ダイエット

DNSプロテインの6つの種類を徹底比較!効果、特徴をご紹介!

2017.03.25
DNS

プロテインを購入したことがある人やスポーツやトレーニングを本格的に行っている人は1度はみたことがあるであろうDNSのプロテイン。

今回はそんなDNSのプロテインの種類や特徴を詳しくご紹介します。

今回の記事を参考に、どんな目的で何を飲めばいいのかしっかりと理解しましょう。

DNSとは?

DNSはDome Nutrition Systemの略で、アスリートがアスリートのために開発したスポーツサプリメントの一種です。

世の中に存在するサプリメントの多くが、必要以上に高単価で飲みにくいと言った現状を打破するために、【高品質で適切な価格、かつ飲みやすい】を実現したサプリメントがDNSのサプリメントになります。

ホエイプロテイン スーパープレミアム

DNSには様々なサプリメントがありますが、そのなかでも有名なものがプロテイン。
DNSのプロテインは、トップアスリートにも人気が高い本格的なプロテインのトップブランドです。

DNSが作っているプロテインの特徴は筋力アップに特化しているので本格的に筋トレをして筋肉を付けたい人におすすめです。

また、DNSはアスリートがアスリートのために開発した真のスポーツサプリメントがコンセプトのプロテインブランドなので信頼性が高いのも魅力です。

購入方法はAmazon、楽天などのネット通販は公式オンラインストアでも購入する事が出来るので自分の好きな方法で購入する事をおすすめします。

では、DNSのプロテインを知らない人に詳しく説明したいと思います。

DNSプロテイン6種類の効果や特徴とは?

DNSのプロテインは6種類あります。それぞれの効果や特徴をここではご紹介します。

  1. ホエイプロテイン スーパープレミアム最高級のプロテイン / 体づくり全般に最適なプロテイン
  2. ホエイプロテイン ジープラス体を大きくする為のプロテイン
  3. プロテイン ホエイ100本格的に鍛えたい、初心者向けのプロテイン
  4. ホエイプロテイン ストイック脂肪をつけず、筋肉のみつけるプロテイン
  5. ホエイプロテイン スロー就寝前に飲むプロテイン
  6. DNS Woman ホエイフィットプロテイン女性向けプロテイン

ホエイプロテイン スーパープレミアム

¥ 7,560

詳しくはこちら

DNSプロテインで最高級のプロテイン。しっかりとした体づくりを目的とするプロテインです。

このプロテインは価格を見れば分かると思いますが、他のプロテインよりも価格が倍くらいします。

しかし、その分成分はかなり良いものが入っています。
他のプロテインに比べて吸収スピードが圧倒的に早く体に吸収されやすくなっています。

さらに、アナボリックとアンチカタボリックの両方を目指し、グルタミン、アルギニン・シトルリンをブレンドしたものが入っているのでしっかりとした体作りをする事が可能です。

ホエイプロテイン ジープラス

¥ 5,940

詳しくはこちら

身体を大きくするためのプロテインがホエイプロテイン ジープラス。

身体を大きくするのに有効な成分がグルタミン。そのグルタミンを含んでいるのがこのホエイプロテイン ジープラスです。

グルタミンは筋肉内に、遊離アミノ酸として貯蔵されています。
人間はトレーニングを行う時、筋肉を分解してグルタミンを取り出しエネルギーとして活用します。

トレーニング後にグルタミンが減った状態になるのですが、そのタイミングにグルタミンを摂取することで筋肉の分解を抑制することが可能になります。

また、このホエイプロテイン ジープラスで活用されているグルタミンは、アミノ酸が結合したペプチドの状態になっており、体内に早く吸収されます。

トレーニング終了後の30分以内飲むことでより効果的な結果を得ることができるでしょう。

※このサプリメントはグルタミンペプチドがほかのものよりもさらに配合されています。グルタミンは体内で生成されますが、ハードなトレーニングをする人ほど不足しがちな成分です。そういう人のためにグルタミンが入っており、さらに吸収の早いペプチド状のものが3300㎎含まれています。グルタミンペプチドがたくさん含まれていることにより、筋肉をしっかりとつける事が可能です。

