ダイエット

ダイエット効果抜群!水泳ダイエットの効果、やり方のご紹介

2016.07.06
skeeze / Pixabay

小さい頃は学校で授業もあり、おそらくほぼ皆さんが一度は経験されたことのある「水泳」。

実はこの水泳、ダイエットのための運動としては非常に効果的であり、運動をして痩せたい方であればとてもおすすめです。多くの効果が得られる水泳ダイエットですが、一番のアピールポイントとなるのは、これからの夏の季節に非常に重要となってくる「綺麗なボディライン」を作れるという点です。

様々なダイエット効果を得ると同時に、綺麗なボディラインを作れる水泳ダイエット、女性必見です!

水泳ダイエットとは?

水泳ダイエットとは足腰に負担をかけず、水の浮力や抵抗力を利用したダイエット法です。いろいろな動き方や泳ぎ方をすることで楽しくカロリーの消費ができます。カロリーの消費量が非常に高くバランスの良い筋肉をつけてくれるので、とても良いダイエット方法です。

プール

誰でも無理なくはじめる事ができ、自分のペースで運動をすることができます。屋内であれば天候に左右されることもありません。

最低3カ月間、週に2回以上1時間ほど泳ぐ時間を確保すれば水泳ダイエットは可能です。ほぼ全てのダイエットに言えることですが、最大の鍵は「継続」です。

水泳ダイエットの効果とは?

  1. ダイエット効果
  2. ボディラインを綺麗にする効果
  3. リラックス効果

① ダイエット効果

水中でウォーキングをしようとした際、水中では水の抵抗があり足に負荷がかかるため、思うように進むことができません。力を入れて歩こうとすると、もちろん足に力を入れることになるのですが、実は水中の場合全身の筋肉を使っています。
そのおかげで筋肉が適度について、その筋肉が脂肪を燃焼しやすくします。さらに代謝もよくなります。また、水の抵抗によってインナーマッスルを鍛える事ができ、お腹の引き締め効果もあります。

ポッコリお腹の人の多くは、インナーマッスルがない状態で、内臓を支えきれなくなりお腹に収まるはずの胃や腸が骨盤らへんまで落ちてきてしまい、お腹がぽっこり出てしまっているのです。

そのような方が水泳ダイエットをすると、下がってきていた内蔵を再度上げることができ、お腹周りがすっきりし、ダイエット効果をより目に見えた成果として得られるのです。

② ボディラインを綺麗にする効果

バランスよく筋肉がつくので、キレイなボディラインになることができます。体幹も強くなるため、姿勢の改善にもつながります。
ダイエットをする目的の大きな理由は「綺麗になる」ことではないでしょうか。痩せつつも、ほどよく筋肉がつく水泳ではまさに「健康美」が手に入れられるのです。

③ リラックス効果

実は、水の中にいるだけで人はリラックスできると言われています。重力から解放されるので、ストレス発散にもつながります。

ボディライン

なぜ水泳ダイエットは効果的なのか?

理由はとても明らか!水泳はカロリーの消費量が大きいのです。

水中における体の負荷は非常に大きく、1時間泳いだ場合にはウォーキング1時間と比べて約4倍の効果があるのです。

  • 1時間泳いだ場合の消費カロリー:約600 kcal(クロールを想定)
  • 1時間水中で歩いた場合の消費カロリー:約300 kcal
  • 1時間外で歩いた場合の消費カロリー:約150 kcal

また、このようにカロリーの消費量が大きいにも関わらず、浮力があるため足腰への負担が小さいことも水泳ダイエットのポイントです。

最近、マラソンがブームになってきておりますが、普段運動をしていない人がいきなり長距離を走ることは非常に足腰に負担がかかるのです。体への負担が小さく、長期に渡って続けていくことができる、という点も水泳ダイエットの魅力でしょう。

おすすめの泳ぎは?どれくらいの時間やるといいの?

軽い泳ぎを長時間やることが1番有効になります。理想の時間は30分〜60分です。ですから、平泳ぎで30分以上ゆったりと泳ぐことがお勧めになります。他の泳ぎと比べて楽に泳ぐことができますし、間違ったフォームになりにくい泳ぎ方です。

浮力を上手く利用して大きく手足を動かすことがポイントです。平泳ぎは腹筋を鍛えることもできます。

少し体力に自信のある方は是非クロールに挑戦してみてください。消費カロリーが最も高く、最もバランスよく筋力がつくと言われています。クロールをされる場合にも、一番のポイントは長時間行うことですので、急いで泳がずゆっくりのんびり泳ぎましょう。

平泳ぎ

クロールの体重、時間別の消費カロリーはどれくらい?

下記表は、通常の速さ(45.7m/分未満)のクロールで泳いだ際の消費カロリー(単位:kcal)になります。25mプールを約30秒くらいで泳ぐと認識してください。早く泳いだ場合の消費カロリーは下記数字の1.2倍くらいになります。

平泳ぎの体重、時間別の消費カロリーはどれくらい?

ゆっくりと平泳ぎで泳いだ時の消費カロリー(単位:kcal)です。早く泳いだ場合の消費カロリーは下記数字の2倍くらいになります。

水泳ダイエットをするときの注意事項

筋肉をほぐしておくとより脂肪燃焼に効果的なので、プールに入る前にストレッチをすることが大切になります。また無理せず楽しく続けることが大事です。

水泳ダイエットは思った以上に体力を使う運動なので、暴飲暴食をしないように3食しっかり食べるようにしましょう。筋肉を作るためにタンパク質は多めに取ります。
それ以上食べたいときには、水泳ダイエットをする前後どちらかにバナナやジュースなどの糖分を摂取するようにします。空腹感が抑えられますし、食べすぎを防ぐことができます。

また、泳げないという方でも、水中歩行するだけで効果があります。体をひねったり、もも上げをしたり、腕を大きく動かすことでより効果を高めましょう。

リバウンドをしないためには?

水泳ダイエットは消費カロリーも多くダイエットに効果的なのですが、やめたあとのリバウンドだけは注意してください。

消費カロリーが多いがゆえに、水泳ダイエット中は多少カロリーが高い食事を食べても太らなかったということもあるとは思いますが、やめたあとに同様の食事を続けるとあっという間にリバウンドをしてしまいます。
なので、ダイエットをやめたあとの摂取カロリー量は気を遣うようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。効果抜群の水泳ダイエット。

プールがある場所に行って、着替えて、タオルも大きめのが必要・・・正直、少し面倒なところは否めません。しかし!何度も繰り返しますが、水泳ダイエットは効果抜群なのです。運動を取り入れてダイエットをされたいという方、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事