ダイエット

縄跳びダイエットとは?その種類、効果、正しいやり方とは?

2016.07.20
Pexels / Pixabay

ダイエットのための運動として、真っ先に頭に浮かぶ運動といえば「ウォーキング」「ジョギング」「スイミング」などの運動ではないでしょうか。

今回は、なんと1日たったの10分でOK!ウォーキングやジョギングに飽きてきた時にこそ最適な、縄跳びダイエットをご紹介します。

縄跳びダイエットとは?

有酸素運動の典型である縄跳びは全身運動です。

その縄跳びを1日10分程度毎日跳ぶダイエットのことを縄跳びダイエットと言います。家の前や少ないスペースでできるので、継続しやすくお手軽なダイエットになります。

もちろん、縄跳びダイエットのみを続けて頂いても良いのですが、ジョギングなどの他の運動と組み合わせるとより良いでしょう。ジョギングのデメリットである、天候に左右されたり、コースに飽きるなどの部分を補ってくれます。

また、今までできなかった飛び方ができるようになると、ゲームをクリアしていくような感覚で遊び心を持ちながら続けられるのも縄跳びダイエットのポイントです。

縄跳び

縄跳びダイエットの効果とは?

縄跳びをまっすぐ跳ぶだけで軽いジョギングの1.3倍の運動量になります。

運動量が高く消費カロリーが高いのです。全身の筋肉を使うことができ、ふくらはぎや下半身の引き締め効果もあるところが縄跳びダイエットのいいところでしょう。

また、縄を回すので腕・肩・肩甲骨の周りの筋肉も鍛えることができ、上半身の運動にもなっています。
1カ月以上続けると心肺機能が向上しますし、体脂肪をエネルギーに変換する場所が活性化されて太りにくい体に変わります。

上級者にはサウナスーツを着て縄跳びをすることをお勧めします。汗を大量にかくことができて、体に溜まった老廃物を外に出してくれる働きがあり、運動量も変わります。

詳細はこちら

どんな飛び方がいいのか

まずは両足跳びからはじめます。

それが慣れてきたら徐々に跳び方を変えていきます。駆け足跳び・ケンケン跳び・交差跳び(あや跳び)・二重跳び・ハヤブサ跳びなど難しい跳び方にすればするほどダイエット効果が上がります。

跳ぶときにかかとをあげてつま先だけで跳ぶとさらに脚が引き締まります。

どんな縄跳びがいいのか

縄跳び自体は100円ショップの縄跳びで構いません。

ボクサー使用の縄でもいいですが、重量が3倍になります。身体への負荷が違うので、慣れてきてレベルを上げたいときに使うといいでしょう。タニタ製の跳んだ回数と消費カロリーが出る縄跳びもあります。

縄の長さは自分の体に合った長さにしましょう。グリップを握って片足でロープを踏んだときに、ロープが胸と肩の間くらいにくるのが理想の長さと言えます。

ウイニング Winning ボクシング 革製スキップロープ

 

詳細はこちら

タニタ カロリージャンプ

詳細はこちら

縄跳びダイエットの正しいやり方とは?

3カ月間これらのスケジュールで行うと効果が現れます。

  • 1ヶ月目:10分以内で1分間に50〜60回。2分ごとに休憩30秒を挟む
  • 2ヶ月目:10分以内で1分間に60〜70回。5分ごとに休憩30秒挟む
  • 3ヶ月目:10分以内で1分間に70〜80回。10秒の休憩を1〜2回

継続することが大切なので、音楽を流しながら跳ぶと気分も上がり楽しく跳ぶことができます。10分間継続するのが難しい場合は、小分けにしても大丈夫です。続けていけば継続できるようになります。

また、ウォーミングアップをして身体を温めてから始めると、より血行が良くなって代謝が上がります。

縄跳びダイエットの注意事項とは

  1. 姿勢よく飛ぶ
  2. 運動用の靴をはく
  3. 高く飛び過ぎない
  4. 運動の後はマッサージ
  5. 暴飲暴食はNG

姿勢よく飛ぶ

跳ぶときに背中を丸めたり、後ろ体重にならないようにします。

運動用の靴を履く

履く靴は、軽くてクッション性のあるジョギングシューズなどを履きましょう。家の中でする場合はマットなどを敷きましょう。

高く飛びすぎない

脚に負担がかかるので、あまり高くは跳ばないようにしましょう。着地する時に全体重が脚にかかるので、ひざや足首に大きな負担がかかります。長時間跳ぶような無理をしてもいけません。

運動のあとはマッサージ

筋肉が硬くなりやすいので跳び終わった後にお風呂などでふくらはぎを軽くマッサージをして揉み解しておきます。

暴飲暴食はNG

運動しているからといって食べ過ぎは禁物です。
341773

縄のない縄跳び?エア縄跳びとは

  • 縄跳びダイエットをしたいけど近くに公園はないし、家にはそんなスペースない
  • チャレンジしてみたいけど、10分もちゃんと飛べるほどの体力がない

ここまでの記事を読み、そんな事を思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな皆様にはぜひ、縄跳びダイエットの進化版である「エア縄跳び」をお勧めします!

エア縄跳びとは、縄跳びをする際と同様の動きを縄がない状態で行うのです。

縄がない以外には縄跳びダイエットとの違いはございません。飛んでいるフリを実際にしていただくのです。

飛んでいる動きをするだけなので、特別な道具は必要ございませんが、気持ちを切り替えるためにも以下のようなグッズを用いて行うことをお勧めします。

エア縄跳び

詳細はこちら

エア縄跳びの大きなポイントは2つ

  • いつでも、どこでもできる

縄がないので、飛ぶスペースさえ確保できれば、いつでもどこでもできます。

  • 飛べない人でもチャレンジできる

実際に縄がないため、縄跳びが苦手な方でもチャレンジできます。

まとめ

いかがでしたか?

どなたでも簡単に、かつ低価格で始められる縄跳びダイエット。ダイエットをしている方には、気分転換にもなる、遊び心も含んだダイエットです。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

関連記事