ダイエット

みかんダイエットとは?その効果、正しいやり方や注意事項のご紹介

2016.10.03
stevepb / Pixabay

冬になったら「こたつに入ってみんなでみかんを食べる。」日本ならではの生活シーンかと思います。

そんなみかんは実はダイエットにも効果的な食べ物です。

今回はそんな「みかん」を食べるみかんダイエットとは?期待できる効果や、具体的な方法、注意事項などをご紹介していきます。

みかんダイエットとは?

みかんダイエットとは、食事の前にみかんを食べることで、その後の食事での食べる量を減らし、カロリー摂取量を抑えて痩せるダイエット方法です。

以前に流行したダイエット方法に朝バナナダイエットがありますが、みかんダイエットは朝バナナダイエットと異なり、通常の食事の代わりとしてみかんを食べたりはしません。

食事の前にみかんを食べるダイエット方法なのです。

関連記事はこちら

みかんダイエットの効果とは?

  1. カロリー摂取量を減らす効果
  2. 便秘解消効果
  3. アンチエイジング効果

①カロリー摂取量を減らす効果

食前にみかんを食べることで、カロリー摂取量を減らす効果が期待できます。

みかんには食物繊維が多く含まれていますので、少量を食べた場合でも満腹感を感じやすくなります。

また、みかんに豊富に含まれる炭水化物は、摂取後すみやかに血糖値を上げてくれるので、満腹中枢が刺激され、満腹感を感じることができます。

このように、食前にみかんを食べることで満腹感を感じることができるため、その後の食事によるカロリー摂取量を減らす効果が期待できます。

関連記事はこちら

② 便秘解消効果

トイレ

また、みかんを食べることで便秘の解消も期待できます。

みかんにはペクチンなどの食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維は、水分を吸収して膨らむことで便量を増加させたり、大腸を刺激して排便を促したりして、便秘を解消するように働いてくれます。

関連記事はこちら

③ アンチエイジング効果

みかんを食べることで得られる効果はダイエットに関する効果だけではありません。

みかんに多く含まれる栄養素にビタミンCがあります。

ビタミンCは抗酸化作用をもつビタミンで、摂取することで体内で発生する活性酸素を除去する働きがあるとされています。活性酸素は老化の原因になるとされていますので、みかんを食べることでアンチエイジング効果が期待できます。

みかんダイエットの正しいやり方とは?

  1. 食前に食べる
  2. 皮・白いスジごと食べる
  3. 皮ごと食べるためには焼く

① 食事の前に食べる

みかんダイエットは1日3食の食事の前にそれぞれ1個のみかんを食べるダイエット方法です。

みかんに含まれる食物繊維が、その後の食事量を減らしたり、また余分な脂肪を体外に排泄したりなどの働きをしてくれます。

間食としてみかんを食べたり、食事をみかんに置き換えたりするのではない点に注意してください。

② 皮・白いスジごと食べる

みかん

ダイエット効果を期待してみかんを食べる場合は、みかんの皮と白いスジも一緒に食べるようにしましょう。

ダイエット効果のあるヘスペリジンや食物繊維は、皮や白いスジに含まれています。

そのため、みかんダイエットをする場合は、これらを捨てずに食べるようにしてください。

③ 皮ごと食べるためには焼く

生のみかんを皮ごと食べるのはなかなか難しいものです。

そのため、皮ごと食べるためにはみかんを焼くことをオススメします。
焼くことでみかんの皮であっても美味しくいただけるようになりますので、ぜひお試しください。

美味しいみかんの選び方とは?

せっかくみかんを食べるなら、美味しいみかんを食べたほうがいいのでここでは「美味しいみかん」の選び方をご紹介します。

  1. 皮のきめが細かい
  2. 皮の色が濃い
  3. 実が重い
  4. 傷んでいない
  5. へたの軸が細い

① 皮のきめが細かい

みかん

みかんの皮には色が濃くなっているブツブツがあります。

そのブツブツが多いほどきめが細かい皮ということになります。

ブツブツが多くきめが細かいみかんは、枝先についている物が多く、そのようなみかんは糖質が実に溜まりやすい傾向にあります。

② 皮の色が濃い

皮の色が濃いと完熟して実の甘みが増していると考えられます。

なるべく革の色が濃いオレンジ色のみかんを選ぶようにしましょう。

③ 実が重い

重量感があるみかんはそれだけ果汁を多く含んでいるといえます。

また、重いみかんほど糖分が多く含まれている可能性もあるので選ぶときには重さも参考にすると良いでしょう。

④ 傷んでいない

何かしらの衝撃を受けたみかんは、傷んで衝撃を受けた部分は柔らかくなっています。

甘いみかんだったとしても傷んだことにより、美味しさは半減しますので購入時はみかんを手にとって傷んでいないかも確認するようにしましょう。

⑤ へたの軸が細い

みかん

へたの軸が細いほうが甘くて美味しいみかんです。

さきほどご紹介した要素であるキメの細かさ、重さ、色、傷みなどが同じだった場合はへたの軸の太さを確認してみてください。

みかんの気になるカロリーは?

