ダイエット

和食ダイエットとは?効果、やり方、和食の食事宅配サービスもご紹介

2016.08.11

和食はダイエットに効果的。

そんな話を聞いたことはないでしょうか?
今回は和食を食べる和食ダイエットとはどのようなもので、どのような効果があるのか、正しいやり方などを詳しくご紹介します。

和食ダイエットとは?

近年の食事はすっかり洋風化してしまいました。

朝食はパンやシリアル、昼食はパスタやサンドイッチ、夕食にはハンバーグやステーキ。
これは洋食の一例ですが、昔の日本人ではありえないような食事内容です。

ステーキ

その結果として、脂っこくカロリーの多い食事が日本中で増えていきました。

和食は低カロリーな料理が多く、非常にダイエットに向いています。

たとえば、和食の代表である白米。
これが洋食ではパンにあたります。白米は純粋に穀類だけですが、パンにはバターなどの油脂が製造の過程で添加されており、その分だけ和食の方が低カロリーになります。

また、和食の代表である魚は、脂肪分が少なくとってもヘルシーですが、洋食の代表である牛肉や豚肉には脂肪分がたっぷりです。そういったことを加味すると、洋食よりも和食の方が摂取するカロリーが少なくなります。

和食は洋食と比べてダイエット向きなのです。

そんな和食を、ダイエットに取り入れたのが和食ダイエットです。
1日3食のうち、最初は朝食だけから、次第に3食すべてを和食に置き換えることを目指します。

以下では、和食の効果を詳しくご紹介するとともに、和食ダイエットの方法や注意点などもご紹介していきます。

和食の効果とは?

ここでは和食の健康に与える効果として、ダイエット効果とそれ以外の効果とに分けてご紹介していきます。

和食

和食のダイエット効果

まず和食のダイエット効果からご紹介していきます。

  1. 低カロリー
  2. 満腹感、満足感を得やすい

① 低カロリー

和食のダイエット効果として真っ先にあげられるのが低カロリーだということです。

先ほどもご説明しましたが、和食は洋食と比べて低カロリーです。

主食であるご飯には油を使っていませんし、主食となる魚などは洋食と比べて脂肪分が少ない。
そのため、洋食を食べるよりも和食を食べる方が太りにくいのです。

② 満腹感、満足感を得やすい

和食が「一汁三菜」を基本としていることも、和食がダイエットに効果のある理由でもあります。

これは、汁物を摂ることでの満腹感、満足感を得る効果、また小鉢のおかずを食べることで野菜の摂取量が増える効果が期待できます。

汁物を摂ることである程度の水分を胃内に入れることになりますから、その分満腹感を得ることができます。

また汁物は食事全体の満足感を得ることにも繋がります。
試されるとすぐに実感いただけると思いますが、汁物のある食事と汁物のない食事とを食べ比べてみた場合、明らかに汁物のある食事の方が高い満足感を得ることができます。

そして、食べる野菜の量が増えることもダイエットにプラスの効果をもたらします。
野菜には食物繊維が含まれており、食べ過ぎた糖質や脂質を排泄する働きがあります。

和食では一汁三菜を基本としているため、たくさんの野菜を食べることができ、ダイエットに効果的です。

その他の効果

  1. 疲労回復
  2. コレステロールを下げる

① 疲労回復

大豆製品を使っているのも和食の特徴です。

和食の代表である味噌汁、また和食の味付けに欠かせない醤油も大豆製品です。
そのほかにも、油揚げや豆腐、苦手な方が多いかもしれませんが納豆も大豆製品です。

このように、和食ではふんだんに大豆製品を使用しています。

大豆製品は健康に良い効果がたくさんあります。
例えば、大豆に含まれる大豆ペプチドは疲労を回復させる効果があるとしてスポーツ選手からも支持されています。

② コレステロールを下げる

疲労回復に加えてですが、大豆に含まれる大豆レシチンという成分はコレステロールを下げる働きもあるとして医療への応用が期待されています。

さらに、大豆は植物性のたんぱく質が多く含まれているため、ダイエット中に不足しがちなたんぱく質を補給することができます。このように、大豆を食べることで様々な健康効果が期待できるのです。

また魚をたくさん食べるのも和食の特徴です。

魚のもたらす健康効果は多々ありますが、その代表として魚に含まれる不飽和脂肪の効果を紹介します。
脂肪酸には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2種類があり、そのうち肉類の多いのが飽和脂肪酸、魚に多いのが不飽和脂肪酸です。

不飽和脂肪酸には血中のコレステロールを下げる働きがあり、その結果として心臓病などを予防する効果があります。

和食を中心としたダイエット方法の正しいやり方とは?

