ダイエット

プロテインダイエットとは?効果やおすすめプロテイン5選をご紹介!

2017.11.07
Pezibear / Pixabay

ダイエット目的でプロテインを取り入れることは、食事面で不足しがちなたんぱく質やその他の栄養分を補助するためには有効ですが、正しい方法を理解した上で使用しないとカロリーの摂りすぎでリバウンドを招くことにもなりかねません。

今回はプロテインダイエットの正しい方法や効果、ダイエットにオススメのプロテインをご紹介いたします。

プロテインダイエットとは?

プロテインダイエットとは一般的にプロテインを飲みながらダイエットをする方法です。

プロテインといえば筋肉をつけたい男性が飲むものと思っている人も多いのではないでしょうか。

確かに、トレーニングとプロテインの組み合わせは筋肉を大きく(肥大化)するのにもってこいですが、最近ではダイエットにおいても有用なプロテインが多く販売されています。

ダイエット向けのプロテインの場合、適度に筋肉をつけつつ綺麗に痩せる事ができ、すっきりとした体になれると話題になっています。

プロテインは男性が飲むイメージが強い、かつ美味しくないというイメージもありますが、最近のものはとても甘く美味しく味付けされているので女性でも美味しく飲むことが出来ます。

そのため、プロテインをダイエット目的で飲むのは継続しやすいためオススメです。

プロテインダイエットの効果とは?

  1. 燃えやすい体の基礎を作る
  2. たんぱく質、その他の栄養不足を補完

トレーニング

① 燃えやすい体の基礎を作る

プロテインはたんぱく質を意味する単語で、タイミングや飲み方を理解した上で効率よく飲むことで結果的に燃えやすい体をつくる役割を担います。

例えば、プロテインを運動の前後に栄養の補助として飲むことで、筋肉がつきやすい状況をつくり、これまで以上に全身を燃焼しやすくなる体ができあがるため、ダイエットにつながりやすいというメカニズムです。

② たんぱく質、その他の栄養不足を補完

プロテインを継続して飲むことで普段から私たちが生きていくために必要なたんぱく質が不足しないため、トレーニングをしたあとでも筋肉量は減少することなく燃焼効率のよい体を構築していくことが可能になります。

反対に、食事などで十分なたんぱく質が摂取出来ていない場合、筋肉量の減少につながり、燃えにくい体になります。そうなると、冷え性を引き起こしたり、効率よくダイエットを進めることができません。

プロテインダイエットの正しいやり方とは?

  1. プロテインだけに頼らない食事を行う
  2. プロテインの選び方

食事

① プロテインだけに頼らない食事を行う

ダイエット向けに販売されているプロテインはたんぱく質だけでなく、普段不足しがちな栄養素も多く含んでいることが特徴です。

そのため、プロテインさえ飲んでいればダイエットができると思いがちですが、はじめはプロテインだけではなく、食事から栄養を摂取するようにしましょう。

食事でどうしても足りない時や運動を行ったときのたんぱく質の補助としてプロテインを活用することが大事になります。

関連記事はこちら

② プロテインの選び方

①の内容を念頭に入れた上で次に大事なのがプロテインダイエット目的で利用するプロテイン選びです。

プロテインといってもたくさんの種類があるのでどれでもいいというわけにはいきません。

種類によっては味付けが甘い分、カロリーも多かったりとダイエットに利用するには向かないものもあります。

ダイエット目的でプロテインを購入する場合にはたんぱく質の含有量が70%以上で脂質が少なめのものを選ぶ事が重要です。

ダイエット向けプロテインのおすすめ5選をご紹介

ダイエット向けのプロテインは上記でもご紹介の通り、タンパク質の含有はもちろん、カロリーが少なくビタミンやミネラルといったその他の栄養分を多く含んでいるものが良いでしょう。

ここでおすすめするのは上記を満たした「①ザバス ウェイトダウン」です。

それ以外にもおすすめのプロテインを全部で5種類ご紹介いたします。

① ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味【50食分】 1,050g

ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味【50食分】 1,050g

¥ 3,974

詳しくはこちら

  • タンパク質含有量:80%(16.8g)
  • 1食(21g)あたりの単価:約79円
  • 飲み方:1日に2回(合計42g)を目安にプロテインを召し上がってください。

