ダイエット

黒豆ダイエットとは?その効果、正しいやり方やレシピのご紹介

2016.11.20
artverau / Pixabay

おせち料理として食べる機会がある黒豆ですが、ダイエットに効果的な栄養素を沢山含んでいることをご存知でしょうか。

今回は黒豆を使用したダイエットの効果や正しいやり方、注意事項をご紹介いたします。

黒豆ダイエットとは?

黒豆ダイエットは名前の通り、黒豆を食べるダイエットです。

決まった量の黒豆を食べるだけです。

この黒豆ダイエットは元々、韓国で流行ったダイエットで、その高いダイエット効果が話題になりました。

黒豆自体、大豆製品なので健康に良く栄養価の高い食品です。
また、黒豆は腹持ちが良く満腹感があるので、お腹がすいたときの間食にも向いています。

さらに、黒豆は作って置いておけば日持ちするので、大量に作って何日かに分けて食べる事が出来るので非常に便利です。

関連記事はこちら

黒豆ダイエットの効果とは?

黒豆は漢方でも生薬として使われるくらい栄養価が高いため多くの効果が期待できます。

ここでは、黒豆ダイエットの4つの効果をご紹介いたします。

  1. 脂肪の蓄積防止効果
  2. 動脈硬化
  3. 便秘解消効果
  4. 美肌効果

黒豆

① 脂肪の蓄積防止効果

黒豆でもダイエットの効果としてオススメの成分はポリフェノールの一種であるサポニンです。

サポニンは食べ物が消化される途中で吸収される脂肪を抑えたり、脂肪がたまるのを防ぐ効果があるので、そのまま食べるだけでも痩せる事が可能です。

その他にも、サポニンには抗酸化作用や肝機能改善といった働きもあるので健康効果も抜群です。

サポニンは大豆や大豆製品に多く含まれています。

② 動脈硬化

黒豆の黒色の皮に含まれるアントシアニンには、動脈硬化を防ぎ血液をサラサラにするなど様々な効果が期待できます。

③ 便秘解消効果

黒豆は大豆製品なので食物線維がたくさん含まれています。

そのため、便秘解消に高い効果が期待できます。

関連記事はこちら

④ 美肌効果

黒豆には女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンも含まれているため、女性特有の不調も改善してくれるなど健康効果も期待できます。

そしてイソフラボンは何といってもお肌を綺麗にする効果があり、美肌にはかかせないコラーゲンやヒアルロン酸の生成を助け、お肌に潤いや弾力を取り戻してくれます。

それだけではなく、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす事が出来るので血圧上昇を抑え、脳梗塞、心筋梗塞の予防にもなります。

このように、ダイエット効果、美容効果、健康効果など黒豆を食べるだけで、効果が期待できるので積極的に食べる事をオススメします。

黒豆ダイエットの正しいやり方とは?

黒豆ダイエットをするためのオススメのやり方をご紹介いたします。

  1. 1日に70gの乾燥した黒豆を食べる
  2. 黒豆茶にして飲む

① 1日に70gの乾燥した黒豆を食べる

黒豆

1日に乾燥した黒豆を70グラム食べるという方法です。

乾燥した黒豆を前日にふやかしてから食べるので、食べる前の日には準備しておくと良いでしょう。
その後料理して食べるだけなのでとてもシンプルなやり方です。

食べるのは朝食、昼食、夕食いつでも構わないので工夫して食べるようにします。
もちろん間食にもOKなので、お腹が空いたときにも食べることができます。
一日に好きな時に黒豆を食べるだけなので、他の食事制限はありません。

毎日食べなければいけないので飽きないように工夫してください。

② 黒豆茶にして飲む

黒豆を食べるのが飽きてしまった人は黒豆茶を飲むという方法もあります。

黒豆を自宅で煎じて作ることも可能ですが、黒豆茶として売っているもの使用することがお手軽なのでオススメします。

黒豆ダイエットおすすめレシピとは?

