ダイエット

反り腰を解消してポッコリお腹にさようなら!3つのポイントとは?

2016.02.10
PublicDomainPictures / Pixabay

痩せたい部位で必ずと言って良いほど上位に入っているお腹。
食事制限や運動をしてもなかなか思うように結果が出ない・・・。そんな方は、反り腰が関係しているかも知れません。反り腰を解消して、ポッコリお腹からスッキリとくびれたお腹へと変化しましょう。

反り腰とポッコリお腹の関係とは?

反り腰」とは、横から見て腰が反り返り、腰の筋肉が過剰に縮んでいる状態を言います。反り腰姿勢では、お腹の筋肉は過剰に伸びきっている状態(ポッコリお腹)になっています。

腹筋をしても首や肩が疲れたり、腰が痛くなったり違和感がある方は、反り腰が原因で効果的な腹筋ができていない可能性があります。

反り腰の人が効果的な腹筋をするには?

反り腰の人が効果的な腹筋をするには、次のような手順で行います。

  1. 収縮して硬くなった腰の筋肉をストレッチしましょう。
  2. 伸びきった腹筋を活性化しましょう。
  3. 腹筋をしましょう。

(1)・(2)を行うことにより筋肉の伸縮のバランスが良くなりしっかりと腹筋の効果を引き出すことができます。それでは、実際にやり方をご紹介いたします。

腰のストレッチのやり方

  1. 仰向けになり、両脚を抱えましょう。
  2. そのまま肩は床に着け、更に両足を胸に近づけ、腰の筋肉を伸ばしましょう。
  3. 自然な呼吸で20~30秒キープしましょう。

ポイント

  • 肩や首はリラックスして行いましょう。
  • 痛みや違和感がある場合は無理をせず、エクササイズをやめましょう。

腹筋活性化のやり方

  1. 仰向けになり、両腕は体の横に自然に置き、両脚は膝を曲げましょう。
  2. そのまま、息を吐ききるまでお腹で床を押すように腹筋に力を入れましょう。
  3. ②を5回繰り返し、腹筋を活性化しましょう。

ポイント

  • 肩や首はリラックスして行いましょう。
  • 痛みや違和感がある場合は無理をせず、エクササイズをやめましょう。

腹筋のやり方

  1. 仰向けになり、両手はクロスして胸に添え、両膝は曲げましょう。
  2. 息を吐きながら、頭の方からCの字になるように起き上がりましょう。
  3. 息を吸いながらお尻の方から徐々に床に着けましょう。

ポイント

  • 肩や首はリラックスして行いましょう。
  • 痛みや違和感がある場合は無理をせず、エクササイズをやめましょう。

まとめ

反り腰のような姿勢の癖は、生活習慣が主な原因です。
腰のストレッチや腹筋の活性化エクササイズを毎日積み重ねることにより、ポッコリお腹だけではなく、肩こりや首こり、脚のむくみの改善などにも繋がります。効果的なダイエットをするためにも毎日少しずつ継続してみましょう!

関連記事