  1. まずは朝食の1食のみ和食に変える
  2. 最終的に3食和食に変える

和食ダイエットで成功するためには、少しずつ洋食から和食に置き換えていきましょう。

一気に和食に変えてしまうのは中々難しいもの。
早急に変化させるとその分リバンドも早く強くきてしまいます。そのため、少しずつゆっくりと和食に変えていきましょう。

その際は、まずは朝食から変えていくというのがおススメです。
洋食の朝食といえばパンやシリアルが代表的。最初はそれらをおにぎりと味噌汁なんかにかえるだけで良いでしょう。

昼食や夕食を一気にかえるのは少し難しいかもしれませんが、量が少なめな朝食をかえるだけなら簡単に実施できるのではないでしょうか。

ただし、量が少なめの朝食を和食にかえるだけだと、効果も量と比例して少なめになります。なれてくると昼食や夕食も和食にかえていくようにしましょう。

食事に関する記事はこちら

和食ダイエットをおすすめする理由とは?

ダイエットに和食をおススメする理由は、もちろん先に書いたようなダイエット効果を得られるからです。

食品中の油が少なくカロリーが低いこと、汁物を摂ることにより満腹感・満足感を得やすいこと、野菜を食べることによりダイエット効果のある食物繊維を摂取できることなど。またその他にも大豆製品や魚からもたらされる健康効果も和食をダイエットにおススメする理由です。

しかしそれだけではありません。

そもそも和食をダイエットにおすすめする理由は「単純に日本人に和食が合っているから」です

日本人が洋食を食べだしたのは日本人の長い歴史からすると最近の話。
それ以前はずっと和食を食べていました。そのため、日本人の体は和食を食べるのに適した体をしています。

最近食べ始めた洋食に適応するのには気が遠くなるほどの長い年月が必要になるでしょう。

また幸いなことに、和食は世界で健康食として認められています。

これらがダイエットに和食をおすすめする理由です。

自宅で手軽に和食を食べたい人は食事宅配サービスがおすすめ

忙しすぎて自炊ができないけど、健康的な食事がしたい、和食が食べたい等といった人もいるかと思います。

そんな方におすすめのが簡単・便利な食事宅配サービス「食宅便」です。

食事宅配サービス

「食宅便」の日清医療食品は、日本全国の病院・福祉施設への食事サービス実績NO.1。 全国に約9,000人の管理栄養士、栄養士を擁するヘルスケアフードのリーディングカンパニーです。

美味しくてヘルシーな食事を、どうにかご自宅でも楽しんでもらいたいと始めたのが「食宅便」です。

商品開発には多くの管理栄養士が参画。
栄養バランスに優れ、とても豊富なバリエーションのメニューが手軽に楽しめます。

自宅に届く「食宅便」は、冷凍のおかず7食セット。

1食分は、主菜を含め、約20種類の食材を使用した5つのおかずで構成。レンジでチンすれば、いつでもお手軽に食べることが出来るため、職場に持っていくことも可能で、忙しいサラリーマンや主婦の方にもおすすめ!

また、様々なラインナップがありますので自分の好みに合わせて選びましょう。具体的には、下記をご確認ください。(ダイエット目的の場合はカロリーケアを選びましょう)

  • 和食
  • 洋食
  • 中華
  • 肉料理
  • 魚料理
  • 塩分ケアメニュー
  • カロリーケアメニュー
  • タンパク質ケアメニュー

冷凍だから、毎日届いてしまう宅配弁当とは違い、必要のないときは食べなくても問題なし。

冷凍庫にストックしておけば、忙しくて買い物に行けなかったときや体調のすぐれないときもジャンクフードに頼ることなく、栄養バランスのよい食事を摂ることができます。

詳しくはこちらをご確認ください:簡単・便利な食事宅配サービス「食宅便」

和食ダイエットの注意事項

和食ダイエットの注意点は塩分の摂取量が多くなってしまう傾向にあるということです。

注意

これは和食の唯一の弱点といっても過言ではありません。
醤油や味噌などは和食の味付けに欠かせない調味料ですが、それらを使うとどうしても塩分量が多くなってしまいます。そのため、和食の塩分量はかなり多め。

それが原因の一つかもしれませんが、高塩分食を発生原因とする胃がんは日本人に特徴的に多く見られる病気でした。

高血圧の持病がある方や、医師から塩分を控えるように支持されている方は特に注意してください。

和食ダイエットでさらに効果を出したい場合は?

さらに効果を出したいという方は、食べる順番に気を使いましょう。

洋食などではあまりみられませんが、和食の場合はおかずとご飯、味噌汁を交互に食べる「三角食べ」をします。
この食べ方は日本人の味覚にあった繊細な食べ方なのですが、残念ながらダイエットの面から見るとあまり好ましくありません。

ダイエットのためには血糖値を上げやすいご飯はおかずを食べた後に食べるのが良いのです
そのため、ダイエットを目的として和食を食べる方は、先におかずを食べて、その後にご飯を食べるという食べ方をするのが良いでしょう。

食事に関する記事はこちら

ダイエットにおすすめのプロテインのご紹介

ダイエット目的でも、筋肉をつけ体脂肪が燃えやすい身体を作るために、プロテインにてタンパク質を摂取する必要があります。

また、その際にカロリーや他の栄養素も満遍なく摂取できるプロテインを選ぶことがポイントです。

こちらでご紹介する、プロテインはダイエットがより効果的になることを目指しています。

特におすすめするのは①のIMPACT ダイエット・ホエイプロテインです。
ダイエットをしたい方であればだれにでもおすすめです。

注釈①:タンパク質含有量は、それぞれのプロテインが推奨する1食あたりの量に対して何%のタンパク質が含まれているかを含有率と含有量でそれぞれ記載しています。

注釈②:100gあたりの単価は記事の公開時(2017年10月28日)の価格になります。(小数点以下四捨五入)