プロテイン ホエイ100

¥ 4,860

詳しくはこちら

本格的に筋肉をつけたい、はじめて購入する人のためのプロテインがプロテイン ホエイ100。

この商品は同価格帯のほかの商品に比べて、たんぱく質を最大75%以上含有しており、たんぱく質の含有量が高いのが特徴です。

筋肉をつけるためにはホエイ100をいかにたくさん取るかなのでそれを徹底的に追求し、大量にたんぱく質を摂れるように設計されています。

また、とても飲みやすく、水に溶かしても美味しく飲むことが可能。
味に関しても、バニラ風味、チョコレート風味、カフェオレ風味、ストロベリー風味、バナナ風味抹茶風味があるので自分の好きな味を選んでください。

ホエイプロテイン ストイック

¥ 4,860

詳しくはこちら

筋肉はつけたいが太りたくない人のためのプロテインがホエイプロテイン ストイック。

ホエイプロテイン ストイックはたんぱく質の含有率を97.6%(無水物換算値)と世界最高レベルまで高く、他の成分の含硫率を大幅に下げています。

そのため、脂質や炭水化物が含まれている量もものすごく低く、筋肉のみをつけることを目的としているダイエッターやスポーツ選手にとって最適な商品です。

また、タンパク質が多いのにも関わらず水にも溶けやすく非常に飲みやすいのも特徴です。

ホエイプロテイン スロー

¥ 5,832

詳しくはこちら

寝る前に飲むためのプロテインがホエイプロテイン スロー

ホエイプロテインは吸収が早いのがメリットではあるが、その吸収の早さは就寝中にデメリットになります。

就寝中は栄養補給が出来ないため、プロテインを摂取していたとしても、体内のたんぱく質濃度は低下してしまいます。
その結果、トレーニングで得た筋肉が分解されてしまうのです。

しかし、ホエイプロテイン スローは吸収が速いホエイのみでなく、食物繊維を配合していることにより吸収をあえて遅らせることが可能。遅らせることにより、長時間の睡眠でも継続的に体内にタンパク質が供給されます。

また、就寝前ばかりでなく長時間プロテインを摂取できないときなどにもおすすめの商品です。

⑥ DNS Woman ホエイフィットプロテイン

¥ 4,104

詳しくはこちら

女性向けにアレンジされた高品質成分のプロテインがDNS Woman ホエイフィットプロテイン。

女性にとって嬉しい、ホエイたんぱく15g、鉄分10mg(1日の必要量)、ビタミンC200mg(1日の必要量)を含んでおり、水に溶けやすく美味しい味となっているのが特徴のプロテインです。

基本的にどのプロテインでも本格的なアスリート向けに作られたものですが、自分のトレーニングに合った種類を選ぶと効率よく筋肉が付けれます。

また、毎日飲むものなので自分が好きな味を選ぶ事も非常に重要です。

いつどれくらい飲むのが最適なのか?

プロテインの正しい飲み方は、目的によって異なります。大きく分けて筋肥大と減量の2つのパターンでご紹介します。

※ホエイプロテイン スローに関しては就寝前や長時間プロテインを飲めない時に飲みましょう。

① 筋肥大を目的とした場合の飲み方

一般的に、筋肥大は1日の消費カロリー+500kcalを摂取することが推奨されています。

さらに、筋肥大を効率的に行うには、タンパク質、脂質、炭水化物の3つのバランス(PFCバランス)を4:2:4にすることが望ましいです。

1日の食事によるカロリーとPFCバランスを計算し、不足した分をプロテインで補うように使用してください。

尚、飲むタイミングについては、以下のタイミングがおすすめです。

  • 起床時
  • トレーニング30分前
  • トレーニング後
  • 昼食と夕食の中間
  • 就寝前(ホエイに限る)

PFCバランスの細かな計算方法などについては、PFCバランスの記事を参照してください。

② 減量を目的とした場合の飲み方

こちらは反対に摂取カロリーを抑え、摂取カロリーより消費カロリーが+400kcal程度になるように調整します。

食事ではあまりタンパク質を摂取せず、脂質、炭水化物を取り、プロテインでタンパク質を摂取することでPFCバランスを整えるなどで調整するとやりやすいかもしれません。

また、食事はできるだけ量を減らして小分けにし、回数を増やすことで血糖値の急上昇を抑えると良いでしょう。

飲むタイミングについては、以下のタイミングがおすすめです。

  • 起床時
  • 朝食と昼食の間
  • トレーニング30分前
  • トレーニング後
  • 昼食と夕食の間などがオススメです

ソイプロテイン、カゼインプロテインの場合は就寝前には使用しない方が良いでしょう。

なぜなら、就寝時に満腹、またはエネルギーを大量に摂取すると血液が消化吸収のために胃腸に集中するため、疲れが取れにくい、筋肉の修復が遅いなどがあると言われています。

