トレーニング

【監修済み】有酸素運動の味方!パワーリストとは?効果、様々な種類のご紹介

2016.11.01
パワーリスト

ハードなウェイトトレーニングではなく、有酸素運動をメインで行っている方は多いでしょう。

特にスタイルを維持する為にはウェイトトレーニングよりも有酸素運動をメインに据えた方がスタイルは保持しやすいですし、ダイエットや健康維持の為に行われているのは圧倒的に有酸素運動です。

今回は、有酸素運動と無酸素運動(ウェイトトレーニング)でのダイエット効果の比較についてはこの記事で述べる事はしませんが、有酸素運動をより充実させる為のアイテムである、パワーリストをご紹介していきたいと思います。

パワーリストとは?

パワーリストは砂や砂鉄などが入ったバンドのことで、これを巻くことにより有酸素運動はもちろん、日常の生活全般において小さな負荷をかけることにより、運動機能の向上や運動負荷を高めることを目的としています。

バンドの重さは様々ですが、負荷がかかれば筋肉は消耗しますので、それに伴い消費カロリーが高まります。

パワーリスト

有酸素運動で使用される筋肉は主に遅筋(ちきん)です。

遅筋は疲れにくく、回復の早い筋肉であるため、低負荷であれば長時間の運動に耐えることが可能です。

一方の速筋(そっきん)は、瞬発的な運動で大きなパワーを生み出す筋肉であり、疲れやすく回復の遅い筋肉です。

そのため、個人差はありますがパワーリスト程度の負荷ならば遅筋をメインにアプローチするものであると考えておきましょう。

つまり、パワーリストを装着するだけでは腕は太くなりませんし、体を大きくするといった意味で鍛えることはほぼ不可能となります。

パワーリストを使用してできるトレーニングとは?

ご説明したように、一般的にはパワーリストで求める筋肉は速筋ではなく遅筋であるため、パワーリストを装着した状態で日常生活を送ったり、ウォーキングや軽めのジョギングなどを行うと良いでしょう。

ランニング

その他にも例えば縄跳びであったりストレッチ、ヨガなど、ごく一般的に知られている有酸素運動であればどんな種目でも効果は見込めます。

ただし、ご自身が何かスポーツを行われており、パワーリストをそのスポーツに使用する場合は若干効果は異なります。

スポーツにおいては有酸素運動と無酸素運動が交互に引き出されるものが多いため、上記した有酸素運動時の効果に加え、無酸素運動(例えばテニスでの速いスイング、一瞬のダッシュなど)でも高い効果を発揮します。

なぜなら、これらはパワーリスト無しでも強い無酸素運動であるのに加え、パワーリスト装着によりさらに負荷を与えているため、ウェイトトレーニングと同様に強い無酸素運動となるためです。

関連記事はこちら

パワーリストの正しい使い方、注意事項とは?

  1. 手首に装着するだけ
  2. 適度なきつさで装着する

① 手首に装着するだけ

使用方法と注意事項ですが、パワーリストは基本的に手首に装着するだけで使用可能です。

特段難しいことはありませんので、誰でも使用できますが、装着する際は必ず説明書などに明記してある使用方法を遵守しましょう。

正しい使用方法で初めて正しい効果が見込まれます。

② 適度なきつさで装着する

特に手首専用の物は必ず手首にだけ装着するようにし、締め過ぎによる鬱血や、緩み過ぎにより脱落などに注意してください。

パワーリストの種類、選び方とは?

商品の選び方は、用途により異なります。

以下では代表的な4種類のパワーリストをご紹介します。

パワーリストは、サイズや重さもそれぞれ0.5㎏〜3㎏と幅広くありますので、ジョギング用やスポーツ用、日常生活用など、ご自身が望むタイプを見つけてください。

  1. オーソドックスタイプ(リスト)
  2. グローブタイプ
  3. 親指引掛けタイプ
  4. 手首、足首両方タイプ

オーソドックスタイプ(リスト)

