ダイエット

たまねぎダイエットとは?4つの効果、正しいやり方やレシピのご紹介

2016.10.19
PublicDomainPictures / Pixabay

どんな料理にも合うシャキシャキとした食感がクセになる万能食材であるたまねぎ。
年中入手可能なキッチンの常備野菜であるたまねぎをダイエットに取り入れることも実は可能なのです。

今回はそんなたまねぎダイエットの効果、やり方と注意事項をご紹介いたします。

たまねぎとは?

初めにたまねぎとはどういった野菜なのかを簡単にご紹介いたします。

  1. 旬の時期
  2. 選ぶポイント
  3. 保存方法

たまねぎ ダイエット

① 旬の時期

品種や産地が全国にあることから、ほぼ一年を通じて旬といえます。

その中でも、春の新たまねぎを別にすれば、生産量トップの北海道産たまねぎが9月~12月ごろなので一番美味しい季節といえます。

生産量2位が佐賀県で、収穫時期が5月~9月ですので、年間を通じて入手可能となっています。

② 選ぶポイント

皮が良く乾燥しツヤがあるもの、芽や根が出ていないものを選ぶようにしましょう。

③ 保存方法

通気性の良いネットや紙袋に入れ、風通しの良い涼しい場所で保管してください。
湿度にもよりますが、野菜室に入れることも保管方法の一つです。

正しい方法で湿気を避ければ数か月は持ちます。

また、たまねぎを冷やしておくと切るときに涙が出にくいことも覚えておいて損はありません。

たまねぎダイエットとは?

たまねぎダイエットとは、たまねぎを普通の食事にプラスするだけで行なえるシンプルなダイエット方法です。

たまねぎはダイエットに有効な成分をたくさん含んでいるため、食事に取り入れることで効率的にダイエットを行なえます。

たまねぎを食べるといってもそのまま食べるのではなく、調理して食べたりサラダにして食べるなどたくさんの調理法があるので、飽きずに続ける事が出来ます。
また、料理が出来ない人でも簡単に作れるレシピもたくさんあるので、どんな人でも出来るので安心してください。

そして、ダイエットだけでなく、美容や健康にも効果的なのでとても注目を集めています。

また、どこのスーパーでも置いてあり、低コストで買えるのでお財布に優しいダイエット方法です。

たまねぎダイエットの効果とは?

一年を通じて購入可能なたまねぎですが、どのようなダイエット効果が期待できるのか。

ここでは4つの効果をご紹介いたします。

  1. 脂肪燃焼効果
  2. 代謝向上効果
  3. 便秘改善効果
  4. 生活習慣病予防効果

たまねぎ ダイエット

① 脂肪燃焼効果

たまねぎには「ケルセチン」という成分が含まれているので、その成分が脂肪の燃焼や排出を促進してくれる効果があります。

そのため、 脂肪を吸収を抑制して体脂肪を溜め込まない体にしてくれます。

② 代謝向上効果

たまねぎを切ったときに涙が出るのは、繊維が壊れることで揮発する香り成分「硫化アリル」が原因です。

この硫化アリルがビタミンB1の吸収を助けて消化液の分泌を促進してくれるので新陳代謝がアップし、血糖値を下げる働きがあることが知られています。

代謝が良くなる事はダイエットには非常に効果的なのでダイエットしたい人たまねぎは非常におすすめです。

③ 便秘改善効果

たまねぎには食物繊維が含まれており、さらに腸内の善玉菌を活性化させるオリゴ糖も含まれています。

そのため、腸内環境を良くして便秘を改善することによりダイエットはもちろん様々な健康に効果があります。

関連記事はこちら

④ 生活習慣病改善効果

先ほどご紹介した硫化アリルには、コレステロールの消化を促して血液をサラサラにし、動脈硬化や高血圧の予防にも役立ちます。

生活習慣病の予防には不可欠な野菜といえます。

たまねぎは健康に良いと言われている食材ですが、上記の通り、ダイエットにも効果的な成分がたくさん含まれているので、ダイエットに向いている食材といえるでしょう。

たまねぎダイエットの正しいやり方とは?

