健康

【高血圧】生活習慣の改善で高血圧改善!?Vol.2 高血圧を治そう!

2015.10.31
心臓

高血圧がなぜ体に悪いのか、高血圧はどうしたらなるのかを前回はご説明しました。今回はどのようにすれば高血圧を治すことができるのかについてご説明が出来ればと思います。

どのように高血圧を治すか?

基本は食生活の改善で高血圧を治すことが出来ます。無理なく健康的な血圧を保つためにどうすればいいのでしょうか。

①減塩

塩分を摂り過ぎると血液中のナトリウムの濃度を一定量にするために血液量が多くなります。その結果、血液が血管を圧迫することになり、高血圧となってしまいます。そのため、塩分を控えることは非常に重要です。

  • ナトリウムの少ない調味料を使おう
    • 減塩に配慮した調味料は近年でも増えてきました。醤油は割り醤油にすることや、減塩調味料をつかうなど、普段のよく使う調味料だからこそ工夫をしてみてください。
  • 食材選びを工夫しよう
    • カリウムを多く含む食材を選ぶ。カリウムは体内の余分なナトリウムを排出する作用を持ちます。そのため、カリウムの積極的な摂取は高血圧予防に非常に効果があります。昆布、ひじき、芋類、ほうれん草、小松菜、モロヘイヤ、にら、プルーン、アボカド、バナナ、マンゴーなどに多く含まれています。

②生活習慣を変えよう

  • 肥満予防、改善
    • 体重が増えることにより、血液量も増え、脂肪が血管を圧迫することにより、血管にかかる血液の圧力が増します。ダイエットは容姿を美しくするばかりでなく、血圧にも影響をおよぼすものなんですね。
  • ストレスの軽減
    • 精神的ストレスを感じることによって血圧を向上させてしまいます。神経の緊張がなくなると、血管が拡張するため血圧が下がります。
  • 適度な運動
    • 適度な運動は心臓や肺の働きを向上させ、血液の循環を促進します。また、運動を通してストレス解消や、肥満予防にも役に立ちますので一石三鳥と言えるかもしれません。

③高血圧に良い栄養素を摂取する

  • 食物繊維
    • 食物繊維にはナトリウムを包み込み、排出する作用があります。穀類、豆類、芋類、海藻類、果物を食べることがおすすめです。
  • タンパク質
    • タンパク質は筋肉を強化するもののイメージが強いかもしれませんが、丈夫な血管を創るためにも非常に重要な役割を持っています。
  • ポリフェノールなど
    • 血管の細胞を守る働きもします。

血圧は、毎日の食生活の積み重ねで大きく変わります。若いうちから高血圧に注意していきましょう。高血圧が原因で心筋梗塞、脳卒中などになったら大変ですし。。

 

関連記事