ダイエット

ダイエット・妊活中の方必見!「隠れ冷え性」を改善する4つのヒント

2016.08.10

暑い日も続き、夏らしくなってきましたね。

夏は暑いので、冷たい飲み物や食事をする機会が増えたり、薄着になったり、冷房をつけたりしがちですが、体の内側が冷えて「隠れ冷え性」になっている方が、特に女性に多いんです。

今日は「隠れ冷え性」を改善して、ダイエットや妊活をより快適に送れるような4つのヒントをお届けしたいと思います。

「首」のつくところを温める

手首、足首、首、くびれ(腰回り)などのくびれている部分は、体の中でも特に冷えやすい部分です。太い血管も多く通っているこの部分を温めることで、より効率的に冷えを解消することができます。

特に今の時期は、冷房での寒さ対策に、外出時はストールや薄手のカーディガンを持ち歩いたり、家で過ごす時は腹巻やレッグウォーマーをするのもオススメです。

シャワーで済ませず、湯船に入る

暑い夏場はシャワーで済ませがちな方も多いと思いますが、湯船に入ることを断然オススメします。

38℃くらいのぬるめのお湯に浸かることで、副交感神経にスイッチが入り、血流が良くなるだけでなく、疲労回復やリラックス、安眠への効果も期待できます。

冷たい飲み物を一気に飲まない

暑くて喉も渇きやすいですし、熱中症対策にこまめに水分補給をされている方も多いかと思いますが、皆さん、普段水分をとるとき、一気にガブガブ飲んだりしていませんか?

飲んでも吸収される水分量は決まっているので、一気にガブガブ飲んでも吸収されず、むくみの原因になることも。

また、冷たい飲み物はダイレクトに体を中から冷やしてしまうため、なるべく常温の飲み物を飲むようにしたり、外出先では氷なしで飲み物を頼んで、体の冷えを防ぐようにしましょう。

下半身の筋肉を鍛える

冷えの原因の1つに筋肉量の不足が挙げられます。下半身のような大きな筋肉を鍛えることで、より効率的に代謝アップして、冷え解消、痩せやすくなるだけでなく、同時に美脚・美尻も手に入れることができます。

最後に

いかがでしたでしょうか?

夏場の冷えは、次のシーズンの秋冬の冷えに繋がりますし、ダイエット・妊活の大敵です。

ぜひ無理のない範囲で「冷えとりライフ」を送ってみませんか?

関連記事