みかんのカロリーが気になる人もいるかと思いますので、代表的な果物とカロリーを比較します。

果物 カロリー
みかん 80キロカロリー
アボカド 330キロカロリー
マンゴー 200キロカロリー
りんご 140キロカロリー
グレープフルーツ 120キロカロリー
バナナ 90キロカロリー

ご覧の通り、みかん1個あたりであればカロリーは他の果物と比べ低いことがわかります。

みかんを使ったおすすめの料理とは?

みかんダイエットにオススメの料理をご紹介します。

焼きみかん

材料

  • みかん:1個

 

作り方

  1. みかんは生で食べられるように無農薬のものを選ぶと安心です
  2. みかんを皮ごと熱湯に入れて洗います
  3. 水気を拭き取り、オーブントースターで8-10分程度加熱して完成です

 

コメント

みかんを皮ごと食べるための焼きみかんです。

この方法で作ると表面が焦げることがあるので、気になる方はみかんをアルミ箔で包んで加熱してください。

みかんダイエットの注意事項

  1. 置き換えダイエットではない
  2. 食事の前に食べるのは1個まで
  3. 缶詰のみかんなどはNG

注意

① 置き換えダイエットではない

みかんダイエットは、朝バナナダイエットのような置き換えダイエットではありません。

みかんだけを食べて、通常の食事に代えるというダイエット方法ではないのです。
みかんだけを食べていると、栄養不足のリスクも上がります。通常の食事もしっかりと食べるようにしましょう。

② 食事の前に食べるのは1個まで

みかんダイエットでは、食事の前に食べても良いみかんの数は1個までです。

それ以上食べてしまうと、カロリーオーバーになってしまいます。
みかんにはダイエットに良い効果を持つ成分が多く含まれていますが、炭水化物の一種である果糖もたくさん含まれています。

食べ過ぎは厳禁です。食事の前に食べるみかんは1個までにとどめましょう。

③ 缶詰のみかんなどはNG

みかんダイエットでは、皮や白いスジが重要とさきほどご説明しました。

スーパーなどで売られている、缶詰のみかんではすでに皮がむかれているため、みかんダイエットには適しません。

また、缶詰のみかんには糖分が多く含まれていますので、そういった意味でもみかんダイエットには適さないので食べないようにしましょう。

みかんダイエットでさらに効果を出したい場合は?

  1. 食事の炭水化物量を減らす
  2. 有酸素運動も取り入れる

① 食事の炭水化物量を減らす

ごはん

みかんには、比較的多くの炭水化物が含まれています。

そのため、その後の食事でもたくさんの炭水化物を摂取してしまうと、炭水化物の摂取量が多くなってしまいます。

そのため、みかんダイエットでさらに効果を出したい場合は、通常の食事に含まれる炭水化物を少なめにしましょう。

主食であるご飯やパンを少し減らしたり、じゃがいもなどの芋類の摂取量を減らしたりなどです。
さらに効果を出したい方はお試しください。

関連記事はこちら

② 有酸素運動も取り入れる

有酸素運動は脂肪燃焼効果が高いのは皆さんもご存知かと思います。

軽い運動でも良いので生活に取り入れると早くダイエット効果が期待できるでしょう。

時間がない人は自宅でできる筋トレでも良いので毎日生活に取り入れてください。

運動

有酸素運動に関する記事はこちら

みかんダイエット関連商品のご紹介

金峰みかん訳アリS~Lサイズ5キロ

¥ 2,300

美味しいみかんを一気に購入して季節を先取りしましょう!

詳しくはこちら

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

こたつに入ってみんなで食べることが多いみかん。

そんなみかんを食前に食べることでできるみかんダイエット、ぜひ皆さんも取り入れてみてください。

ダイエットを行う際には、正しいやり方や注意事項をしっかりと理解した上で行うようにしましょう。

関連記事