このプロテインはダイエットを目的とした人が飲むプロテインで大豆プロテインとガルシニアエキスを配合したプロテインです。

たんぱく質の原料として引き締まった体作りサポートする大豆プロテインを配合しているため、運動で減量したい人のダイエットサポートをするためのプロテインです

さらに減量時に不足しやす11種類のビタミンと3種のミネラルの不足を補えるように設計してあるため、減量を目的としている方には最もおすすめできるプロテインになります。

② IMPACT ダイエット アイソレート

IMPACT ダイエット アイソレート

¥ 4,950(1000g)

詳しくはこちら

  • タンパク質含有量:76%(19g)
  • 1食(25g)あたりの単価:約123円

IMPACT ダイエット アイソレートとは

1食あたり19gのタンパク質に加えて、100キロカロリー以下に抑えられているため、高品質のタンパク質を効率よく摂取できる総合的なブレンドプロテインです。

高品質プロテインのIso:pro 97 と ホエイプロテインコンセントレートがこの商品の80%です。

Iso Pro 97 は97%以上がタンパク質で製造されており糖類は全く入っていません。その上、体内でリジンとメチオニンから作られる条件つき必須アミノ酸であるカルニピュアTMが1g入っています。

誰に効果的か

1日を通して集中力を維持したい方のために、緑茶抽出物とガラナから得られる30mgのカフェインが1杯につき入っています。

250mgのコリンは脂肪をエネルギーに変えるための重要な役割を果たします。さらに、コリンは体内の新陳代謝をするのに大切な肝機能の維持に対しても有効です。

ご利用方法

Impact ダイエット アイソレート25g (1杯)を水250~300mlに混ぜてお召し上がりください。

③ ザバス ソイプロテイン100 ココア味(50食分) 1,050g

ザバス ソイプロテイン100 ココア味(50食分) 1,050g

¥ 4,128

詳しくはこちら

  • タンパク質含有量:71%(15g)
  • 1食(21g)あたりの単価:約82円

たんぱく質の原料として引き締まった身体を作る大豆プロテインを100%使用しています。

さらに7種のビタミンB群とビタミンCを配合しているので引き締まったカラダづくりに取り組む人おすすめのプロテインです。

④ アクティブウーマンダイエットブレンド

アクティブウーマンダイエットブレンド™

¥ 2,270(500g)

詳しくはこちら

  • タンパク質含有量:84%(21g)
  • 1食(25g)あたりの単価:約114円

アクティブウーマンダイエットとは

アクティブウーマンダイエットブレンドは健康的なライフスタイルを行っている女性に向けて研究され構成されました。

特徴としては、主に脂肪燃焼に効果が期待できるCLA(共役リノール酸)とビタミンBの一種であるコリンを加えることで、マイプロテインの開発チームがダイエット向けに最新のプロテインシェイクを開発することができました。

自然の美味しいシェイクで、味も焦がしマシュマロ味、ストロベリー&クリーム味、チョコレートフォッジブラウニー味などが選択可能です。

アクティイブダイエットのポイント

  • タンパク質:1杯につき21gの高タンパク質ですが96 キロと低カロリーに抑えられています。この構成によるタンパク質は筋肉量の維持と成長につながります。
  • 構成:このアクティブシェイクブレンドをさらに補うためにイヌリンを加えました。この食物繊維は最近BBCのドキュメンタリー‘How to Stay Young'(若さを維持する方法)という特集が組まれたほどです。
  • 味:最新の構成のシェイクをさらに洗練されたシェイクにするために、焦がしマシュマロ、ストロベリー&クリーム、チョコレートフォッジブラウニーといった味が選択可能です。

誰に効果的か

アクティブウーマンダイエットブレンドは、 トレーニング前後や1日を通して簡単に高タンパクなシェイクを飲みたいと探している全ての女性の方におすすめの商品です。

⑤ Kentai ウェイトダウン ソイプロテイン ココア風味 1,000g

Kentai ウェイトダウン ソイプロテイン ココア風味 1,000g

¥ 3,009

詳しくはこちら

  • タンパク質含有量:77%(14.5g)
  • 1食(20g)あたりの単価:約60円

トレーニングでカラダを引き締め理想的な肉体になる新コンセプトファイバー入りプロテインです。

引き締まったカラダを目指す人向けで植物性大豆たんぱく&ファイバーインになっています。

大豆たんぱくに加えて食物繊維を配合しているので余分な脂肪の吸収を抑え、貯めにくいカラダ作りをサポートします。

また、今回ご紹介した中では最もコストパフォーマンスが良いものになりますので、とにかく安いものをお求めの方にはぴったりです。

プロテインダイエットの注意事項

  1. プロテイン自体にダイエット効果はない
  2. プロテインの飲みすぎは禁物
  3. お腹をくださないよう注意する
  4. 脱水状態に注意する

注意

① プロテイン自体にダイエット効果はない

プロテインというのは、基本的に私たちの体を作ること、また、筋肉を生成する上で重要なタンパク質を、普段の食事にプラスαとして効率的に取り込むために使用するものです。

