ダイエット

ランニングマシン、トレッドミルとは?メリットやデメリット、機能や使い方をご紹介|おすすめ商品も

2017.02.15

ジムに行くと必ずと言っていいほどお世話になるのがトレッドミルです。

少しのボタン操作ですぐにランニングやウォーキングができるので、手軽に運動が可能です。

そんなトレッドミルを正しい方法で使用したり、より有用な使用方法を実践できている方は少ないのではないでしょうか。

そこで今回はトレッドミルを使用するメリットやデメリット、おすすめの機能、使用方法をご紹介いたします。

トレッドミルとは?

トレッドミルとは屋内でランニングやウォーキングを行なうための健康器具で、ルームランナー、ランニングマシーン、ジョギングマシーンとも呼ばれています。

ジムなどによく置いてある器具で、屋内で有酸素運動を行う事を目的としているためトレーニングやダイエットのために用いられています。

そして、ベルトコンベア状の踏み台をモーターの力で動かし速度を調整するという機能をもっています。

最近は家庭用に使うために小型で軽量なものが増えています。

業務用だと100万~250万ほどの値段ですが、家庭用は5~20万円と購入しやすい値段で販売されているため、比較的手軽に利用できると人気です。

ジムなどにいった事がある人は見たことがあると思いますが、今回はトレッドミルを知らない人にも分かりやすくご紹介いたします。

関連記事はこちら

トレッドミル使用のメリットとは?

  1. 天候に左右されずいつでも使用可能
  2. 一定のペースを保つことが容易
  3. 着地時の足へのダメージが少ない

トレッドミル

①  天候に左右されずいつでも使用可能

トレッドミルを使用することの一番のメリットは、屋内で利用する事が出来るため、天候に左右されないということです。

屋内で出来るため、夏でも冬でも快適な温度でトレーニングやダイエットをする事が出来ます。

② 一定のペースを保つことが容易

ずっと同じ速度で走り続けることが出来るため、ペースを一定の速度に保つ事が出来ます。

屋外だと風の有無や坂などでペースを乱されてしまいますが、屋内なのでそういった妨害が一切ないので心拍数の変化を抑えることが出来ます。

走ることに慣れていない人はトレッドミルを利用する事で一定の速度で走るなど自分のペースを掴む事が出来るのでランニングなどがしやすくなるでしょう。

③ 着地時の足へのダメージが少ない

外で走るとアスファルトの上を走らなければいけないので着地したときに足を痛めやすいのですが、トレッドミルの方がアスファルトに比べて衝撃が少ないため、足へのダメージが少なくなり故障のリスクを減らす事が出来ます。

トレッドミル使用のデメリットとは?

良いこと尽くしなイメージのトレッドミルですが、デメリットもありますので以下でご紹介いたします。

  1. 屋外で走る感覚が鈍る
  2. 同じ光景なので飽きやすい

トレッドミル

① 屋外で走る感覚が鈍る

トレッドミルは機械の上で走るだけですし、足を置いたら自動的に動くので外で走るのとでは感覚が違います。

そのため、マラソンなど外で走るための練習をする場合はトレッドミルだけで練習すると上手く行かない可能性があるので、実際に外でも走るようにすると良いでしょう。

② 同じ光景なので飽きやすい

室内でただひたすら行なうので飽きやすいというデメリットがあります。

例えば外なら景色を見ながら走れるのでただ走るだけではないのですが、部屋でただ黙々と走るというのは本当に退屈なので長時間利用しているとすぐに飽きてしまいます。

もし、室内で行なうときは可能ならテレビを見ながら行なう事で退屈なのを防ぐことが出来るので工夫が必要です。

トレッドミルの機能、おすすめの使用方法とは?

  1. 心拍数計測機能を使用する
  2. 傾斜機能を使用して負荷を高める

トレッドミル

① 心拍数計測機能を使用する

トレッドミルは心拍数を測る機能がついているため、心拍数の管理を自分で行う事が出来ます。

データ入力さえすれば走りながら常にモニターで心拍数をチェックする事が可能です。
そのため、自分にはどれくらいのスピードで走るのが良いかというのが走りながら知ることが可能です

② 傾斜機能を使用して負荷を高める

多くのトレッドミルには傾斜をつける機能が備わっているので積極的に活用すると良いでしょう。

傾斜をつける事で太ももの裏側のハムストリングスやお尻の大臀筋(だいでんきん)、またふくらはぎを効率よく鍛えることが出来るため、ただ走るだけでは物足りないという人は傾斜をつけると良いでしょう。

③ 速度変更機能を有効に使用する

トレッドミルは、速度も変えることが出来るので自分の行いたいトレーニングにあわせて、歩くのか走るのか自分で調整すると良いでしょう。

ジョギングやウォーキングについては以下をご確認ください。

おすすめのトレッドミルとは?

