ダイエット

まいたけダイエットとは?その効果、正しいやり方やレシピのご紹介

2016.10.05
まいたけ

ダイエットに効果的な食材として有名なキノコの一種であるまいたけ。

みなさんもよく口にするのではないでしょうか?
そんなまいたけもキノコですので、ダイエットには効果的な食材です。

今回は、まいたけダイエットとは?期待できる効果や、その正しい方法、レシピなどをご紹介していきます。

まいたけダイエットとは?

まいたけダイエットとは、普段の食事に加えておよそ50グラム程度のまいたけを食べるダイエット方法です。

50グラムはおおよそ1パックの半分ほどの量になります。

まいたけダイエットは置き換えダイエットではなく、まいたけを使った料理を食べるダイエット方法になりますので、自分の好きなようにまいたけを使用し調理して食事も楽しむことができます。

関連記事はこちら

まいたけダイエットに成功した芸能人とは?

まいたけダイエットは、お笑い芸人の「ザ・たっち」さんや「キンタロー。」さんらが挑戦して成功したという実績があります。

ここでは簡単に彼らのダイエット成果をご紹介します。

ザ・たっちのダイエット成果

ザ・たっちは二人組の芸人さんで、二人ともまいたけダイエットを取り組みました。

兄 たくやさん

  • 体重マイナス約10キロ
  • ウエストマイナス約10センチ

弟 かずやさん

  • 体重マイナス約9キロ

ふたりとも40日間のまいたけダイエットを行いました。

まいたけを食べる以外にも適度な運動と暴飲暴食を控えるなどのダイエットとして当たり前のことは取り組んだようです。

キンタロー。さんのダイエット成果

  • 体重マイナス約7キロ
  • 体脂肪率マイナス約10%

ザ・たっちのお二人とは異なり、キンタロー。さんは90日間のまいたけダイエットを行ったようです。

継続こそが力になります。

まいたけダイエットの効果とは?

  1. 脂肪の吸収を抑制し排泄する効果
  2. 便秘解消効果
  3. 免疫力の向上効果
  4. 骨や筋肉を丈夫にする効果

① 脂肪の吸収を抑制し排泄する効果

まいたけには「MX-フラクション」と呼ばれる成分が含まれています。

これはまいたけに特異的に含まれる成分で、血液中の脂肪やコレステロールを体外に排泄したりする効果があります。

また、まいたけに含まれるキトサンという食物繊維にも、食事中に含まれる余分な脂肪分を排泄する働きがあります。

そのため、食事と一緒にまいたけを食べることで、脂肪に含まれるカロリーをカットするなどのダイエット効果を得ることができます。

関連記事はこちら

② 便秘を解消する効果

トイレ

まいたけに含まれる食物繊維の働きは食事に含まれる脂肪分を排泄する働きだけではありません。

食物繊維には水に溶ける水溶性と、溶けない不溶性のものとがあり、まいたけに含まれる食物繊維は後者に該当します。

不溶性の食物繊維は胃で消化されずにそのままの形で大腸にまで到達します。

そして、大腸を刺激し、排便を促します。ですので、まいたけを食べることで便秘を解消する効果が期待できます。

関連記事はこちら

③ 免疫力の向上効果

MX-フラクションには免疫活性化作用があります。この作用により、老化や風邪予防効果も期待できます。

④ 骨や筋肉を丈夫にする効果

まいたけに含まれているエルゴステロールという成分には、カルシウムの吸収を促進させる効果があります。

カルシウムの吸収を促進させるということは、骨や筋肉を丈夫にする効果も間接的にあるといえるでしょう。

まいたけダイエットの正しいやり方とは?

  1. 50グラムのまいたけを食事ごとに食べる
  2. 食事のはじめにまいたけを食べる

① 50グラムのまいたけを食事ごとに摂取する

まいたけダイエットでは、50グラムのまいたけを食事ごとに摂取する必要があります。

このときは通常の食事にまいたけを加えるというのが望ましい方法になります。

まいたけは59グラム食べてもたったの8キロカロリーしかありませんので、まいたけを食べることによる摂取カロリーを気にする必要はないといえます。

② 食事のはじめにまいたけをたべる

ダイエット効果をしっかりと出したい人は食事の順番も気をつけましょう。
まいたけを最初に食べることを心がけましょう。

最初に炭水化物を食べると太ってしまいます。

まずは、汁物や野菜(食物繊維)を食べてから、次に肉や炭水化物を食べるようにしましょう。

この順番で食事をすることによって、消化吸収をゆっくりすることが可能になります。

関連記事はこちら

まいたけを使ったおすすめの料理とは?