¥ 1,808

最もオーソドックスなタイプはリストバンドのように手首に装着するタイプです。

詳しくはこちら

グローブタイプ

¥ 3,736

グローブタイプもあります。
こちらはオーソドックスタイプより一体感があり、手首より先にあるためより負荷が高まります。

詳しくはこちら

親指引掛けタイプ

¥ 3,418

ズレないように親指だけを引っ掛けて手首に巻くタイプです。

詳しくはこちら

手首、足首両方タイプ

¥ 2,827

手首だけでなく足首にも使える大きめのタイプです。

詳しくはこちら

トレーニングにおすすめのプロテインのご紹介

編集部としてみなさんにおすすめしたい2種類のプロテインをご紹介します。

2種類ともトレーニング向きではありますが、違いとして大きいのは②のTHEWHEYは①のImpact ホエイプロテインよりもダマになりにくく飲みやすい点です。

くわしくはこちら:トレーニングにおすすめしたいマイプロテイン7選!効果や味を徹底比較!

① Impact ホエイプロテイン(Impact whey protein)

IMPACT ホエイプロテイン

¥ 3,730(1000g)

詳しくはこちら

  • タンパク質含有量:80%(20g)
  • 1食(25g)あたりの単価:約93円

Impact ホエイプロテインとは

高精製された非常に純度の高い100%濃縮乳清タンパク質から作られ、1食分当たりのタンパク質含有が20g(80%)もある高品質プロテインです。

すべての必須アミノ酸(EAA)を総合的に持ち合わせ、一食分当たりのロイシン(アミノ酸の一種)が2g以上含まれています。

また味のバリエーションが豊富で、ベーシックなチョコレートやバニラ味にはじまり、新しく魅力的なティラミス、ルバーブ&カスタード、レモンチーズケーキ味、抹茶味なども選ぶことができます。

この製品のメリットとは

この製品は、トレーニングの目標をサポートするため、全てのアスリートやレクリエーションジムの常連客の方に最適かつ効果的に働きます。

高タンパク質摂取は、筋肉増量の成長および維持に貢献します。

誰に効果的か

毎日のタンパク質摂取を目標にしている全ての方にお求めいただけます。

トレーニングの前後またはタンパク質補給を促したい際、いつでも使用可能な万能プロテインです。

そのため、初めのプロテインとしてオススメです。

ご利用方法

Impact ホエイプロテインは、高吸収型であり、日々のトレーニングによって消費されることが理想になります。

水やミルクと共に、またはお好きなスムージーやヨーグルトに混ぜてのご利用も可能です。

② THEWHEY

THEWHEY

¥ 4,220(900g)

詳しくはこちら

  • タンパク質含有量:86%(25g)
  • 1食(29g)あたりの単価:約140円

THEWHEYとは

最高品質のホエイプロテインを使った超プレミアムブレンドのプロテインです。

主な栄養分は、1食あたりでタンパク質が25g、さらに、炭水化物が2g、脂質が1gに抑えられているため、数あるプロテインの製品の中でも非常に高い品質を誇ります。

そしてMyZyme®という特殊な酵素ブレンドを加えることによって、よりタンパク質をアミノ酸に分解しやすい製品となっております。

しかも他会社のどのプロテインサプリよりもプロテアーゼを提供してくれます。

Thewheyを選ぶ理由とは

THEWHEYのユニークなアミノ酸プロフィールは、どんな運動やスポーツをやっていても、あなたがマックスレベルで機能できるように開発されています。

さらにLacprodan® HYDRO.Powerが含まれているため、加水分解されたホエイ(最も純粋なホエイタンパク質)の利点も体験できます。

これによってタンパク質の吸収率も、他会社の製品に比べると非常に高いです。

しかも、THEWHEYは4つのフレーバーが選択可能です。

誰に効果的か

THEWHEYは向上心のある全てのアスリートに最適です。

慎重に選ばれた高級材料でできているこの商品さえあれば、どんな目標でも達成が近づくと言っても過言ではありません。

使うタイミングは?

ワークアウト前後、通勤中の朝食代わり、あるいは部活後のおやつとしても楽しめます。

THEWHEYはどんな時でも体に高品質なプロテインを蓄えてくれるサプリメントです。

特にトレーニング後20分以内に飲むと効果的です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

有酸素運動をより効率的にできるアイテムであるパワーリスト。

トレーニング時だけではなく、日常生活でも活用することが出来るので是非みなさんも活用してみてはいかがでしょうか。

使用する際には、正しい使い方や注意事項をしっかりと理解した上で使用するようにしましょう。

関連記事