ダイエット

オクラダイエットとは?その効果、正しいやり方やレシピのご紹介

2016.11.10
punnamjai / Pixabay

夏の時期に夏バテ防止のために良く食べられるのがオクラです。
オクラの持つネバネバ感が女性に人気でダイエットにもよく用いられています。

今回はそんなオクラで期待できるダイエットの効果、やり方、注意事項をご紹介いたします。

オクラとは?

はじめに、オクラとはどういうものなのか、ということからご説明いたします。
オクラの原産地は諸説ありますが、一説によると、アフリカ北東部や西部が原産で、古くからエジプトなどで食べられてきたとされています。

日本においては明治時代に入ってきており、今では沖縄や鹿児島、高知といった温かい地域で栽培されています。

  1. オクラの種類
  2. オクラの旬
  3. オクラの保存方法

① オクラの種類

オクラは、通常栽培される長さが10cmほどの物で星型をしているものが主流です。

他には、沖縄や八丈島で栽培される「島オクラ」は長さが20cm以上にもなり、断面は通常のオクラと比べてあまり角ばっていません。

② オクラの旬

オクラは、ハウス栽培や温暖な地域からの輸入もあって、一年中食べることが可能です。

元々南国の野菜なので、国内で作られたものが食べることができるのは6月~8月の夏季が旬といえます。

③ オクラの選び方

美味しいオクラの選び方は、濃い緑色で、うぶ毛が均一にびっしりと周りを覆っているものが新鮮です。
大きいものを選ぶと固くなってしまうため、なるべく小ぶりなものを選ぶと良いでしょう。

④ オクラの保存方法

オクラは以下の方法で保存するようにしてみてください。

  • ネットの袋ごとビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ入れましょう。
  • もしくは、温かい地域で育った野菜のため、新聞紙にくるんで、冷暗所で保管でも問題ありません。
  • 少量の使用などでカットしたものは、傷みやすくなるので、タッパーやジップロックで保存し、数日以内で食べきるようにしましょう。

オクラダイエットとは?

オクラ ダイエット

今回ご紹介するのはオクラダイエットです。

オクラには独特のネバネバ成分があります。
あのネバネバが実は健康に非常に良い成分を多く含んでいます。

そんなオクラを食事に取り入れるダイエット方法をオクラダイエットといいます。

オクラダイエットの効果とは?

オクラダイエットをすることでどのような効果が期待できるのでしょうか。

ここでは、3つの効果についてご紹介いたします。

  1. デトックス効果
  2. 満腹感の持続効果
  3. 美容効果

① デトックス効果

オクラにはデトックス効果があります。

オクラのネバネバ成分は食物繊維のペクチンと複合たんぱく質のムチンと呼ばれる成分です。
これらは腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にしたり、腸内環境を整えて宿便を排泄するといった便秘解消効果もあります。

また、オクラには体内に貯留した余分な水分を排泄するカリウムも豊富に含まれているため、むくみを解消することも期待できます。
このようなデトックス効果がダイエットの効率を高めてくれます。

関連記事はこちら

② 満腹感の持続効果

オクラを食べることで満腹感が長続きするようになります。

オクラに含まれる食物繊維は、炭水化物の吸収を緩やかにし、血糖値を一定に保つという働きがあります。
血糖値が急激に上昇し、そして下がったりすると、強い空腹感に襲われます。

それを予防する効果がオクラにはあります。

しかし、オクラにはネバネバした食感があり、とろろや卵をかきこむような食べ方をオクラでもしてしまうと、ほとんど噛むことなく飲み込むことになるため、細かく刻みすぎず、なるべくよく噛んで食べるようにしましょう。

関連記事はこちら

③ 美容効果

オクラを食べることで、美容効果も期待できます。

オクラには、レタスの3倍以上とも言われるβ-カロテンが含まれています。
このβ-カロテンは、抗酸化作用を持っており、肌のシミの予防やアンチエイジングに効果を発揮します。

そのため、オクラを食べることで、美容効果も期待できます。

オクラダイエットの正しいやり方とは?

オクラダイエットではどのような方法が良いのかをご紹介いたします。

  1. 食事にオクラを取り入れる
  2. 生で食べても茹でても炒めてもOK

オクラ ダイエット

① 食事にオクラを取り入れる

オクラダイエットの正しいやり方は、オクラを食事に取り入れることです。

DHCプロテインダイエットやバナナダイエットのように、食事と置き換えたりするのではなく、食事に加えるのです。
オクラは副菜としても、また主菜に加える野菜としても非常に使いやすい食材です。

手軽に美味しくダイエットすることが期待できます。

関連記事はこちら

② 生で食べても茹でても炒めてもOK

オクラの調理法に特に指定はありません。
そのまま生で食べても茹でたり炒めたりしても美味しくいただけます。

調理方法を選ばないというのもオクラの特徴の1つです。

オクラダイエットおすすめレシピとは?