注釈③:基本的には付属のスプーンで1スクープ(1杯)30gです。プロテイン毎に1食で推奨されている量が異なりますので気を付けましょう。

プロテイン毎に成分や使用目的、使用のタイミングも微妙に異なってきますので、ここでそれぞれの特徴を理解しましょう。

① IMPACT ダイエット・ホエイプロテイン

IMPACT ダイエット・ホエイプロテイン

¥ 4,550(1450g)

詳しくはこちら

  • タンパク質含有量:60%(35g)
  • 1食(58g)あたりの単価:約182円

Impact ダイエット・ホエイプロテインとは

低GI(グリセミック指数値)で作られた低炭水化物と濃縮乳清タンパク、乳タンパクによってブレンドされているプロテインです。

またタンパク質以外にも、緑茶エキスやL-グルタミン、アセチル-L-カルニチン、必須脂肪酸といった成分も含まれているため、トレーニング向けとは異なる栄養分が入っているプロテインでもあります。

この製品のメリットとは

筋肉をつけるためにタンパク質は欠かせない栄養素です。

Impact ダイエット・ホエイプロテインは、私たちの生命活動には欠かせないタンパク質はもちろんのこと、アセチル-L-カルニチンと緑茶エキスが配合されています。

含有しているインスタントオーツは、正常な血糖値レベルを維持しエネルギーを持続放出する低GI炭水化物であり、健康の源となります。

オーツ中のβ-グルカン(ベータグルカン)という成分は正常な血中コレステロール値を維持し、食後の急激な血糖値上昇を緩和するのに役立ちます。

誰に効果的か

不必要な炭水化物や脂質、カロリーを抑えたい、そして毎日のタンパク質摂取を目標にしている全ての方にお求めいただけます。

また体重を減らしたい、体の脂肪を取り除きたい、しかし筋力は増やしたいという方全てにおすすめです。 毎日のタンパク質摂取向上のため、終日ご利用いただけます。

ご利用方法

十分な食事をとる余裕が無い時、簡単な食事の際の栄養の補助として使用ください。

飲むときは水やミルクと共に、またはお好きなスムージーやヨーグルトに混ぜるなどアレンジも可能です。

② マイダイエット™

マイダイエット™

¥ 5,710(1000g)

詳しくはこちら

  • タンパク質含有量:80%(27g)
  • 1食(35g)あたりの単価:約197円

マイダイエットとは

高品質なMYRangeシリーズの一つで、優れたプロテインブレンド – ミセル XL™, D-セル™ (ミセラーホエイ) と天然ホエイアイソレートと目標達成のための人気成分を配合しています。

味のバリエーションは、チョコレートブラウニーやストロベリーミルクシェイク、バニラクリーム、塩キャラメル、バナナクリームフレーバーが選択可能です。

マイダイエットを利用するメリットとは

タンパク質は筋肉の成長と維持に必須の栄養分で マイダイエットには1食当たり27gものタンパク質を含有しています。

他にも、重酒石酸コリン、カロリー制限ダイエットに有用なグルコマンナンも配合しています。

含有されている栄養分

  • パントテン酸:エネルギー生成プロセスや精神機能、疲労軽減の効果
  • シナモン抽出物 30:1 : シナモンコンセントレート(30:1の比率で配合)、6gのシナモンに相当
  • CLA パウダー:ベニバナ油から抽出
  • 抹茶抽出物:ポリフェノール

誰に効果的か

プレミアムなダイエットプロテインシェイクをお求めの方から、緩やかな減量、健康的な生活の維持を考えているかた全てにオススメです。

グルコマンナンはカロリー制限による減量に用いられます。

その効果は、グラス1杯の水と一回1gの服用量食前に摂取し、合わせて一日3gの摂取が有効です。

注意①:この商品は嚥下(えんげ)に障害のある方や液体摂取量に問題のある方はご利用は推奨できません。

注意②:商品が確実に胃に到達するように、いつもより多めの水などとご一緒にご利用ください。

ダイエットにおすすめしたいサプリのご紹介

頑張らない!サラシア配合のメタバリアS★お試し500円+税★

メタバリア

500円(送料無料)

詳しくはこちら

安心の富士フィルムさんのダイエットサプリです!

メタバリアSは【糖質を気にすること無く食事を楽しみたい!】そんな人にはもってこいのサプリで、糖の吸収を抑え、お腹のビフィズス菌を増やし、腸内環境を整え、健康的な糖質オフ習慣をサポートしてくれます

おためしセットで500円で14日間分の商品をご購入いただけますので、是非お試しください。

CMで話題!RIZAP

本気な方は結果にコミットしてくれるRIZAPを!

RIZAP

まとめ

いかがでしたでしょうか。

和食がダイエットに効果的だということはもちろんのこと、日本人の体は和食にあっているため健康面も考慮して、是非和食ダイエットを始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事