ダイエット

【畑の肉】豆腐が持つ良質な栄養素がもたらすダイエット効果

2016.06.10
621hjmit / Pixabay

ダイエット食品としてすっかり定着し、「誰でも手軽に」という言葉がぴったりな豆腐。
日本では奈良・平安時代より中国より伝来し、江戸時代に豆腐料理の書籍である「豆腐百珍」が爆発的に広まり、全国的に普及したといわれています。
現代では日本の雄大な自然に育まれ、全国どこでも比較的安価で入手可能なこともあり、簡単に普段の食事に組み込むことが可能となっており、ダイエットに効果的な栄養素が多く盛り込まれていることが分かり、メリット盛りだくさんな食事として認知されるようになりました。
そこで今回は豆腐がもつ魅力やダイエットにオススメの調理方法をご紹介いたします。

豆腐の栄養分

豆腐の原料は大豆ただ一つです。大豆本来の栄養素がそのまま豆腐に移行するので、良質なたんぱく質や脂質を豊富に備えており、「畑の肉」と言われます。その他にも、カルシウム、ビタミンE、マグネシウム、鉄分、カリウムなどが含まれています。

豆腐のたんぱく質は美容と健康に欠かせない栄養素

筋肉や皮膚、骨を形成するの効果があるタンパク質。
また、たんぱく質が不足していると、甘いものを食べ過ぎてしまう傾向が強くなります。たんぱく質が不足することで、脳内神経伝達物質であるセロトニンが不足すると体が糖質を補給しようとするのです。
甘いものは食べ過ぎてはいけませんが、ごはんや麺類なども無理に制限すると、甘いものが食べたくなってしまいます。セロトニンが不足すると、不眠や鬱の原因となりますので気を付けましょう。そして、髪の毛は、たんぱく質で構成されています。たんぱく質が不足すると、髪がぱさついてツヤが失われてしまいます。
豆腐には、鉄分が含まれていますので、貧血の症状を防ぐことができます。鉄分は貧血予防だけでなく、体に酸素を運ぶ働きをしますので、鉄分によって細胞を活性化して筋肉が作られやすくなり結果として痩せやすくなるということになります。それに、美容効果の高いビタミンEが含まれているので、栄養不足で肌が荒れてしまうという心配もありません。豆腐に含まれているカルシウムと鉄分は、ビタミンCと一緒に摂ることで体内への吸収がアップされます。

豆腐を美味しく食べるためのレシピ

ここで一つダイエットに効果的なレシピをご紹介いたします。
便秘解消と美肌効果のあるオリーブオイルをかけてビタミンCが豊富な小松菜やほうれん草と一緒にサラダにして食べると効率よく栄養分を補給することができます。

【小松菜と豆腐のサラダ】

<材料>

  • 豆腐1丁(木綿)
  • 小松菜1束
  • ミニトマト 数個
  • オリーブオイル 大さじ2
  • 醤油 大さじ2
  • レモン汁 大さじ2
  • 塩 小さじ1

①小松菜は根に付いた泥をよく落としてから食べやすい大きさにカットします。
②豆腐は水切りすると栄養が少なくなるので、そのまま一口大にカットします。
③ミニトマトは、ヘタを取って4分の1にカットします。
④小さなボールにオリーブオイル大さじ2、レモン汁大さじ2、醤油大さじ2、塩小さじ1を入れてよく混ぜます。
⑤カットした材料をお更に盛り付けて、上からドレッシングをかけます。

また、絹ごし豆腐に片栗粉を混ぜてお団子状にしたものを茹でて、きな粉と黒蜜をかけると、美味しいスイーツになります。
甘いものが食べたくなった時におすすめです。

3食きちんと食べて適度な運動

脂肪燃焼効果のあるアボカドを追加することでより美味しく食事ができ、ダイエットすることができます。
豆腐だけ食べるよりも食物繊維や発酵食品も取り入れてバランス良く栄養を摂るようにしましょう。
ダイエットする場合は、1食だけごはんの代わりに豆腐を食べるといった方法で、無理をしないで行います。併せて、ウォーキングや筋トレを取り入れて、健康的にダイエットに取り組むと、リバウンドしない引き締まった体形を維持することができます。
なによりもダイエットを成功させるためには、規則正しい生活と、バランスの取れた食生活そして、適度な運動が大切です。

ダイエット時無理な食事制限は禁物

ダイエット時に注意いただきたいのが、無理な食事制限をすると、筋肉量が減少して代謝が悪くなってしまいます。痩せたと思っていても実は、内臓脂肪は落ちていないことが多いのです。そのため、食事を元に戻すと代謝に必要な筋肉が足りなくなっているため、脂肪が燃焼されにくくなりリバウンドしてしまうのです。筋肉は、体を動かすためだけではなく、臓器を動かすためにも存在しています。筋肉が少なくなると、体が疲れやすくなったり、腸の蠕動運動が弱くなり便秘になりやすくなります。そうなると、腸内の悪玉菌が増えて太りやすくなるファーミキューテスという腸内細菌も増えてしまいます。それから、筋肉があることで、体温を保つことができます。筋肉量が少ないと、平熱が低くなると冷え性になってしまいます。そうなると、血行が悪くなり毒素が溜まりやすくなって、太りやすくなるのです。

まとめ

いかがでしたか?魅力たっぷりの豆腐を今後は食事に積極的に取り入れない理由は見当たりません!
早速今晩の夕食のおかずに取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事