ダイエット

ダイエットシェイクとは?種類別効果、正しい飲み方のご紹介

2016.07.24
By: Kanko*

ダイエットシェイクという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
置き換えダイエットの一つなのですが、ダイエットシェイクは多くの種類があるので何を選べばいいのかわからない人も多いかと思います。

今回はそんなダイエットシェイクとは何で、どんな種類があるのか、それぞれの効果、正しい飲み方について詳しくご紹介します。

ダイエットシェイクとは?

ダイエットシェイクとは、手軽に出来ると人気の置き換えダイエットの一つです。

やり方は、食事自体と置き換えたり、ご飯やパンや麺類など主食となるものと置き換える事といったものです。
そして、
13食のうち1食または2食をダイエットシェイクに置き換えるだけで痩せるので比較的成功しやすいダイエット法です。

ダイエットシェイクのいいところは、ダイエットシェイク自体がダイエット用に作られているため、1日に必要なバランスがきちんと配合されているところです。

そのため、健康的に痩せられると話題になっています。

他の置き換え食品と比べて何がいいのか?

  1. 必ず必要な栄養素を摂れる
  2. 腹持ちがいい

① 必ず必要な栄養素を摂れる

置き換えダイエットをする際に起きやすい問題が、栄養の偏りです。

もちろん、置き換えをしない食事で足りない栄養素を補えば問題はないのですが、足りない栄養を補うためを思い、食事を選択するのは少し面倒です。

ダイエットシェイクのほとんどは、必要な栄養素をしっかりと摂れるようになっておりますので、他の食事で栄養を補うなどしなくても問題ございません。

② 腹持ちがいい

見た目も華やかなものが多く、満腹感を得られるため、置き換えダイエット時に最も注意しなければならない間食を避けることができやすいです。

ダイエットシェイクにはどんな種類があるのか?

ダイエットシェイクといっても様々な種類があります。

例えば、ダイエットシェイクの中には、美容成分が含まれている美容液ダイエットシェイクもあるので、ダイエットしながら美肌になりたい人は、美容液ダイエットシェイクがオススメです。

それ以外にも便秘解消に効果があるもの、7種類の味があり、日替わりで飲めるもの、ホットでもアイスでも飲めるものまでたくさんあります。自分に合うものを探してください。

それぞれのシェイクの効果とは?

  1. ダイエットシェイクのメリット
  2. ダイエットシェイクのデメリット

① ダイエットシェイクのメリット

ダイエットシェイクは健康的に痩せられるように1日に必要な栄養が含まれています。

しかし、美容液ダイエットシェイクは、さらに肌荒れに効果的な成分も含まれています。
ダイエットしながらお肌も綺麗に出来るので、美容を気にする人はオススメです。美容液ダイエットシェイクは、美容成分である「ピュアコラーゲンペプチド」が
1食に4000mgも入っているので痩せながらお肌をツルツルにする効果があります。

そして、便秘に効果的なダイエットシェイクは3種類のオリゴ糖と乳酸菌、食物繊維が含まれているので腸内環境を整えて、便秘解消も促してくれる効果があります。ダイエットシェイクといってもその種類によって特化しているものがあるので、繰り返しになりますが自分に合わせて選んでください。

② ダイエットシェイクのデメリット

非常におすすめのダイエットシェイクですが、ほかのダイエットと比べるとコストがかかってしまうのがデメリットでしょう。

もちろん、外食に行ったと考えれば安いですが、美容液ダイエットシェイクなどでは1食分が500円を超えるものも少なくありません。

チャレンジする際には、途中でやめることなく絶対にやりきるという気持ちで始めることをおすすめします。

ダイエットシェイクの正しい飲み方

ダイエットシェイクは基本的に、ただ飲むだけで、3食のうちいつ置き換えても構わないのですが、タイミングによって効果に若干の違いが出てきます。

置き換えるタイミングとしては、3食のうち夕食がオススメです。
理由は夕食は
1日の中でもたくさん食べたり、カロリーを多くとってしまいがちです。

そのため、一番太る原因になってしまう夜にダイエットシェイクを置き換える事で摂取カロリーを抑えることができ、効果がアップします。
また、朝食や昼食に関しては
1日のエネルギー源になり活力になるものなので、ダイエットシェイクを飲むのはおすすめしません。
理由は、朝と昼に置き換えてしまうと、お腹がすいて間食をしてしまう可能性があるので、食べた後は寝るだけの夕食がやはり一番効果的といえるでしょう。

間食をしてしまうとダイエットが台無しになってしまいます。
ぜひ、夕食にダイエットシェイクを飲みましょう。

注意事項

  • 置き換えない食事にも注意を

置き換えない食事(ダイエットシェイク以外の食事)は栄養に気をつけて食べることが大切です。

置き換えない食事が偏っていると栄養バランスが崩れてしまうので、本末転倒です。
いくらダイエットシェイクに栄養が入っているといっても食事本来の栄養も大切なので、バランスの良い食事を心がけましょう。

また、あまり厳しい食事制限をするとダイエット後にたくさん食べてしまいリバウンドの原因になるので、厳しすぎる食事制限は控えましょう。

シェイク

caro_oe92 / Pixabay

さらに効果を出したい人にアドバイス

ダイエットシェイクを飲みつつもさらにダイエット効果を出したい人は下記を参考にしてください。

  1. 有酸素運動を平行して行う
  2. 温めて飲む

① 有酸素運動を並行して行う

ダイエットシェイクはあくまで食事だけのダイエット法なので、有酸素運動を取り入れるとさらに効果がアップします。ジムに行ったりするのが厳しい人は時間がある時に筋トレをするだけでも効果があるのでダイエットシェイクと平行して行いましょう。

有酸素運動に関連する記事は下記をご参照ください。

② 温めて飲む

ダイエットシェイクには温めて飲んでも大丈夫なものがあります。
内蔵を温めると基礎代謝が上がるといわれているので温められる場合は、出来るだけ温めて飲む事をオススメします。

おすすめダイエットシェイクをご紹介

美容液ダイエットシェイク(初回限定20%OFF)

価格6,912円(税込)

ご紹介した美容液のダイエットシェイクです。

詳細はこちら

マイクロダイエットドリンク 人気のドリンク3食 お試しセット

価格1,500円(税込)

ダイエットシェイクの中では有名なマイクロダイエットのダイエットシェイクです。

詳細はこちら

1袋プレゼント☆ 酵素グリーンスムージー チアシード配合 約250杯分

価格9,920円(税込)

大きな満腹感が得られ、ダイエット食品として注目を浴びているチアシードを含んだダイエットシェイク

詳細はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?

こちらの記事でもご紹介している置き換えダイエットの中でも、比較的取り組みやすいダイエットシェイク。

是非チャレンジしてみてください。

関連記事