使用する際はご自身の判断で行ってください。

注意事項

  1. プロテイン自体にダイエット効果はない
  2. 飲みすぎてはいけない
  3. お腹をくださないように注意する
  4. アレルギーのある方は注意する
  5. 脱水状態に注意する

注意

① プロテイン自体にダイエット効果はない

プロテインというのは、基本的に筋肉を生成する上で重要なタンパク質を、食事にプラスして効率的に取り込むために使用するものであり、筋肉をつけたくない方は使用する必要はありません。

というのも、プロテインの使用による筋肥大効果は言うまでもありませんが、多くの方が勘違いするのは、プロテインを飲んでダイエットする、という点にあります。

プロテインは上記の通り、筋肉を生成する目的で使用するものであり、プロテイン自体にダイエット効果はありません。

正しい知識と使用方法を身につけないで使用すると逆効果になるので注意が必要です。

② 飲みすぎてはいけない

DNSのプロテインは安全性が高いものばかりなので安心して飲むことが出来ますが、飲みすぎは注意が必要です。

現代人はたんぱく質が十分に摂取できているため、プロテインの量を間違えてしまうと過剰摂取になってしまい健康を害する可能性があります。

本格的に筋トレをしている人は容量を守って飲めば問題がないのですが、そこまで筋トレや運動をしないのに必要以上に飲むと身体に害をあたえる可能性がありますので、決められた量以上に飲まないようにしてください。

また、プロテインは飲みやすくするために甘くしてあるものがほとんどです。

そのため、飲みすぎると太ってしまい、筋肉よりも脂肪がたくさんついてしまう可能性もあります。

③ お腹をくださないように注意する

プロテインも合う合わないがあるので合わない人には副作用が起こる可能性があります。

副作用でよく言われているのはおなかを壊してしまう事です。

特に牛乳でおなかを壊してしまう人はプロテインでもおなかを壊す可能性があるので注意が必要です。

④ アレルギーのある方は注意する

商品によっては大豆由来、牛乳由来、卵由来のプロテインがあるのでこれらのアレルギーがある人は注意して利用しましょう。

⑤ 脱水状態に注意する

プロテインを飲みながらトレーニングする人は脱水症状に注意が必要です。

何故ならプロテインで補充されたたんぱく質は体内で窒素に変わり排出され、この排出するときに水分が必要になるからです。

トレーニングが終わったらプロテイン以外にもきちんと水分補給をすることで脱水症状を防ぐことが出来るので気をつけてください。

DNSのプロテインの口コミとは?

最初はプロテインを飲んでそこまで筋肉が付かないと思っていたのですが、トレーニングをして飲み続けているうちに簡単に体が一回り大きくなることが出来ました。今まで飲んだどのプロテインよりも品質が良いなと感じました。

筋肉が付く効果はもちろんの事、味もいくつか種類があるので自分の好みの味が選べるし、飲みやすかったので毎日飽きずに飲むことが出来ました。毎日飲むものは品質以外にもいかに美味しく飲めるかが重要だと思います。

このように、品質や味に関する評価がすごく高いという印象を持ちました。

種類もたくさんあるので自分に合ったプロテインを選べるし、味も好きなものを選べるので続けやすいのが人気の秘訣だと思います。

プロテインは他にもたくさんの種類がありますが、DNSはその中でも本格的に筋肉をつけてアスリートのような体になりたい人におすすめです。

DNSプロテインの関連商品のご紹介

DNS ハンディシェイカー

¥ 410

詳しくはこちら

DNSのハンディシェイカーは、プロズシェイカーIIよりも小ぶりな設計で、価格もリーズナブル。
それでも容量は満水で600mlとプロテインを飲むには充分な容量です。また、フタに取っ手が付いでるので、フタをスムーズに開けることが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

プロテインを購入したことがある人やスポーツを本格的にやられている方に知名度が高いDNSのプロテイン。

今回ご紹介した種類の特徴などをしっかりと理解した上で、最適なタイミングと摂取量を心がけて飲むようにしましょう。

関連記事