ダイエット

ダイエット効果抜群の食事、最適な食事の時間帯とは?

2016.07.12
obpia30 / Pixabay

ダイエットをしているのに朝起きるのが遅くて朝食の時間がおかしい、夜遅くまで働いて深夜に夜食を食べてしまう。
そんな生活を送っている方は多いのではないでしょうか。今回はそんな方を対象に、ダイエット成果を最大化させる食事の時間帯、それぞれの食事の内容についてご紹介します。

ダイエットに適した食事の時間帯とは?

ダイエットといっても食事を3食食べて健康的に痩せたいですよね。

中には3食も食べすぎなのでは?と思っている人もいるかと思います。
しかし、規則正しく栄養バランスを考えて食べれば太りにくいのです。そもそも身体は「体内時計」のリズムに合わせて活動と休憩を繰り返しています。身体が活動している時間帯に食事をすれば、カロリーを消費しやすく痩せやすいのです。

反対に体が休憩している時間帯に食べると脂肪になり太りやすくなります。

活動と休憩と関係があるのが血糖値です。
血糖値が上がると太りやすく、下がると痩せやすいです。

一日の中で血糖値が下がる時間帯は3回あります。

  1. 1回目が67時ごろ
  2. 2回目が、1011
  3. 3回目が1617時ごろです。

つまり、朝昼晩をこの時間帯に合わせて食事をすれば太りにくいので、意識して食べる事が大切です。

早起きな人、遅起きな人はどのような時間帯に食事するのが良いのか  

しかし、仕事の都合などで血糖値の下がる時間帯に合わせて食事が出来ない人もいます。そんな方々はどんな時間帯に食事をすればいいのでしょうか。

朝起きる時間が早い人

朝

bertvthul / Pixabay

先ほど述べたよう、1日のうちで初めに血糖値が下がる時間が6~7時になります。6時より早めに起きる方でも、可能であれば6~7時の間で食事を取るようにしましょう。

朝起きる時間が遅い人

また、反対に遅く起きる人のベストな朝食時間は10時~11時です。
この時間帯は血糖値が下がる時間帯なのでこの時間に合わせて食べましょう。本来、この時間帯はお昼の時間なのですが、遅く起きる人は朝の
10時~11時に朝食を食べるのがベストです。

その分、お昼までの時間が近いのでお昼の食べ方を工夫しましょう。

朝昼晩、どのようなものを食べるのがいいのか

基本的にバランスの良い食事が理想ですが太らないためには、朝昼晩で食べるメニューに工夫が必要です。

朝食

朝食は1日のエネルギー源になるためきちんと食事を取る事が大切です。
また、朝食で摂取したカロリーは
1日の活動で消費される事から、3食の中では一番カロリーをとっても良い時間帯です。ダイエットのためにも朝食を食べる習慣をきちんとつけましょう。

ランチ

ランチ

siobhandolezal / Pixabay

そして、お昼は一日の中で一番しっかりと食事をする必要があります。
理由は、夜までの間の時間が長いため、しっかりと食べないと間食をしてしまうからです。そして、お昼をしっかりと食べる事で夕食にドカ食いをするのを防ぐ事が出来ます。
お昼は幕の内弁当のような栄養価が高い食品を食べるようにしましょう。

夕食

最後に夕食ですが、夜は一番脂肪が蓄積しやすいので、炭水化物は出来るだけ控えるようにする事が大切です。
しかし、あまりにヘルシーすぎても夜中にお腹がすいて間食をしてしまう可能性があるので、工夫が必要です。そこで、もし白米を食べるなら玄米の方が低カロリーなのでオススメです。

このように、太らないためには朝昼晩では食べる内容を変えるようにすることが大切です。

遅い時間帯に食事をしてはいけないと言われる理由は?

夜遅くの時間に食事をすると太ると言われていますが、何故なのか理由を説明します。

人の体には遺伝子に結合しているBMAL1というたんぱく質の一種が存在します。
この成分は脂肪を蓄積する作用があり、多ければ多いほど脂肪を溜め込むという特徴があります。また、このBMAL1は昼間は少ないのですが、夜に増加する傾向があります。

そして、午後10時頃から急増し、午後2時くらいにピークを迎えます。ですので、この時間帯に物を食べると一番太りやすくなります。
もし、どうしても仕事の都合でこの時間に食事をしなければいけない人は食べ方に工夫が必要なので気をつけるようにしましょう。

ダイエットの時間に適さない時に食事をしたい場合は?

朝起きる時間が遅く、ランチの時間がずれてしまう人、夜遅くにお腹が空いてしまう人、そのような人はたくさんいるかと思いますが、そういった方はどうすればよいのでしょうか。

結論をいうと、糖質の摂取を抑えましょう。

肥満の原因となるものは中性脂肪です。中性脂肪はお米、穀物、イモ類、砂糖などに多く含まれていますので、これらの食材を使った食べ物は極力食べないようにしましょう。

特に菓子パンはコンビニ等で手軽に買うことができ、ついつい手を伸ばしてしまいますが、実は非常に糖質が多く含まれカロリーも高いので注意しましょう。

小腹がすいた時のおすすめ① 豆乳おからクッキー 大豆70% 野菜MIXセット

価格1,000円(税込)

詳細はこちら

置き換えダイエットでも有名な、豆乳クッキーです。
と一緒に食べることによって、お腹が膨れるので満腹感をえることができます。

小腹がすいた時のおすすめ① DHC 食べたい時のダイエット茶 レモンティー 30包入

価格1,070円(税込)

詳細はこちら

『食べるの大好き!でも痩せたい!』という方におすすめの、水やお湯に溶かして飲む粉末タイプのダイエット茶です!
ダイエット中の方はもちろん、コレステロールが気になる方や健康値が気になる方もぜひお試しください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

太りやすい時間帯、そうではない時間帯を把握し最適な時間帯に食事をすることで、みなさんもダイエットを成功させましょう。

関連記事