たまねぎを使用した正しいダイエットの方法をここでは2つご紹介いたします。

  1. 1日50g食べる
  2. 毎回の食事に取り入れる

たまねぎ ダイエット

① 1日50g食べる

たまねぎを食べるだけのダイエットですが、ただ食べまくれば良いというわけではなく、ダイエット効果を出すためにはポイントがあります。

一つ目のポイントは、たまねぎを1日50g食べるということです。

たまねぎの1日の摂取量は50gが適量と言われており、これはだいたいたまねぎの4分の1だと言われています。
これ以上食べると健康に害が出てしまうのでこの量をしっかりと守りましょう。

② 毎回の食事に取り入れる

二つ目はたまねぎを毎回の食事にプラスするだけで効果が出るといわれています。

特に決まった調理方法もないので、飽きずに続けられるレシピで取り入れると良いです。

また、たまねぎは皮に一番ダイエットに効果的なケルセチンが含まれています。
基本的に皮は捨ててしまいますし、料理に使うのも難しい部分です。

そのため、たまねぎの皮をお湯で20分煮てざるでこして、その液体をスープなどに用いると摂取しやすくなるので、中身だけではなく皮を食べれる用に工夫しましょう。

メニューは後ほどご紹介いたします。

たまねぎダイエットおすすめのレシピとは?

レシピといえば難しい料理をしなければいけないイメージがあるかもしれませんが、料理が出来ない人にもオススメのレシピがあります。

そんな簡単なレシピから少し手の込んだレシピを3つご紹介いたします。

  1. たまねぎのレンジ丸蒸し
  2. たまねぎの皮のスープ
  3. たまねぎと豚肉、ショウガの重ね蒸し

① たまねぎのレンジ丸蒸し

レシピ

  • たまねぎ : 1個
  • かつお節 : 適量
  • 醤油 : 適量
  • オリーブオイル : 適量

 

作り方

  1. たまねぎの皮をむき、上面に1cm程度の切込みを十字にいれます。
  2. ラップをかけてレンジで5~7分加熱してたまねぎが柔らかくなったら好みのタレをつけて完成です。
    (今回はかつお節、醤油、オリーブオイルで味付けをしています)

 

コメント

包丁で少し切り目を入れてレンジでチンするだけの簡単レシピです。
そのため、包丁をほぼ持った事がない初心者でも作ることが出来ます。

料理に自信がない人はまずはこのレシピからチャレンジしてみましょう。

② たまねぎの皮のスープ

レシピ

  • たまねぎの皮 : 半分~1個分

 

作り方

  1. たまねぎの茶色い皮の部分を水で綺麗に洗って水気を切ります。
  2. 鍋の水に入れて中火で10分ほど煮て紅茶のような色になれば出来上がりです。

 

コメント

たまねぎの皮を有効活用できるレシピです。
このたまねぎ皮茶のままでは苦いので麦茶で割ると良いでしょう。

皮を食べることで有効成分であるケルセチンが20倍摂取でき、コレステロールを下げる働きがあるので、
お茶にして飲むのもよし、スープを他の料理に混ぜても良いです。

③ たまねぎと豚肉、ショウガの重ね蒸し

レシピ

  • たまねぎ : 1個
  • ショウガ : 2片
  • 豚肉(しゃぶしゃぶ用薄切り肉) : 100g
  • ねぎ : 適量
  • 日本酒 : 少々
  • ポン酢 : 少々

 

作り方

  1. たまねぎは縦半分に切ったものを横にして5mm幅の薄切り、ショウガを千切りにします。
  2. 耐熱皿にたまねぎの半量を広げ、その上に豚肉とショウガの半量を広げます。
  3. 同様の手順で再度たまねぎと豚肉、ショウガを重ねます。
  4. 日本酒を振って、ラップをふわっとかけて、電子レンジで約5分加熱します。
  5. 加熱後、ポン酢とねぎをかけて完成です。

 

コメント

たまねぎと豚肉を交互に重ねて電子レンジで加熱するだけで立派な主菜が出来上がります。

たまねぎの硫化アリルが豚肉のビタミンB1の吸収を促しますので栄養的にも良いおすすめメニューです。

たまねぎダイエットの注意事項

  1. 食べ過ぎは逆効果になる
  2. 芽や根が出ているものは食べない
  3. 加熱せず生の状態で食べる

注意

① 食べ過ぎは逆効果になる

一番注意しなければいけない事は食べすぎは逆効果という事です。

実は、たまねぎには食欲増進の効果があるので、食べすぎを促進してしまいます。
1日に食べられる量は4分の1で、意外と少なく、その分きちんと計算して食べないと食べ過ぎてしまう可能性があります。