黒豆ダイエットを行うためのオススメのレシピを簡単なものから、凝ったものまで幅広くご紹介いたします。

  1. 黒豆ダイエットおやつ
  2. 黒豆のチーズトースト
  3. 黒豆ひじき
  4. 黒豆茶

① 黒豆ダイエットおやつ

材料

  • 黒豆 : 200g
  • 水 : 少量
  • 小麦粉 : 適量
  • 塩 : 適量
  • 砂糖 : 少量

 

作り方

  1. 柔らかく煮た黒豆をボールに入れて、そこに水や小麦粉と塩、砂糖を入れて混ぜます。
  2. よく混ぜたら、油を薄くひいたフライパンにスプーンで落とし入れて焼きます。
  3. 両面に焼き色がついたら出来上がりです。

 

コメント

料理をしたことがない人でも簡単に作れるレシピから紹介します。
まずは間食にオススメの黒豆ダイエットおやつです。

ポイントは、①の工程で、水はあまり入れすぎないようにすることです。
また、糖分の摂り過ぎを防ぐため、砂糖は入れ過ぎないように注意しましょう。

とても簡単で間食のお菓子にピッタリなので作ってみてください。

② 黒豆のチーズトースト

材料

  • 黒豆 : 50g
  • 食パン : 1枚
  • ピザ用チーズ : 適量
  • 黒蜜 : 適量
  • 黒ゴマ : 適量
  • 黒酢 : 適量

 

作り方

  1. 食パンに蒸し黒豆、ピザ用チーズ、黒蜜、黒ごま、黒酢を乗せてトースターで焼きます。
  2. 焼きあがったら完成です。

 

コメント

朝食にオススメの黒豆のチーズトーストを紹介します。

普通に煮た黒豆を食べるのことに飽きてきたと感じたら、このレシピで作ってみてください。

③ 黒豆ひじき

材料

  • 市販の黒豆の甘煮 : 1パック
  • うすあげ : 1枚
  • 芽ひじき : おおさじ1
  • だし汁 : 100cc
  • 醤油 : 小さじ2
  • みりん : 小さじ2
  • 砂糖 : 少々

 

作り方

  1. 芽ひじきは水でもどしておきます。
  2. うすあげは、熱湯をざっとかけて油抜きし、幅を半分に切ってから、千切りにします。
  3. 鍋にもどしたひじきとうすあげを入れて、出し汁、砂糖を入れて火にかけます。
  4. 3分ほど煮たら、醤油とみりんを半量入れて引き続き煮ます。
  5. 最後に黒豆を入れて、残りの醤油とみりんで味の調節をします。煮汁がなくなるまで煮れば完成です。

 

コメント

料理が得意な人は黒豆のひじきをオススメします。

黒豆はメーカーによって、甘さや辛さが異なるので、ひじきとうすあげに分量の半分で味付けしたら、仕上げの味付けは最後で整えてみてください。

このメニューは、ひじきの煮物に黒豆を入れるだけなので、簡単にレシピをアレンジする事が出来ます。
普段から料理をするという人は是非、チャレンジしてみてください。

参照URL:http://cookpad.com/recipe/1840957

③ 黒豆茶

材料

  • 黒豆 : 500g

 

作り方

  1. オーブン150度で40分予熱を開始します。
  2. 黒豆を綺麗に洗います。
  3. クッキングシートを敷いた天板に黒豆を広げます。この時なるべく重ならないようにします。
  4. オーブンで焼いていきます。トータル40分で3回ほどヘラなどでかき混ぜたら準備完了です。
  5. 500mlサイズのボトルに④の黒豆25gとお湯を加え1時間ほど置くと、豆もほどよく煮えた黒豆茶の完成です。

 

