健康

【健康×お金】あなたの一番の資本は健康な身体です

2015.12.11
255771f58d64aa9d7f3759318a8ad248_s

身体はあなたが持っている一番の資本

あなたが持っているその身体は、あなたにとっての一番の資本です。あなたがお金を稼ごうと思った時、まず「働く」という事が浮かぶと思いますが、なぜあなたが働けるかというと、健康な身体があるから働けるのです。

肉体的に健康であることはもちろん重要ですが、脳が健康であるという事も同時に非常に重要となってきます。投資など、肉体を使わなくてもお金を稼げるのでは?と思うかも知れませんが、適切な判断をするためにはあなたが健康であることが重要なのです。

病気になれば会社を休むことになります。もちろん、サラリーマンであれば1日休んでも給料が減ることはないと思いますが、実情としては、あなたが健康であればその日に稼げたお金を、健康でなかったから稼げなかった、という事になるのです。

保険料を払うのも良いですが、日々の健康料は払っていますか?

何かしらの保険に入っている人は日本人では80%を超えると言われています。

もちろん、何か大きな病気になった時のリスク回避や貯蓄のため、といった意味でたくさん良いところのある保険を否定はしません。

ただ、大きな病気にならない事が一番良い事に間違いはありません。そんなあなたは日々健康でいるためのお金、「健康料」はしっかり払っているでしょうか。

ここで私の言っている「健康料」とは、特に食事・睡眠・運動にかける、健康でいるために使うお金を意味しております。

例えば、ジムに払うお金は健康料として考えられます。ジムに行き、健康な体を得るという事は立派な自己投資であり、将来健康でいるための健康料を支払っていると言えるでしょう。

高齢になってからの医療費は非常に頭を悩ます種となります。保険料を増やそうかな、と思った時、それを健康料に割り当ててみると、結果としてはお金に得をする可能性が十分あるのです。

健康料として、まずはスニーカーを買ってみてはいかがでしょうか。

バランスの良い食事をとる、自分に合った寝具で寝る、適度な運動を取る、といったような事にお金をかけるという意味での健康料ですが、まずはじめに自分にあったスニーカーを買ってみてはいかがでしょうか。

なんと歩く事はタダなのです!!当たり前ですね。が、しかし歩く事をあなどってはいけません。歩く事で得られる運動効果は抜群であり、毎日歩いている人とほとんど歩かない人で比べると、60歳を超えてきたときの運動能力に大きな差が生まれます。1万円のスニーカーを買い、毎日歩く事で、将来かかってくる数十万円、数百万という医療費を削減できるかも知れません。

健康であることは、あなたの時間を創造しているという事

時間を創造している、というのは少し大げさに言い過ぎたかも知れませんが、上で述べたように病気で会社を休む事を考えてみましょう。

休んでいるという事は、残念ながらあなたはその時間を無駄にしているのです。更にいえば、健康であれば一つ一つの判断が早くなったり、移動がスムーズであることによって、時間を生み出す事も可能なのです。

平均寿命と健康寿命の差は年々広がっている

先日、寿命に関する記事を書かせて頂きましたが、平均寿命と健康寿命の差、つまりは人が死ぬ前に「健康上の問題で日常生活に支障が出る期間」という時間は年々長くなっております。

当たり前ですが健康上の問題で日常生活に支障が出てくると、大抵の仕事では他の人と同様に働く事は難しくなってきます。また更に、医療費もかかってきます。

お金も稼げず、医療費はかかる。。。なんていう生活を自ら望む人はいないでしょうか。そのためにも今から健康であるべきなのです。

関連記事