ダイエット

アスリートも実践!今話題のパレオダイエットとは?

2016.09.07
パレオダイエット

皆さん、最近話題のパレオダイエットをご存知ですか?

パレオダイエットとは、原始の食事をお手本とする食事法。

食事とともに、睡眠や運動も共に見直し、ライフスタイルを改善することで、痩せるだけでなく、「健康体になる」ことを目指します。

原始の食事は、健康な体を作る栄養素でもある、タンパク質やビタミン等が豊富なので、アスリートたちが実践していたり、多くのジムでも取り入れられていて、運動とあわせて行うことで効果がアップします。

パレオ(原始)食ってどんなもの?

原始時代の食事は、農耕が始まっていない時代なので、穀物は食べず、肉、野菜、果実、ナッツやタネ類を主に食べていたと言われています。

現代の食事は原始時代にはなかった、不飽和脂肪酸・穀物を取りすぎているとも言えます。
実は米や麦の外皮には界面活性作用があるので、腸の粘膜細胞を傷つけ、リーキーガット(腸に穴が空いている状態)を引き起こすとも言われています。

リーキーガットは、肥満はもちろん、生活習慣病やアレルギー性の病気など、様々な慢性炎症の引き金となっています。

小麦などに含まれるグルテンもリーキーガットを引き起こすと言われているので、どうしても穀物を食べたい場合には、米をチョイスして、外皮が取り除かれた白米を少量食べるようにしましょう。

パレオダイエットの食材の選び方は?

なるべく食材も無農薬やオーガニックのものや、産地が明記してある食材を選びましょう。

原始時代だからと言って、すべての食材を生でそのまま食べるのではなく、焼く、煮る、蒸すなど、食材に合わせて、シンプルに食材の美味しさを引き出す調理法をしましょう。

化学調味料を使わずに、ハーブやスパイス、粗塩、香味野菜、柑橘系果汁、発酵食品(小麦不使用のもの)などを使って美味しく味付けしましょう。

調理する際に用いる油は、ココナッツオイル、オリーブオイル、バター、アボカドオイル、亜麻仁油(非加熱での使用に限る)などがオススメです。

 

パレオダイエットで食べて良いもの、悪いもの

パレオ

By: WELQ

【食べて良いもの◯】

農耕が始まる前の原始時代に食べていたもの=ナチュラルフード

  • 野菜
  • 果物
  • ナッツ、タネ類、油
  • その他(キノコ類、海藻類、お茶、無農薬のコーヒー)

【食べないほうが良いもの×】

農耕が始まった後に人工的に作られたもの

  • 穀物(特に小麦、大麦、ライ麦)
  • 乳製品
  • 砂糖、添加物
  • 豆類
  • 加工食品全般
  • その他(ジュース、アルコール類)

パレオダイエットの始め方

始め方は3つに分けてご紹介します。

  1. 初級
  2. 中級
  3. 上級

① 初級:基本の食材を意識して、60〜70%実践する

ご飯を半分にして、その代わりに野菜を多めにとる。

朝と夜をパレオ食事にして、昼は好きなものを食べるというのも、ストレスなく行いやすい方法です。

② 中級:基本の食事をしっかり把握して、70〜80%実践する

食べて良いもの、食べない方が良いものを守ります。

チートDAY(パレオの食事をお休みする日)を週に2回は設けることで、神経質になりすぎずに行いましょう。

③ 上級:基本の食事にできるだけ沿って、90%以上は実践する。

チートDAYも設けず、穀物や加工食品は一切とらず、ルールに厳しく行う方法です。

パレオダイエットの効果

  • 体脂肪が減る
  • 眠気やだるさが解消する
  • ポジティブ思考になり、やる気が出る
  • お通じが良くなり、便秘解消
  • 肌の調子が良くなり、髪や爪にツヤが蘇る
  • ボディーラインにメリハリが出る

これらはほんの一例ですが、パレオダイエットは痩せるだけでなく、美肌やマインド面にも効果があると言えるでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?
パレオ食は「遺伝子適合食」とも言われ、メタボリックシンドロームの改善やアンチエイジングにも効果的と言われています。

自分の性格、ライフスタイルに応じて、無理のない範囲で取り入れてみてはいかがでしょうか?

関連記事