というのも、プロテインの使用による筋肥大やタンパク質を体内に補給する効果は言うまでもありませんが、多くの方が勘違いするのは、プロテインを飲むだけでダイエットができる、という点にあります。

繰り返しになりますが、プロテインは上記の通り、筋肉生成や日頃不足しがちなタンパク質を補助する目的で使用するものであり、プロテイン自体にダイエット効果はありません。

プロテインだけを飲み続けると他の栄養素が不足してしまい、ダイエット目的の場合だと逆効果になるので注意が必要です。

② プロテインの飲み過ぎは禁物

プロテイン全般に言えることですが、最近のプロテインは安全性が高いものばかりなので安心して飲むことが出来ますが、飲みすぎは注意が必要です。

現代人は、肉類や魚類を積極的に食べるなど食事内容に気をつけていれば、たんぱく質が十分に摂取できているため、プロテインの量を間違えてしまうと過剰摂取になってしまい健康を害する可能性があります。

本格的に筋トレをしている人はトレーニングしたことによる+αで必要な容量を守って飲めば問題がないのですが、そこまで筋トレや運動をしないのに1日で最低限必要な量以上を飲むと身体に害をあたえる可能性がありますので、一日に必要な量以上に飲まないようにしてください。

プロテインを必要量以上に摂取しすぎていると、飲んでいて体がむくみやすい、トイレが近い、顔色が悪い、疲れやすい、血圧が高いなどの症状が現れるといった腎機能障害をもたらす可能性があるため過剰摂取には気をつける必要があります。

また、プロテインは飲みやすくするために甘くしてあるものがほとんどです。

今回ご紹介しているダイエット向けプロテインは1食分が100kcal台のものが多くまだ大丈夫ですが、中には、1食分で300kcalを優に超えてしまうものもあるますので、1日の他の食事の摂取カロリーも考慮しながらプロテインを飲むようにしましょう。

③ お腹をくださないように注意する

プロテインも合う合わないがあるので、合わない人には副作用が起こる可能性があります。

副作用でよく言われているのはおなかを壊してしまう事です。

特にホエイ(乳から乳脂肪分やカゼインを除いた水溶液)を含んだプロテインは牛乳が成分になっているため、普段牛乳を飲んでおなかを壊してしまう人はプロテインでもお腹を壊す可能性があるので注意が必要です。

④ 脱水状態に注意する

プロテインを飲みながらトレーニングする人は脱水症状に注意が必要です。

何故ならプロテインで補充されたたんぱく質は体内で窒素に変わり排出され、この排出するときに水分が必要になるためです。

トレーニングが終わったらプロテインを飲むときの水分以外にもきちんと水分補給をすることで脱水症状を防ぐことが出来るので気をつけましょう。

プロテインダイエットでさらに効果を出したい場合は ?

トレーニング

適度な運動の実施

プロテインダイエットを実践するからには適度な運動も行うようにしましょう。

運動を行うことで、体内の筋肉量が増加し、燃えやすい体をつくることができます。

普段まったく運動しない方であればウォーキングやジョギングなどの有酸素運動、またジムや自宅でできるダンベルを使用したレジスタンストレーニング(筋トレ)を行い体に負荷をかける習慣を身につけましょう。

そして、プロテインは運動後のエネルギー補助の役割を担っているという認識を忘れないようにしましょう。

関連記事はこちら

まとめ

ダイエットを目的としている方で、プロテインを普段の生活に取り入れようとしている方は、まずは普段の食事で栄養を補うことを念頭に置き、その上でどうしてもたんぱく質などの栄養が不足しがちになる場合にプロテインを用いて栄養を補いましょう。

また、プロテインはカロリーとたんぱく質が多く入っているものも多くありますので、過剰摂取による副作用にも気をつけながら、一日に必要な分量を守って飲むように心がけてください。

今回ご紹介したプロテイン以外にも多くのプロテインが販売されていますので、自身の目的とするプロテインが見つけて、トレーニングも同時に行いながら自分の理想とする体を手に入れてみませんか。

関連記事