ダイエット

話題の加圧トレーニングがもたらすダイエットの効果とは?

2016.06.01
By:

「男性らしい体」、「女性らしい体」を目指して、多くの人達が体を鍛えることを始めています。
今回はその中から、最近話題沸騰中の加圧トレーニングがもたらすダイエット効果に関してご紹介いたします。

 

短い時間で高強度のトレーニング効果が得られるので、忙しいビジネスマンや、気軽に運動したい女性などにはもってこいのトレーニングです!

市民権を得てきた加圧トレーニングが普及するまで

適切な負荷をかけることで血流が増えて新陳代謝が促進して、破壊された筋組織が再構築されて新しい筋肉が出来上がります。この時、筋トレをする人の中にはプロティンを摂取して筋トレをする人が沢山います。プロテインは、タンパク質が主成分であり、筋組織が再構成されるときに必要とされます。ざっくりいうと、筋肉の源といえるでしょう。

 

プロティンが海外から紹介されて、日本に入ってきたときは、非常に冷ややかな扱いを受けた時期がありました。プロテインを摂取して作った体は、弱いという風に真剣に考えられていました。というのは、運動とか、競技とか、スポ-ツのどの競技でも、ズルをして勝ってもあまり意味が無いという言う考え方が、基本的な日本人の考え方にあります。片や、外国人の場合、勝利至上主義みたいなところがあり勝つためならば何でもします、というところがあります。

 

日本では、加圧トレーニングも最初は、そんなプロテインのような扱いを受けた時期がありました。その効果についてのやりとりより、普通の筋トレと違うことをしてボデイメ-キングすることの意味合いについて議論されることが多いです。最近では、芸能人が加圧トレーニングを利用してボディメ-キングをしている人が現れたり、加圧トレーニング専門のジムが各地に出来たりでようやく市民権を獲得してきました。

加圧トレーニングとは?

加圧トレーニングとは「適切に血流を制限した状態で行うトレーニング方法」を指しています。専用の加圧器具を使用して、腕の付け根(上腕二頭筋の基部)や脚の付け根(大腿部の基部)に適切な圧を掛けながら、目指している目的に合ったトレーニングや運動を行います。ただ縛ればよいというわけではなくて、適正でない加圧をした場合、鬱血して有害なこともあります。
重要なポイントは、素人判断で行うことはせず、必ず資格者の指示を仰ぎましょう。血流の押し出し側の動脈側を程よく制限し、受取側の静脈側を強めに制限することで、腕・脚に血液が多く滞留し、普段は使わない毛細血管にまで血液が流れるようになります。

 

加圧トレーニングの良い所は、負荷が軽くても筋繊維の動員率が高まり、さらには酸素不足になります。そのことで血液中の乳酸濃度が急激に上昇し加圧時に高まった乳酸が筋肉内にある受容体を刺激して、成長ホルモンの分泌を促進させます。腕や脚のつけ根部分の動脈と静脈の交差する部分をを加圧することで、心臓より上部は一時的に血流が減少した状態になり、血流量が増え毛細血管 の端々まで血液が流れて血管が拡張します。
つまり加圧と除圧の繰り返しにより毛細血管の総数が増えることで血行がよくなります。結果として、新しい筋肉が形成されやすくなるのです。

 

加圧トレーニング最大の効果は、きわめて軽い負荷、かつ短時間で効果を発揮するという事です。

実際に現れる加圧トレーニングの方法・効果

指定されたバンドをつけて、短い時間トレ-ニングをすることで、強い強度でトレ-ニングしたのと同様の効果が生まれます。血管の拡張・収縮機能が高まり、毛細血管の数が増えることで血行がよくなります。また、年を取るにつれて固くなる血管は血液を送る力がだんだん弱くなってきます。加圧トレーニングを続けていると、血管内皮細胞が若返り、弾力性のある血管に蘇るのです。さらに血管が若返るだけでなく、筋肉への様々な影響を与えます。

 

速筋は重い負荷のトレーニングで鍛えられますし、遅筋は軽い負荷のトレーニングを長時間続ける必要があります。そのため、別々のトレ-ニングをする必要がありました。ところが、加圧トレーニングを始めると、加圧しているために血流量が足りなくなり、活動を始めた遅筋の酸素が不足します。これは、大きい負荷の運動を行っているのと同じ状態です。通常はなかなか活動を始めない速筋が、経験したことがない大きい負荷を受けたと脳にが錯覚させて、直ちに活動するよう指示を出します。

 

このように加圧トレーニングでは、軽い負荷で、日頃は出来ない、速筋と遅筋を同時に鍛えるという事ができるのです。そして、加圧トレーニング中は、血流制限下のため、筋血管内の高くなった乳酸濃度のせいで、筋肉内の受容体 を強く刺激します。その結果として、成長ホルモンなどが大量に分泌されるのです。この成長ホルモンの働きは絶大で、アンチエイジング効果(若返り、美肌、老化防止、肥満改善等)が期待できる最も強力なホルモンです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
加圧トレーニングは短い時間で高強度のトレーニングを実現するものです。
しかし、私たちが機材を使用しトレーニングをすることは適切な効果を得る事に直結しにくいので、トレーニングを行う時は加圧トレーニングの資格者の的確な指示を仰ぎながらトレーニングをするようにしましょう。
短い運動時間で長時間運動したのと同等の効果が得られるトレーニングを効果的に取り入れて、理想のカラダを手にいれましょう。

関連記事