ダイエット

プチ断食(ファスティング)で、簡単デトックス&ダイエット

2016.06.27
pelambung / Pixabay

もうすぐ夏本番!薄着になって、体型をどうにかしたいとお悩みの方も多いのではないでしょうか?
今日はデトックス&ダイエットに効果的で、簡単にできる、プチ断食(ファスティング)についてお話ししたいと思います。

プチ断食(ファスティング)とは?

プチ断食(ファスティング)とは、朝食または夕食をファスティングドリンクにすることで、半日以上固形物を口にしないことを言います。ファスティングドリンクがない場合は、白湯やコールドプレスジュースでも行うことができます。
ただし、スムージーだと食物繊維が入っているため、消化が働いてしまい、完全なプチ断食(ファスティング)の効果は得られないので、注意しましょう。

食事から得られないエネルギーを体内で作り出し、普段働きっぱなしの消化器官を半日休めることができるため、内臓の休息が図れます。また代謝アップも期待できるため、ダイエットやデトックスに効果的と言われています。
一般的な断食(ファスティング)は準備期間・復食期間が必要ですが、プチ断食(ファスティング)の場合は準備期間・復食期間の必要がなく、安全かつ気軽に取り組むことができます。

特に女性の場合は、生理直後が1番代謝が良くなる時期なので、ダイエット効果を期待するならば、この時期にプチ断食(ファスティング)をするのがオススメです!もちろん短期的なダイエット効果も見込めますが、定期的に行うことで、少しずつ体の変化が実感できます。

プチ断食(ファスティング)で得られる効果

ダイエットやデトックス以外にも断食(ファスティング)には様々な効果があるのをご存知ですか?
「ファスティングは最大の外科医」と言われるように、消化に使われていたエネルギーを組織や細胞の修復に回せるため、病気の治りを早くしたり、免疫力アップ効果もあります。

カロリーを30%カットすることで、長寿遺伝子にスイッチが入る!?

私たちの体内には長寿遺伝子が眠っており、普段はオフ状態になっています。このスイッチをオンにする唯一の方法は、「摂取カロリーの制限」、つまり飢餓状態です。
常にカロリーをカットするのは難しいですが、定期的にプチ断食(ファスティング)を続けることで、摂取カロリーも抑えられ、長寿遺伝子をオン状態にすることで、アンチエイジングにもつながります。

プチ断食(ファスティング)と合わせて気をつけたい、健康的な食事のポイント

「まごわやさしい」を意識した、和食中心の食生活を送り、食事も腹7分目を心がけましょう。

「まごわやさしい」とは?

  1. ま(豆類)
  2. ご(ゴマ、ナッツ類)
  3. わ(わかめなどの海藻類)
  4. や(野菜・根菜類)
  5. さ(魚類)
  6. し(しいたけなどのキノコ類)
  7. い(イモ類)の略。

また、なるべく消化に負担のかからないような、生の野菜や果物から食事をしたり、野菜や果物もただとるのではなく、彩りを意識して様々な色や種類を心がけましょう。抗酸化作用があり、アンチエイジングにも効果的な栄養素、「フィトケミカル」を取り入れることができます。加工食品に含まれる食品添加物やトランス脂肪酸は、体内の脂肪に蓄積されてしまうため、なるべくプチ断食(ファスティング)で体内をキレイにした後は避けたいものです。

腸内環境を整えて、デトックス体質を高めるためにも、普段から発酵食品を食事に取り入れるのもオススメです。

最後に

いかがでしたでしょうか?
簡単・気軽にできるプチ断食で、自身の体に自信を持って、この夏を楽しみませんか?

関連記事