イグニオ(IGNIO) 電動 ランニングマシン トレッドミル R-16S

¥ 59,526

詳しくはこちら

このトレッドミルはとても高性能で走行速度は最大16kmに対応しています。
それ以外にも足首やひざなどにかかる負担を軽減する衝撃吸収機能を搭載しているので今まであまり運動をしていない人にもおすすめです。

そして、心拍数の表示を可能にするパルスセンサーを搭載しているため通常のランニングよりもさらに効率よく運動をする事が可能です。また、便利機能として、収納しやすい折りたたみ式、移動しやすいキャスター付き、ドリンク用カップホルダ付き、3段階傾斜角調整機能がついているので家庭用でも比較的便利に使うことが出来るでしょう。

ALINCO(アルインコ) トレッドミル1014 – AFW1014

¥ 56,800

詳しくはこちら

このトレッドミルは速度が12kmの本格的なランニングマシーンです。

傾斜は3段階で調節可能で6種類のプログラムがあらかじめ内蔵されているので自分の目的や目標に合わせて設定する事が可能です。初めて運動するためどうしたら良いか分からないという人におすすめのトレッドミルです。

トレッドミルの注意事項

  1. 自宅で使用する場合は振動対策を施す
  2. 自宅使用タイプの上限速度に注意
  3. いきなり無理をして運動しないようにする

注意

① 自宅で使用する場合は振動対策を施す

家庭で利用する場合でマンション、集合住宅で使用する際は振動対策をする必要があります。

解消方法として、フロアマットを敷いて行なう、夜遅い時間は利用しないなど対策をする必要があります。

② 自宅使用タイプの上限速度に注意

また、ジムで使用できるものと違い、上記でご紹介した家庭用のトレッドミルの場合は速度制限があるため、短距離走の練習には向かないのであくまで体力をつける、ダイエット目的に使用すると良いでしょう。

③ いきなり無理をして運動しないようにする

普段あまり運動しない人が急に速い速度や急な傾斜をつけると体を痛めてしまう可能性があるので最初から無理をしないようにしてください。

トレッドミルでダイエット効果をさらに効果を出したい場合

  1. 傾斜角度をつけて負荷を上げる
  2. 腕振りの動作も意識して走る
  3. 速度はいつもより少し早めに設定する
  4. 飽きないように工夫をする

① 傾斜角度をつけて負荷を上げる

先ほどもご紹介の通り、トレッドミルは屋内で手軽に運動が出来るので忙しい人におすすめなのですが、自動的に地面が動くため、外で走ったり歩いたりするよりかは効果が出にくいというデメリットがあります。

ですので、傾斜角度をつける事でより運動効果を上げるようにしましょう。

② 腕振りの動作も意識して走る

ただ歩いたり走ったりするよりも腕をしっかり振ることで全身運動になり、効率よく運動をする事が可能です。

おすすめなのは、「肘を後ろに引く」ことを意識する、ただこれだけです。
肘をしっかり後ろに引くことで肩甲骨も滑らかに動き、脚が前に出やすくなるため、よりダイナミックな動きで運動をすることが可能になります。

動きがダイナミックになることで筋肉の使用率が向上し、脂肪の燃焼効率も上がるため、ダイエット効果の上昇が見込めます。

あれもこれもと意識すると正しい運動ができないことが多いため、意識するポイントは一つに絞って運動してみましょう。

③ 速度はいつもより少し早めに設定する

家庭用のトレッドミルだと傾斜がそこまで付けられない可能性があるのでそういう場合は外で歩いたり走ったりする速度よりも少し速めに設定すると高い効果を得る事が出来ます。

④ 飽きないように工夫をする

トレッドミルは飽きやすいという最大のデメリットがあります。

しかし、ダイエット効果をたくさん出すためには長い間続ける必要があり、すぐに飽きてしまっては効果がありません。そのため、音楽を聴きながら行なったり、テレビがある部屋で行なうなど飽きない工夫をする事が非常に重要です。

ダイエットにおすすめのプロテインのご紹介

ダイエット目的でも、筋肉をつけ体脂肪が燃えやすい身体を作るために、プロテインにてタンパク質を摂取する必要があります。

また、その際にカロリーや他の栄養素も満遍なく摂取できるプロテインを選ぶことがポイントです。

こちらでご紹介する、プロテインはダイエットがより効果的になることを目指しています。

特におすすめするのは①のIMPACT ダイエット・ホエイプロテインです。
ダイエットをしたい方であればだれにでもおすすめです。

注釈①:タンパク質含有量は、それぞれのプロテインが推奨する1食あたりの量に対して何%のタンパク質が含まれているかを含有率と含有量でそれぞれ記載しています。

注釈②:100gあたりの単価は記事の公開時(2017年10月28日)の価格になります。(小数点以下四捨五入)

注釈③:基本的には付属のスプーンで1スクープ(1杯)30gです。プロテイン毎に1食で推奨されている量が異なりますので気を付けましょう。

プロテイン毎に成分や使用目的、使用のタイミングも微妙に異なってきますので、ここでそれぞれの特徴を理解しましょう。

① IMPACT ダイエット・ホエイプロテイン

IMPACT ダイエット・ホエイプロテイン

¥ 4,550(1450g)

