健康

【骨格×姿勢】骨格の歪み~あなたの生活習慣は大丈夫?~

2015.12.07
310455

先日より、猫背に関する記事体の柔らかさに関する記事を掲載させて頂いておりますが、本日も姿勢骨格に関するお話をしたいと思います。

ちなみに私事ですが、先日肩凝りがひどく接骨院に行ったところ、骨格が歪み過ぎてガタガタですと言われてしまいました。。。もちろん骨格の歪みが肩凝りの主原因であることは言うまでもありません。

あなたの姿勢は良いですか?

  • 姿勢が正しいだけで、人は若く美しく見えます。
  • 姿勢を正すだけで疲れにくくなります。
  • 姿勢が正しいと太りにくくなります。

そしてそんな姿勢を矯正するには毎日の心がけが大切になってくるのです。

骨格の歪みは日々の生活が原因

歩き方・座り方・立ち方・寝方、人は日々の生活の中で様々な姿勢をとっていますが、おそらくほぼ気にすることはないでしょう。しかし、骨格の歪みはそんな日々の生活の蓄積そのものなのです。

もちろん、悪い姿勢をとっても1日で体が歪むことはございませんが、毎日繰り返すことで徐々に骨格が歪んでいくのです。あなたの生活はどれほど骨格の歪みを生じさせているでしょうか。

骨格の歪みに繋がる主な生活習慣

  1. カバンなどの荷物を常の片方の手で持つ

    こちらに当てはまる方は非常に多いのではないでしょうか。サラリーマンの方に特に多くみられる習慣となります。
    常に同じ手で荷物を持つと肩の周りの骨格がねじれ、結果的にどちらかの肩が上がり、どちらかの方が下がるといった症状が発生します。
    更に肩周りのねじれによって、首の位置や頭の向きなどにも影響が出てきます。証明写真などで、左右の肩の高さが違う方は要注意です。

  2. 筋肉量の低下

    これは猫背に関する記事でも述べた事ですが、筋肉量が低下すると人間の正しい姿勢、つまりはそれを支える骨格の正しい位置をキープする事が難しくなります。
    背中以外でも同様で、骨格を支えているのは筋肉です。特に腹筋をはじめとしたお腹周りの筋肉は全身の骨格を正しい位置でキープするうえで非常に重要となってきます。

  3. ほおづえをつく

    寝ながらほおづえをつき長時間テレビを見る、そんな癖をお持ちの方は多いのではないでしょうか。非常にリラックスができるのは私も同感するところではありますが、骨格には非常に悪影響を及ぼしております。

  4. 座り方

    猫背や片方の足を組む癖がある方は要注意です。骨格は人間の体全体で繋がっており、どこかで生じた歪みというのは全身に影響を及ぼします。足の骨格の歪みが原因で肩凝りを引き起こすこともあります。

出産

また、生活習慣ではございませんが、女性の方で骨格の歪みをもたらす可能性が高いのが出産です。

出産をした直後は骨盤が開いた状態になります。その時の骨盤周りの骨格は自由度が高く、良くも悪くも変化が起きやすい状態となっております。意識をして姿勢を正すようにしましょう。

 

関連記事