ダイエット

美容効果もある!サウナダイエットの効果と正しいやり方とは

2016.07.02
solskin / Pixabay

サウナダイエットに関してはみなさんも一度は聞いたことはあるダイエット方法ではないでしょうか?
「サウナダイエットはダイエット効果がない」なんて話も聞いたことがある人もいるかとは思いますが、今回はそんなサウナダイエットがどのようなものか、その効果、正しいやり方やについてご紹介いたします。

サウナダイエットとは?

サウナダイエットとはその名の通りサウナを利用して、たくさん汗をかき、ダイエットをするという方法です。
サウナは温泉などに行くとよくあります。また、最近ではスポーツジムにもあるので、比較的身近にあるものではないでしょうか。

そんなサウナは入ると血流が良くなり、代謝が上がります。その結果、カロリーを多く消費できる身体を得る事が出来ます。

ここが一番重要です。サウナ自体には一見、汗をかくことで体重が痩せるといったダイエット効果があるように感じますが、代謝が上がることによる運動時のダイエット効果の向上や太りづらい身体を得られることがサウナダイエット一番の良さであると思います。理由は後述いたします。

また、健康にも良いですし、カロリーを消費しながらダイエットをする事が出来るので特別な食事制限をする必要はありません。もちろん、暴飲暴食は良くありませんが、食べる事が好きで食べる事を我慢したくない人に向いているダイエット法です。

サウナダイエットは体の中から温まる事ができるのでたくさん汗をかき、やせたい体質に変える事が出来ます。

サウナダイエットの効果とは?

まず初めに、サウナダイエットを実践することで得られる効果についてご紹介いたします。

  1. 代謝が上がることによるダイエット効果
  2. 美肌効果
  3. デトックス効果
  4. リラックス効果
  5. 睡眠の質が高くなる
  6. 疲労回復効果

① 代謝が上がることによるダイエット効果

一番期待出来る事は、サウナによって代謝を上がることによるダイエット効果になります。
若い頃は比較的に痩せやすいですが、歳を取ると共に痩せにくくなるのは、代謝が下がるからです。サウナに入ることで痩せやすい身体を作ってダイエット効果をアップしてくれます。

② 美肌効果

サウナに入ると汗を大量にかくことになります。その結果、新陳代謝が促進されます。そして、古い皮膚を新たなものにするための再生力が向上し、美肌になります。
また、サウナを利用している事で絶えず肌を保湿してくれます。汗をたくさんかくので汗腺が開き、肌の汚れを落とす事が出来るのでサウナダイエットは美肌効果を得られるといえます。

③ デトックス効果

サウナダイエットを行うことにより、身体全体の血液の流れが良くなります。体内に溜まった老廃物を血液とともに流し排出することができます。この老廃物が溜まった状態だと代謝も悪く、痩せづらい状態なので定期的にサウナに行くことはおすすめです。

デトックスの関連記事はこちら

④ リラックス効果

サウナではマイナスイオンによってリラックス効果も得られることができます。

蒸気がある場にはマイナスイオンが発生します。たとえば、シャワーを浴びていても水しぶき(蒸気)が発生しているのでマイナスイオンが発生します。同様に滝の付近にも多くのマイナスイオンが発生し、リラックス効果が得られます。
サウナにもこれと同様の効果があります。

⑤ 睡眠の質が高くなる

身体全体の血液循環がよくなり、心地よい疲労感が起こるので、自然と眠たくなり、質の高い睡眠を確保する事が出来ます。
ストレスがたまってしっかり眠れない人や朝起きても疲れが残ってしまっている人におすすめです。

⑥ 疲労回復効果

デトックス効果で体内に溜まった疲労物質も排出できるようになります。

また、血流が良くなることによって、肩こりなどの症状も改善します。

サウナでどれくらい痩せるのか?

サウナに入ることによって消費できるカロリーは100~200キロカロリーと言われています。
これは、約20分間のウォーキングを同じくらいの消費カロリーでありそこまで多い消費量ではありません。

しかし、サウナを出たあと体重が思ったよりも減っていたという経験はありませんでしょうか?
それは、ただ単に汗をかいた結果、体内の水分が減っただけなので、水分を摂取するとすぐ体重は戻ってしまいます

そのため、「サウナに入って体重が減った!」と一喜一憂し、その後ぐいっとビールを飲んだり、食事をたくさん摂ってしまうと、摂取カロリーが燃焼カロリーを上回ってしまい本末転倒です。

あくまでもサウナでは副次的なダイエット方法であり、脂肪が燃焼しやすい体にすることが本質的な目的になります。
サウナに入ることに加えて、他のダイエットも同時に行うことでより良い燃焼効率を底上げしましょう。

上記でご説明した体の循環が良くなることがサウナダイエットの最も大きなメリットといえます。

有酸素運動に関する記事はこちら

サウナダイエットの正しいやり方とは?