  1. オクラのおひたし
  2. オクラの梅肉サラダ
  3. オクラの鶏肉巻き

① オクラのおひたし

材料

  • オクラ : 4本
  • めんつゆ : 適量
  • かつお節 : 適量

 

作り方

  1. オクラを食べやすい大きさに切り、レンジで1分チンします。
  2. オクラをめんつゆにつけておきます。
  3. 食べる直前にかつお節をかけて完成です。

 

コメント

手軽にぱぱっと作ることのできるオクラのレシピです。
おかずにもう1品という時にも非常に便利です。

② オクラの梅肉サラダ

材料

  • オクラ : 3本
  • カニマカ : 3本
  • めんつゆ : 大さじ1杯
  • 水 : 大さじ1杯
  • 梅干し : 4個

 

作り方

  1. オクラ、カニカマを食べやすい大きさに切り、レンジで1分チンします。
  2. ①を冷蔵庫で冷やしておきます。
  3. 梅干しを包丁で細かくなるまで叩いておき、2にめんつゆと一緒に加えると完成です。

 

コメント

さっぱりと食べることのできるオクラの梅肉サラダです。
カニカマがサラダ全体に旨味を与えてくれます。

こちらのレシピもダイエット中の1品料理として大活躍します。

関連記事はこちら

③ オクラの鶏肉巻き

材料

  • オクラ : 4本
  • にんじん : 1/2本
  • 鶏胸肉 : 1枚
  • 青じそ : 2枚
  • スライスチーズ : 2枚

 

作り方

  1. オクラとにんじんを食べやすい大きさに切り、レンジでチンして加熱します。
  2. 鶏胸肉を縦半分にカットし、塩コショウで下味を付けます。
  3. 鶏肉巻を下に置き、青じそ、チーズ、オクラ、にんじんの順に乗せていきます。
  4. ③を手前から強く巻いていきます。
  5. フライパンに油を熱し、焼いていくと完成です。

 

コメント

たんぱく質たっぷりでヘルシーな鶏胸肉を使用したレシピです。

ダイエット中はたんぱく質の摂取量が少なくなりがちですので、それを補ってくれます。
また、チーズを使用していますので、ビタミンB2を摂取することができ、脂質代謝を改善する効果も期待できます。

関連記事はこちら

オクラダイエットの注意事項

注意

お腹がゆるくなる可能性があるので注意

オクラダイエットをすることで、人によってはお腹が緩くなることがあるようです。
理由はオクラに含まれる食物繊維によるためです。

デトックス効果をもたらしてくれる食物繊維がオクラには100gあたり5gと豊富に入っています。

食物繊維の1日必要量は男性で20g、女性で18gが目安とされており、食物繊維が豊富に含まれているオクラを多く食べてしまうと人によっては下痢をもよおすことがあるようです。

そのため、自分にあったオクラの摂取量を調整するようにしてください。

オクラダイエットでさらに効果を出したい場合は?

  1. ゆっくりと噛んで食べる
  2. 運動を効率的に組み込む

① ゆっくりと噛んで食べる

オクラダイエットでさらに効果を出したい場合は、ゆっくりとよく噛んで食べるようにしましょう。

オクラダイエットを行うことで期待できるダイエット効果として、満腹感を長続きさせる効果をご紹介しました。

この効果は、血糖値を安定させることによって得ることができますが、この効果を更に増強するためには、ゆっくりとよく噛んで食べることが有効です。

ゆっくりと浴感で食べることで、より多くの満腹感が得られ、血糖値が安定するようになります。

さらに効果を出したい方はお試し下さい。

② 運動を効率的組み込む

より短期間でダイエット効果を期待するのであれば、定期的な運動を取り入れましょう。

オクラダイエットは食事によるダイエット方法ですので、運動をして脂肪を燃焼することでさらなるダイエット効果が期待できるためです。

関連記事はこちら

オクラダイエットの関連商品

ニチレイ そのまま使えるきざみオクラ 冷凍 500g

¥650+送料

毎回オクラを買って調理をすることが面倒な方に。和えもの、おひたしの他、みそ汁の具、かき揚げの材料、炒め物などに幅広くご利用できます。

詳しくはこちら

まとめ

いかがでしょうか。

ネバネバとした口当たりが特徴のオクラを用いたダイエット方法は、普段の食事に加えることで、オクラの持つ栄養をふんだんに取り入れるものです。

オクラは1年を通じて手に入れることができるので、早速今日のご飯の一品として取り入れてみましょう。

関連記事