コメント

先ほどご紹介した黒豆茶を作る場合のメニューです。自家製にこだわる場合は参考にしてみてください。

黒豆ダイエットの注意事項

黒豆ダイエットを正しく行うための注意事項をご紹介いたします。

  1. 食べる量をきちんと守る
  2. 甘く調理して食べ過ぎないようにすること
  3. 栄養バランスのとれた食事を心がける

注意

① 食べる量をきちんと守る

黒豆は身体に良いと上記で説明しましたが、食べすぎはよくありません。
どれだけ多く食べても70グラムまでにする事が大切です。

それ以上食べ過ぎてしまうとお腹が緩くなり下痢になってしまいます。

また、イソフラボンの摂り過ぎでエストロゲンの過剰摂取と同じなので身体に負担がかかり、健康に支障が出てしまいます。

特に胃腸が弱い人は食べ過ぎると負担がかかるので、自分の体調や胃の状態に合わせて食べる量を調整する事をオススメします。

② 甘く調理して食べ過ぎないようにすること

基本的に煮て調理する事が多いのですが、甘くしてしまうと糖質の摂り過ぎになってしまうので控えめにしましょう。

おせち料理に出てくる黒豆は砂糖を加えてすごく甘くしてあるため、食べやすいのですが砂糖の入れすぎはダイエットに逆効果です。

そのため、できるだけ砂糖は入れないように調理しましょう。
しかし、甘みがなくて食べれないという人は、はちみつや黒蜜などをかけて味を調整するようにしてください。

関連記事はこちら

③ 栄養バランスのとれた食事を心がける

黒豆は食べるだけでダイエット効果があるため、それ以外の食事は栄養バランスのとれた食事をするように心掛けてください。

いくらダイエットに良いからと黒豆ばかり食べ、普段の食事をおろそかにしていると栄養のバランスが悪く身体に支障が出てしまいます。

黒豆だけでダイエットが出来る分、それ以外の食事は栄養をしっかりと摂った食事にする事が大切です。

黒豆ダイエットでさらに効果を出したい場合は?

黒豆ダイエットでさらに効果を出したい場合は食べ合わせを工夫することが大切です。

黒豆との組み合わせって大丈夫なの?と疑問に思うかもしれないですが、調理方法や味付けを工夫することで美味しく食べることができ、栄養もさらに得ることが可能となりますので一度お試しください。

  1. ヨーグルトと一緒に食べる
  2. 野菜と一緒に食べる

野菜

① ヨーグルトと一緒に食べる

まず、オススメする組み合わせがヨーグルトと一緒に食べることです。

ヨーグルトには豊富なカルシウムが含まれ、骨を強くして筋肉の元となるたんぱく質も豊富に含まれているため、黒豆と食べる事で便秘効果がさらにアップします。

関連記事はこちら

② 野菜と一緒に食べる

野菜と同時に食べるのもオススメの方法です。

生野菜は栄養を効率よく摂取する事ができるのですが、生なので身体が冷えやすくなります。

しかし、黒豆は身体を冷やさない食品なので同時に食べる事でむくみにくい身体を作ることが出来ます。
ヨーグルト、野菜と同時食べるのは合わないと思っている人もいると思いますが、工夫して食べると意外と美味しく食べる事が出来るので是非行なってみてください。

関連記事はこちら

黒豆ダイエットの関連商品

  1.  伊藤園 伝承の健康茶 北海道産100%黒豆茶 ティーバッグ 14袋
  2. 北海道産新物2015年度 黒豆 約1kg(970g)
  3. 黒豆黒茶 500ml×24本

① 伊藤園 伝承の健康茶 北海道産100%黒豆茶 ティーバッグ 14袋

¥487+送料

 水出し、お湯だし、急須でおいしく簡単につくれる、北海道産黒豆100%のティーバッグです。

詳しくはこちら

② 北海道産新物2015年度 黒豆 約1kg(970g) メール便

¥940+送料

 2015年新物の黒豆です。メール便なので、ポストインされるため、受け取りは不要です。

詳しくはこちら

③ 黒豆黒茶 500ml×24本

¥2,592(¥108/本)

脂肪分の多い食事と共によく飲まれる黒茶の代表格であるプーアル茶に焙煎した黒豆と烏龍茶をブレンドしました。

詳しくはこちら

まとめ

いかがでしょうか。

年に一度、年始のタイミングで食べるイメージの強い黒豆ですが、豆の一種だから何となく栄養があるんだろうな、といった状態から、これだけ食べればダイエットに効果的な栄養が摂れる、といった状態になったのではないでしょうか。

注意点として、黒豆をひたすら食べるだけでは十分な効果は表れません。
規則正しく、バランスのとれた食生活にし、適度な運動を取り入れることで、はじめて健康的なダイエット効果を得ることができます。

黒豆は1年を通じて手に入れることができるので、早速今日のご飯の一品として取り入れてみましょう。

関連記事