食べる際は4分の1を切って、それ以上食べないように気をつけましょう。

② 芽や根が出ているものは食べない

たまねぎは時間がたつと芽や根が出てしまう場合があります。

芽や根が出ているものは取り除けば健康に害があるわけではありませんが、芽や根が栄養を吸い取ってしまい、ダイエット効果が半減してしまうので、新しい品質の良いものを使いましょう。

③ 加熱せず生の状態で食べる

たまねぎに含まれる硫化アリルは、加熱すると糖度の高い物質に変化するため、血液をサラサラにする効果を狙うとしたら、生で食べるようにしてください。
また、生食だと血液中に含まれる糖の代謝を促し血糖値の上昇を抑えてくれる働きもあります。

たまねぎダイエットでさらに効果を出したい場合は?

  1. 酢につけて食べる
  2. 加熱して食べる
  3. 普段の食事にも気を配る
  4. 軽めの運動を取り入れる

たまねぎ ダイエット

① 酢につけて食べる

たまねぎは酢につけることによってダイエット効果もあがり、さらに健康もアップします。

酢たまねぎにする事で便秘解消や若返りなどに効果があるのでたまねぎを酢につけて食べてみましょう。

② 加熱して食べる

たまねぎは加熱して食べる方法と生で食べる方法があります。

加熱して食べる事で中性脂肪を下げる効果がアップします。
一方、先ほどもご紹介した通り、生で食べると血液がサラサラになる効果が期待できます。

どちらの食べ方でも問題ないのですが、加熱した方がダイエットには良いので、できれば加熱して食べると良いでしょう。

また、たまねぎが苦手な人はペースト状にして食べ物に入れるなど、たまねぎの味が分からないように工夫して食べるのがおすすめです。

③ 普段の食事にも気を配る

たまねぎダイエットは普段の食事にプラスして食べれば良いのですが、普段の食事は何を食べてもいいわけではありません。

たまねぎは栄養豊富で健康に良い食材ですが、たまねぎだけでは栄養不足になってしまうので、普段の食事にも気を使って摂るようにしましょう。

関連記事はこちら

④ 軽めの運動を取り入れる

たまねぎには代謝を良くする効果もあるので、軽い運動を取り入れるとさらに効果が上がります。

普段よりも少し多めにウォーキングをするなど脂肪燃焼が出来るように工夫しましょう。

関連記事はこちら

たまねぎダイエットの関連商品

  1. コラム・ジャパン べジバッグ
  2. 楽チン! 決定版 レンジdeたまねぎダイエット (講談社の実用BOOK)
  3. 酢タマネギでやせる! 病気が治る! (高血圧、糖尿病を撃退する特効食)

コラム・ジャパン べジバッグ 

ベジバッグ

¥587

野菜の保存袋です。 遮光性、通気性に優れた野菜保存袋であるベジバッグにカレーの具材になる野菜を入れてベストな状態で保存をし、長持ちさせましょう。

詳しくはこちら

② 楽チン! 決定版 レンジdeたまねぎダイエット (講談社の実用BOOK)

玉ねぎ ダイエット

¥316

たまねぎを電子レンジを用いたレシピが載っているダイエット本です。レシピの参考に。

詳しくはこちら

酢タマネギでやせる! 病気が治る! (高血圧、糖尿病を撃退する特効食)

酢たまねぎ 本

¥810

酢たまねぎを用いた調理方法や、たまねぎに関するためになる情報が満載です。

詳しくはこちら

まとめ

いかがでしょうか。

たまねぎダイエットは食べる量を守り、毎回の食事になるべく取り入れるようにすることが成功の秘訣です。

料理のバリエーションは豊富にありますので、自分なりのダイエット方法、調理方法を見つけてみることもダイエットを楽しむ秘訣です。

年中どこでも購入ができますので、早速たまねぎダイエットを試してみてください。

関連記事