックス)セームタオルの口コミ

確認時には口コミはありませんでした。

引用元:こちら

⑥ Speedo(スピード) スイム用セームタオルの口コミ

  • 友達へのプレゼント用として購入。なので使用感は解りませんが多分良いでしょう。

引用元:こちら

まとめ

セームタオルの選び方、おすすめの商品、使用方法、口コミなどをご紹介いたしました。

正しい選び方を理解した上で自身に合ったセームタオルを選んでみましょう。

関連記事