まいたけダイエットにおすすめな、まいたけを使用した料理をご紹介します。

① まいたけと豚肉の炒め物

材料

  • まいたけ:50グラム
  • 豚肉:100グラム
  • タマネギ:1/4個
  • 豆板醤:適量
  • オイスターソース:適量

 

作り方

  1. まいたけをほぐしておき、豚肉は食べやすい大きさに、タマネギはくし切りにしておきます
  2. フライパンに油を熱し、豆板醤を入れ、豚肉を炒めます
  3. 豚肉に火が通ったら、まいたけとタマネギを入れて炒めます
  4. オイスターソースを入れて、煮詰まったら完成です

 

コメント

まいたけに豚肉を組み合わせたレシピです。

豚肉には炭水化物の代謝を良くしてくれるビタミンB1が豊富に含まれているので、ダイエットにもいい食材です。

脂肪が多いのが欠点ですが、まいたけに含まれる食物繊維が余分な脂肪を排泄する働きをするので、相性は抜群です。

メインのおかずとしてオススメします。

② まいたけの味噌汁

材料

  • まいたけ:25グラム
  • 大根:20グラム
  • だし汁:適量
  • 味噌:適量

作り方

  1. 大根を短冊切りにします
  2. だし汁を煮立たせ、大根を入れ、柔らかくなるまで加熱します
  3. またたけを入れて、火が通るまでさらに加熱します
  4. 味噌で調味し完成です

 

コメント

まいたけを使用した味噌汁です。

これだけでは1食に必要なまいたけの量を満たしていないので、他のまいたけ料理と一緒に食べる必要があります。

後述しますが、まいたけに含まれるMX-フラクションは水溶性の栄養素ですので、水で洗ったり、煮込んだりすると溶出してしまいます。

しかし、味噌汁にすることで汁も同時に摂取することができますので、その問題はなくなります。まいたけダイエットと相性のいい料理です。

③ トマトと舞茸の醤油蒸し

材料

  • トマト:1個(100グラムくらい)
  • 舞茸:1パック
  • 醤油:大さじ1
  • 酒:少々
  • ねぎ:適量

 

作り方

  1. まいたけは手で分け、トマトは8等分ぐらいに切ります
  2. 材料をフライパンにいれ、ふたをして中火にかけます
  3. まいたけがしんなりしてきたら、ふたを開けて軽く混ぜ、少し火を弱めて、焦がさないよう水分を飛ばします
  4. 皿に盛ってねぎを散らし、刻み海苔や七味をかけてもOK

 

コメント

簡単に作ることができますが、味の好みはそれぞれあるかと思いますので、みりんなども追加してお好みで調整してください。

まいたけダイエットの注意事項

  1. まいたけを水洗いをしない
  2. お腹がゆるくなる可能性もある

注意

① まいたけを水洗いをしない

先程も書きましたが、まいたけに含まれるMX‐フラクションは水溶性ですので、水で洗ったりすると溶出してしまいます。

そのため、まいたけダイエットをする場合、まいたけは水で洗ってはいけません。

また、まいたけを茹でたりしてしまうと、ゆで汁の方に栄養素が溶出していまいます。もしまいたけを茹でたりする場合は、そのゆで汁も同時に摂取できるような料理で食べると良いでしょう。

② お腹がゆるくなる可能性もある

まいたけにはかなり多くの食物繊維が含まれています。

このことはダイエットにおいてはプラスの方向に働くのですが、人によってはお腹が緩くなることもあるようです。

もしそのような症状がでてしまった場合は、量を少なくするか、1日3食のところを2食にするなどの工夫をしてください。

まいたけダイエットでさらに効果を出したい場合は?

  1. 汁物の料理を作る
  2. 脂肪を燃やすために運動も取り入れる

① 汁物の料理を作る

まいたけのダイエットの成分であるMX – フラクションは水に溶けやすいため、水洗いをしないというご説明をしました。

これは調理時にも同じようなことが言え、調理方法を間違えると栄養分が失われてしまいます。

そのため、水に溶けたとしても栄養分を摂取できるように汁物の料理としてまいたけを使用する、もしくはまいたけのエキスを完全に吸収できるような料理にすると良いでしょう。

そういったことを加味しておすすめする料理がこちらです。

  • 味噌汁
  • 野菜スープ
  • 炊き込みご飯

その他にもありますが、とにかく重要な事はまいたけの栄養分を逃すことなく摂取できる料理をつくることです。

関連記事はこちら

② 脂肪を燃やすために運動も取り入れる

まいたけダイエットでさらに効果を出したい場合は運動するようにしましょう。

まいたけに含まれるダイエットに効果的な成分は、血液中の脂肪分を体外に排泄したり、食事に含まれる余分な脂肪分を排泄したりする働きをします。

つまり、体脂肪を燃焼させるような効果はないのです。ですので、効率的に痩せるためには運動し、体脂肪を燃焼させること必要になります。
まいたけダイエットでさらに効果を出したい場合は、積極的に運動するようにしましょう。

有酸素運動に関する記事はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。

普段口にすることも多いまいたけ。そんなまいたけを使って皆さんも是非まいたけダイエットに取り組んでみてく浅い。

まいたけダイエットを行う際は、正しいやり方や注意事項をしっかりと理解した上で行うようにしましょう。

関連記事