健康

冬の季節には要注意。若者に多い肺炎、マイコプラズマ肺炎とは

2016.01.08
風邪

肺炎とは

に炎症が起きる病気のことをまとめて肺炎といいます。

肺炎は、主に細菌やウイルスなどの病原微生物により肺が侵される病気です。

肺炎には、感染源を吸い込んで発病する細菌性肺炎
ウイルス性肺炎真菌性肺炎などの感染性の肺炎と、
薬剤性肺炎アレルギー性肺炎などの非感染性の肺炎があります。

肺炎の大部分は、感染性肺炎で細菌やウイルスが呼吸をするときに鼻や口から身体の中に侵入します。

健康な人は、のどの手前で病原菌を排除するように働きますが、
風邪をひいてのどに炎症が起こっていると、病原菌が素通りして肺に入ってしまい炎症を起こしてしまうのです。

 

マイコプラズマによる感染

マイコプラズマという細菌が肺の奥に入り込み肺炎をおこします。

相手の咳から出るつばで伝染することがあります。

若い20代に多い肺炎で、激しく、しつこい咳が出る一方、
痰が少なめなので診察で判断がしにくいのです。

潜伏期間は2~4週間と言われております。

そして、意外と若者でこの時期冬と春の間で、
インフルエンザ、ノロウイルスの次ぐらいに感染しやすい病気の1つです。

インフルエンザの記事はこちら:【インフルエンザ】インフルエンザかも!?となる前に知ってほしい基礎知識と3つの療養法とは?

年齢を重ねると、肺炎球菌(※)の方が注意した方がいい肺炎になります。

(※)肺炎球菌は、肺炎・髄膜炎・中耳炎・副鼻腔炎・敗血症などの病気の原因になる細菌です。

まとめ

なんかおかしい、いつもよりも咳が止まらないときは積極的に受診しましょう。

細菌検査で陽性が出れば、適切な抗菌薬でかなり良くなります。

感染症は、代替療法もありますが個人的に細菌の種類が特定できれば、
薬で細菌の増殖を抑え、自分の免疫力を取り戻して戦えるようにするほうが回復が早いように思います。

関連記事