詳しくはこちら

  • タンパク質含有量:60%(35g)
  • 1食(58g)あたりの単価:約182円

Impact ダイエット・ホエイプロテインとは

低GI(グリセミック指数値)で作られた低炭水化物と濃縮乳清タンパク、乳タンパクによってブレンドされているプロテインです。

またタンパク質以外にも、緑茶エキスやL-グルタミン、アセチル-L-カルニチン、必須脂肪酸といった成分も含まれているため、トレーニング向けとは異なる栄養分が入っているプロテインでもあります。

この製品のメリットとは

筋肉をつけるためにタンパク質は欠かせない栄養素です。

Impact ダイエット・ホエイプロテインは、私たちの生命活動には欠かせないタンパク質はもちろんのこと、アセチル-L-カルニチンと緑茶エキスが配合されています。

含有しているインスタントオーツは、正常な血糖値レベルを維持しエネルギーを持続放出する低GI炭水化物であり、健康の源となります。

オーツ中のβ-グルカン(ベータグルカン)という成分は正常な血中コレステロール値を維持し、食後の急激な血糖値上昇を緩和するのに役立ちます。

誰に効果的か

不必要な炭水化物や脂質、カロリーを抑えたい、そして毎日のタンパク質摂取を目標にしている全ての方にお求めいただけます。

また体重を減らしたい、体の脂肪を取り除きたい、しかし筋力は増やしたいという方全てにおすすめです。 毎日のタンパク質摂取向上のため、終日ご利用いただけます。

ご利用方法

十分な食事をとる余裕が無い時、簡単な食事の際の栄養の補助として使用ください。

飲むときは水やミルクと共に、またはお好きなスムージーやヨーグルトに混ぜるなどアレンジも可能です。

② マイダイエット™

マイダイエット™

¥ 5,710(1000g)

詳しくはこちら

  • タンパク質含有量:80%(27g)
  • 1食(35g)あたりの単価:約197円

マイダイエットとは

高品質なMYRangeシリーズの一つで、優れたプロテインブレンド – ミセル XL™, D-セル™ (ミセラーホエイ) と天然ホエイアイソレートと目標達成のための人気成分を配合しています。

味のバリエーションは、チョコレートブラウニーやストロベリーミルクシェイク、バニラクリーム、塩キャラメル、バナナクリームフレーバーが選択可能です。

マイダイエットを利用するメリットとは

タンパク質は筋肉の成長と維持に必須の栄養分で マイダイエットには1食当たり27gものタンパク質を含有しています。

他にも、重酒石酸コリン、カロリー制限ダイエットに有用なグルコマンナンも配合しています。

含有されている栄養分

  • パントテン酸:エネルギー生成プロセスや精神機能、疲労軽減の効果
  • シナモン抽出物 30:1 : シナモンコンセントレート(30:1の比率で配合)、6gのシナモンに相当
  • CLA パウダー:ベニバナ油から抽出
  • 抹茶抽出物:ポリフェノール

誰に効果的か

プレミアムなダイエットプロテインシェイクをお求めの方から、緩やかな減量、健康的な生活の維持を考えているかた全てにオススメです。

グルコマンナンはカロリー制限による減量に用いられます。

その効果は、グラス1杯の水と一回1gの服用量食前に摂取し、合わせて一日3gの摂取が有効です。

注意①:この商品は嚥下(えんげ)に障害のある方や液体摂取量に問題のある方はご利用は推奨できません。

注意②:商品が確実に胃に到達するように、いつもより多めの水などとご一緒にご利用ください。

ダイエットにおすすめしたいサプリのご紹介

頑張らない!サラシア配合のメタバリアS★お試し500円+税★

メタバリア

500円(送料無料)

詳しくはこちら

安心の富士フィルムさんのダイエットサプリです!

メタバリアSは【糖質を気にすること無く食事を楽しみたい!】そんな人にはもってこいのサプリで、糖の吸収を抑え、お腹のビフィズス菌を増やし、腸内環境を整え、健康的な糖質オフ習慣をサポートしてくれます

おためしセットで500円で14日間分の商品をご購入いただけますので、是非お試しください。

まとめ

いかがでしょうか。

トレッドミルは天候に左右されることなく、自分のペースで運動をするといったメリットがある一方で、同じ光景で飽きやすかったり、運動の負荷が上げにくいといったデメリットがあります。

そのため、長所と短所を理解した上で、自分のやりやすい方法を見つけて効率よくダイエットをしてみましょう。

例えば、悪い天気が続いている、寒くて外で走るのはちょっと、といった時は室内でトレッドミルを。
天気が良く、暖かい気候の日は外に出て、街や自然の豊富な場所でジョギングをしてリフレッシュする、といった具合に状況に応じて使い分けることができればベストです。

関連記事はこちら

関連記事