ダイエット

【ダイエット×音楽】集中力低下で痩せる。音楽ダイエットのすすめ!

2015.12.15
食事とワイン

食べることに集中し過ぎることがよくない

ただ料理を食べていると、どうしてもガツガツと食べてしまうものです。
そして気が付けば、ご飯もお代わりしていたりするわけです。

これでは、頭の中ではダイエットしなければとは分かっていますが、どうしても食事をするのに集中力がわいてしまい、結果、太ることになってしまいます。

食べるということに対する集中力を下げる

食べることの集中力を少しでも低下できれば、どか食いをふせぐことが出来ます。
私のおすすめの方法としては、音楽を流すことです。

それも、美しく、ゆったりとした音楽を流します。そういったスローテンポな音楽ならば、食べるのもゆったりとできます。(人によって感覚は異なる可能性はありますが)

耳が音楽に傾いているために、意識が食べるよりも聴くことに集中します。
美しい曲というものは人を魅了します。
より意識がそちらの方にいき、食べるのを遅くできるわけなんです。

また、品が良く、美しい曲というものは人をリラックスさせる効果もありますね。
ですから、ダイエット時のイライラを解消し、ゆたったりとした気分で食べることができるんです。

どんな音楽がいいのか?

そんな音楽で最適なのが、クラッシックやオペラです。
楽器の美しい音色やオペラ歌手の声はとても素敵です。そんな曲を聴けば、品の良い食べ方もできるものです。

また、箸をナイフとフォークに代えて、切るという行為を行うことで、よりガツガツ食いも防げます。

そのためには、弾力のあるタコやイカをメインとしたヘルシー料理を素敵なお皿の上にのせれば、おのずと気品ある食べ方をしたいと思いますね。

食事に一工夫を

ダイエット中でも、料理の仕方次第によっては、フレンチ料理だって食べれるんです。
ソテーもヘルシーな鶏肉料理で作ったり、大豆をお肉に似せては作ることもできます。

ソースはバターを使わずに、フルーツや野菜をたっぷりと使っては作るのも良い方法です。

真っ白なお皿にレストランのコックのように盛り付ければ、とっても楽しく食べれるフレンチ料理に変身です。

食事もやっぱり人と話しながら食べれば、よりドカ食いも防げます。
恋人や友人を誘い、一緒にテーブルに向かい合って座り、音楽を聴きながらお喋りを楽しみましょう。

雰囲気の良いレストランで食事をするのも良い方法です!

最後にポイント

フランス料理などを楽しむ時には、糖分の多いパンやご飯を食べないようにするのがポイントです。そして、シェフにバター抜きで調理をするように、予約の際に伝えておくといいですね。カロリーの低い調理方法で料理を作るフランス料理店もあるので、利用するのも良いかもしれません。

ダイエット時にも我慢せず、ヘルシー料理を出してくれるお店を利用して、楽しくダイエット生活を送りたいものですね。

関連記事