サウナダイエットを正しく行うための方法をここではご紹介いたします。

  1. 入浴前に水分補給する
  2. 10~15分くらいサウナに入る
  3. ぬるま湯でクールダウン
  4. 汗が引くまでゆっくり待ち、水分補給をする
  5. 再度サウナに入る(この流れを4~5回繰り返す)
  6. 水風呂やシャワーを浴びる

① 入浴前に水分補給をする

サウナに入る前には、水分補給が必須です。コップ1杯の水分を補給しましょう。

なぜなら、サウナに入ることでたくさん汗をかいて、水分が体外出て行ってしまうためです。それ以上飲むと内臓に負担がかかります。

② 10分~15分くらいサウナに入る

サウナダイエットの方法はまず、10分から15分くらいサウナに入ります。
これ以上長くサウナに入ると脱水症状になってしまい危険なので、必ずこの時間を守るようにしましょう。

サウナ内のベンチは、上段が高温(90〜100度)で下段は低温(70度くらい)になります。
好みや目的で選びましょう。

低温で15分間じっくり汗を流せば、冷えの改善やストレス解消になります。
また、高温で10分を4、5回繰り返せば、たっぷりと汗をかき、肉体疲労が解消します。

③ ぬるま湯でクールダウン

ぬるま湯に入り、身体をクールダウンさせます。

手、足、頭、心臓の順番でぬるま湯や水をかけて汗を流します。その後に水風呂に1〜2分入りましょう。
サウナ後に体を冷やすことで、血液循環を巡らせ、代謝が上がります。

サウナとクールダウンを交互に3回繰り返せば、健康効果を高めることができます。

④ 汗が引くまでゆっくり待ち、水分補給をする

そして、汗が引くまでゆっくりと待ち、コップ1杯分の水分補給をしてまた、サウナに入ります。

⑤ 再度サウナに入る

①から④の流れを4、5回セットにして行うのが効果的です。

そして、何回か行いサウナから出たら、水風呂や冷たいシャワーを使って身体を冷やします。これは、暖められて開いた血管を収縮させて血管を鍛えるためです。

さらに、自律神経にも影響を与えるので神経系の症状を緩和したり、免疫力を高める効果も期待できます。

サウナダイエットの注意事項

ここではサウナダイエットを行う際の注意事項をご紹介いたします。

  1. 15分以上はサウナに入らない
  2. 汗をかいたままにしておかない
  3. 清潔にしてから水風呂に入る
  4. サウナ後は保湿をしっかりする

注意

① 15分以上はサウナに入らない

サウナは時間を守らなければ非常に危険です。たくさん汗をかこうとして、15分以上入ると、心臓に負担がかかり疲労も大きくなってしまいます。

血圧の高い人は特に注意が必要です。長時間我慢して入ることは、大変危険な行動になります。

② 汗をかいたままにしておかない

ニキビなど肌トラブルがある場合、サウナで汗をかいたままにしておくと、残った老廃物が毛穴に詰まってしまいニキビやトラブルがより悪化してしまいます。
それを避けるためにサウナに入った後はしっかりと汗を洗い流しましょう。

③ 清潔にしてから水風呂に入る

サウナ後にすぐ水風呂に入ってしまうと、開いていた毛穴が引き締まってしまいふさがります。汗が毛穴に侵入していれば、ニキビができてしまいます。炎症があれば悪化させる原因になるので、清潔にしてから入るようにしましょう。

④ サウナ後は保湿をしっかりする

サウナは汗をかいて体の水分が出て行ってしまうので、サウナ後は肌が非常に乾燥しています。

女性であれば、いつもよりも入念に基礎化粧をして保湿をしましょう。

男性に関しても、サウナ後には化粧水や乳液をつけることで、肌の乾燥を防ぐようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか。
サウナダイエットは美容や健康にも良いという嬉しいダイエット法です。

しかし、サウナに直接行かないと出来ないので、忙しい人や小さいお子さんがいる人は続けるのが難しいかもしれません。
そういう人は、お風呂の中でビニール傘をさして入ると、サウナと同じような効果を得る事が出来るので、是非試してみてください。

やり方もサウナダイエットと同様、水分補給をしっかりする事が大切です。サウナに行けない人は是非家でサウナダイエットにチャレンジしてください。

サウナの関連記事はこちら

関連記事